巷に溢れる引き寄せ本。「著者」は実体験の中から感じ取り掴み取り「引き寄せ」た。体験が先。理屈は後。

多くの「読者」は逆。せっかく実体験から「腑に落とす」チャンスが訪れても中々振り切れずに中途半端なところで「傷ついて」諦める。

他人があなたを傷つけるなんてこと、出来っこないのに。

諦める人の共通項。「常識・普通」を真に受け惑わされる。そんなの幻想なのに。でも周りの目は氣になるからイマイチ振り切れない。

捨てられないことが問題ではない。全然捨ててないことにすら氣付いていないのが問題。
捨てたいなあ、と「願って」いることが何よりの証拠。

ホントに捨てると「決めた」なら、「みんなと同じ教の信者」を煙に巻く程度の知恵、いくらでも捻り出せる。
全て捨てるの?って思うから出来ないしそんなの無理。捨てるポイントは個々で違うと思うから見極めが必要。その過程で、考え選び取る力を取り戻す自主練をしていく。

それまでつるんでた人で合わなくなった人は離れていくけど、離れたぶん必ず入ってくる。入れ替わる。ただし一時的に孤独を味わう。もしかしてそれが怖いのかな。だから「みんなと同じ教の信者」ってわたしは表現している。

「常識・普通」怖いのは、知らず知らずにモノを考える力を忘れていくところ。

願いの裏には悩みがある。磁石の両極のように、切っても切れないもの。

引き寄せるってことは、自分は持ってないと思ってるから何処かから貰ってこようとするんだよね。
例えば何か欲しい物がある時、お金出して買うよね。タダで貰おうとする人って品性卑しくなってくるよね。お金を失わない代償とでもいうか。

引き寄せって等価交換なの。必ず対価が必要になる。
それを知らずに無闇やたらに「引き寄せた~い」が危険なの。
無自覚だと、対価になるのは「自分自身」。根源を知らずにスピ系に踏み入りハマり自分を見失うとか、そんな感じかなぁ。

成功法則とかの本とかセミナーとかもさ、ホントにそれで成功するのなら、手を替え品が替わる度に何で延々とみんな買い続けるのかなあ?

誰でも、もともと必要なものは既に持っている。持っていることを忘れてしまっただけ。
モノを考える力を失ったのではなく、忘れてしまっただけ。

だから引き寄せたいだの何だの願う前に考えることは、自分は本当にそれを思い出す覚悟が、意志が、あるのかっていうこと。

「みんなと同じ教」脱退できますか?しないほうが「幸せ」な人だって、居るんだからね。

ただシンプルに。
自分は、どうしたいのか。
それに尽きる、って結論でーす(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-06-28 07:03 | 考えていること | Comments(0)

知らなければ良かったかなあ。
そうしたら「みんなと同じ」で淋しくなくて、共感し一緒に涙して、刹那の一体感を味わうことが叶ったのに。

つい1年ほど前までは、そんなふうに思っていた。
わたしが知っているのと同じジャンルのことを知っている人が周りに誰一人いなかったから。

最初に知ったのは2013年6月。

その時すでに養父は抗がん剤治療を6年近く続けていた。新しいお薬が認可されたんだ。先生から聞いて早速試してみることにしたよ!
そう嬉しそうに語る両親には、「良かったね」としか言えなかった。

2013年10月に養父は亡くなった。
初期の胃ガンで胃を全摘出して以来6年近く抗がん剤治療を続けていた。
亡くなる3日前まで普段と変わらない生活を、最後まで人間らしい「生命」を全うできたのは、今思えば奇跡。

知った者が辿る道筋の常として。
身内や身近に伝えキチガイ扱いされて懲り懲りし、ネットのドツボにハマり、現実を知らない頭でっかちになっていく。

医療を全て否定はしていない。
交通事故や骨折・火傷などの外傷には必要不可欠だし、
胆石持ちの夫は、救急医療のおかげで今まで少なくとも4回命拾いしている。

それでもどこかで「医療なんて」と思い、単に自分だけの正解として選んだ答えを唯一絶対の正義と思い上がり、ロクに調べようともしない周りの人々を内心蔑んでいた。

しかしその後、自身の偏りを思い知らされる体験を次々と重ねた。

この件がキッカケで食生活を見直すようになり、食の安全を伝えるボランティアのような活動を2年間やってみた。
たとえどんなに正論であろうとも、他者をコントロールしようと試みる愚かしさに氣付いた。

夫には一通り伝えたが、
「酒とタバコが無いと俺は死んじまう」
「俺は昔から腹一杯じゃなきゃ寝れないんだ」
「男なんて若いうちカッコ良きゃいい」
(=服のサイズ5Lの夫、ダイエット拒否宣言)

この3点は遂に譲らず。

その代わりわたしのこともコントロールしてこないのが夫のいいところ。

食に関して、上記の点以外はほぼ全てわたしの好きにさせてくれる。それだけで充分結構。
相手に氣付かれず「身体にいいこと」が出来るように、自分が賢くなればいいだけのこと。

西洋医学の観点からみれば健康リスク特大レベルの夫。
しかしその方面においての ”常識” を捨てた今となっては、いつ病気になるかという不安からも解放された。
病気に対する概念が変わったから。

人間いつ死ぬかわからないくらい、それまでの色んな経験で多くの人がわかっている。わたしもそう。その体験をどのように解釈するかは人によって違うけれども。

「ああ良かった!今朝も息してるぅ♡」
毎朝目覚めるたびにわたしは奇跡を体験できる。
夜は「フツーに」生きて帰って来てくれるだけで有り難い。
それは、知ったから。そして常識を捨てたから。非常識を選んだから。

最近になって「同志」と繋がる機会も増え、以前より孤独を感じることが格段に減った。

「知って良かった」と思えるようになって、良かったなあ。
そう思う。
by yuusfuru | 2017-06-25 00:24 | 考えていること | Comments(0)

上田勝彦氏の書籍
『目からウロコの魚料理』

e0364817_21140637.jpg


元漁師、元官僚、現在は会社を立ち上げ、一貫して魚食復興の活動をされているかた。

わたしが生活クラブ生協の委員活動(食の安全を伝えるボランティアみたいなもの)をしていた2014年、生活クラブ主催の上田氏の講演会を聴きに行きました。

委員になる前はスーパーの鮮魚売場で働いており、さばき方を覚えて魚料理が大好きになっていたわたし。

講演会を機に、ご本人にFacebook経由で交渉し、自分の活動する拠点でイベントを開催しました。

その時の動画がこちら
前半
https://www.youtube.com/watch?v=CSySXKMtBtM
後半
https://www.youtube.com/watch?v=diS9WnUmKr4

そのご縁で、のちに上田氏に監修いただき、書籍『ウエカツの目からウロコの魚料理』のダイジェスト版を作成し、今も元拠点の店舗に掲示されているものです。

魚料理はマンネリになりがちだったり、扱い方がわからなかったりしがちですが、コレはレシピではなく【仕組み】で解説されているため、シンプルで応用自在!

Facebookでは何度か上げていますが、ブログにも残しておきます。

一度仕組みを覚えれば一生モノ❗️
簡単で超旨いので、ぜひお試しあれ✨

e0364817_21140799.jpg

e0364817_21140847.jpg

e0364817_21140849.jpg

e0364817_21140984.jpg

e0364817_21141093.jpg

e0364817_21141184.jpg

e0364817_21141115.jpg


by yuusfuru | 2017-06-22 20:50 | | Comments(0)

嫌ならスルーすればいいのにね〜。
でもどうしても接触せざるを得ない時に、どんなに取り繕っても「蓋」の閉じ具合がこちらに露見してしまうんだな。「いいコちゃん」になればなるほど。

例えば「閉じ具合」が割と深刻な場合など、個人メッセージすればいい件に関してもわざわざSNS全公開の場で絡んできたりとか。
偽りの自分を演じ自身を苦しめてまでわたしを「わからせたくて」しょうがないのね〜。

コメントの論旨も、その後の謝罪のポイントも、著しくピントがズレている。
「おそれ」は、かくも人を盲目にするものか。
わたしが「自称 ナイーブ・こわがりちゃん」を信用しない理由はコレ。

依存は危険❗️と事あるごとに発信しているわたしですが、では依存されることがそんなに嫌なのか❓と、先日改めて考え直す機会がありまして。

今年2月からマヤ暦のセッションを始めて・初めて早々に実感したこと。
わたしからみて、かなり依存心高いなぁと感じる人の中にも、可愛いなぁって好ましく感じる人がいた∑(゚Д゚)

それ以前は、クレクレちゃんは問答無用で大嫌いだった。

わたしのそれまでの人生経験から、自他共の中にある依存心を過剰に敵視して、徹底的に嫌う時期を経験することが、わたしの場合は必須だった。今思うと。

当然たくさん敵を作ったが、闘うことでしか自我を再形成する術を知らなかった当時。開き直るわけではないが、後悔はしていない。

で、紆余曲折を経た、いま。

程度の差はあれ誰にでも依存心はある。それは自然なこと。もちろんわたしにもある。

では好ましいかモヤっとするかの違いは何か。

その人がわたしに対して好感情を持っているかどうか。

逆もそう。互いに。結局これだよね。

あのね。
「わかる」だけなら誰でも出来るの。

その段階でわたしを「わからせよう」とするより(ご本人はおそらく ”無邪気な善意” で伝えているつもり)

どうせなら「やりきって」から同じこと伝えたほうが、説得力が断然違ってくるよ。

リアルに圧倒的に「やりきった」人を知ってる人・もしくは「やりきった」人にはソレ通用しないから。
優しく受け止められ、伝わったキブンを味あわせてもらえているだけ。
どうしても「伝えたい」ならば相手の見極めは慎重にね〜。

でもホンモノはわざわざ言わなくても滲んでくるから、

そんなに「ガンバ」らなくても
大・丈・夫 ( ^ω^ )
by yuusfuru | 2017-06-21 18:58 | 考えていること | Comments(0)

やった上で言うならまだしも。
やったこと無いなら一度は経験してみて損はないとわたしは思うよ〜。

集団内最弱の立場をスーパーの組織内で疑似体験できる絶好のチャンスですぜ。え?そんなのに何のメリットがあるかって?
人の本性がよ〜〜く観えるんだよ。

そういう現場で鍛え上げられた人は、確かにスピ系の ”次元のお高い” お話や ”世の中の偏りによる問題” などは解らない。

でも解る人が陥りがちな、机上の空論的な綺麗ごとを真に受けて惑わされ自分を見失うようなことは比較的少ないのでは?
だから ”世俗バリバリのおかあちゃん” のほうが現実世界では ”強い” んだよ。

だから ”解る人” にそういう現場経験が無いならば、何でやらないの?もったいないな〜ってわたしは思うのよ。両方装備したら最強じゃね?

これこそまさに「腑に落とす」ことそのもの。

どこか世俗に浸かり切れない環境では腑に落とすなんて不可能なんだよ。パートの中でも世間的にイメージのいいのを選ぶとかね。
泥臭い経験を散々積んだ人のほうが人間的にも魅力的だし、そういうのって必ず言動に出る。

かくいうわたしはというと、
今から5年前、レジ打ちではないけれど、娘の入園を機にスーパーの鮮魚売場で働いていた。
そこで魚のさばき方を覚えて魚料理が大好きになった。

その後、趣味で生活クラブ生協の委員という、まあ食の安全を伝えるボランティアみたいな活動を2年間やって、そこで「魚料理好き」を活かしたイベントをやった。

それで自分の好きなことをやる楽しさに目覚め、興味の趣くまま色々な世界を覗いているうちにマヤ暦に出会った。

かさこ塾での新しい出会いや機会を最大限に活かすことが出来たのは、その3ヶ月前からマヤ暦を學び始めたおかげ。

こうしてみると、スタート地点はスーパーの魚売場だったんじゃないかな〜って、こないだ氣付いたのよ。

だからなおさら思う。
一度も「スーパーのオバちゃん」やったこと無いならば、そして選択肢として巡ってくることがあるならば。案外オモロい展開になるかもよ。

人生、何が転機になるか本当にわからないもんだな。すげえ面白いじゃん。「スーパーのオバちゃん」からスタートしたわたしの道筋。

なーんて思うわけなんだよ〜(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-06-20 23:18 | 考えていること | Comments(0)

やっちまった(0Д0;)❗️❗️

折にふれ『根源』を知っておくことの重要性を書いているわたしだが、実は【風水】では ”開運アイテム” とされているものを、安易に使ってしまっていたことが発覚((((;゚Д゚)))))))❗️❗️

かさこ塾 同期の華月ゆりさんに我が家の風水鑑定をお願いした時のこと。

昔から風水に興味はあったけど
書籍にあるような通り一遍の ”風水ネタ” は、根源や根拠が曖昧過ぎるようにわたしには感じられてイマイチ納得できず。

でもやっぱり興味あったし、だいぶ以前から有名どころの風水書籍を数冊読んではいた。

風水の種類というか流派というか、それも全くの別物なんだけど、書籍しか知らないとそれが風水の全てと勘違いしやすい。

考えてみれば、この種の書籍の場合、たくさん売りたくて出すもの。不特定多数をターゲットとする書籍の内容はやはりなるべく多くに「ウケる」ように書かれる。

それだけを読んで、自分は知識を得た!って錯覚に陥りやすい。

今となっては、浅〜い内容の、更にまた上澄みだけをつまみ食いするかのような。あくまで例えですよ。
あぁ❗️❗️今となっては愚か極まりないことをわたしもやらかしていたんだわ。

【愚かと表現したのは、わたし自身の信条(根源を知る重要性)に反することに氣づかずにいたことであり、市販の風水書籍を否定する意図は込めていませんので。念のため】

ま、具体的には、風水で開運アイテムとされている「龍の置物」今まで置き方を間違えていたという…。

詳細は ゆりさんのブログを
「もしかして玄関とかにただ龍とか置けば良いって思ってませんか?」
http://ameblo.jp/micchilily/entry-12285231592.html

ギクぅぅぅ…((((;゚Д゚)))))))
聞いてソッコー青龍側に移動したわ。

e0364817_02441580.jpg


しかもこの龍さん、実は3代目。
無造作に置いた荷物に引っ掛けたり、突風に煽られた暖簾に巻き込まれ、2回、床に落として割っている。。。

白虎さんに叩き落とされた❓……((((;゚Д゚)))))))❓
そう考えるとコワ面白いけど。まあそれはともかく。

あーでも半年ほど前から、龍側にベンチや靴用の棚を置いたのは、風水とか何も考えてなかったんだけど、結果これでOKだったのはちょっと「やったぜ✨感」あったかな。

あ、「西に黄色」も昔ちょっとやったけど、すぐ飽きてやらなくなったし。

詳しい鑑定書や処方&解説は後日お渡し。
たのしみ〜〜(o^^o)💕
詳細レポは後日またブログにて(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-06-20 02:41 | 考えていること | Comments(0)

『アクアパッツァ』
e0364817_22595294.jpg


っていうとなんか敷居が高いというか、うわっ難しい❗️そんなオシャレなお料理❗️って感じだけど。

コレ、元々はイタリアの『漁師メシ』だからね。海の男たちの、豪快で大雑把、でもメッチャ旨いやつ。

『思い込み』って、メンタルブロックって言い方もするね。
心理系のセッションでブロック外すとか何とかあるじゃない?
確かに一時的な効果はあるかもしれない。

でも、ブロックはなにも心理的なものばかりではない。「根っこ」的なものって案外、実生活に根ざした、こんなところなのかもね。

料理に対する『思い込み』を自ら外し、『いつものパターン』から脱却してみる。
他人様にやってもらうのとは違い、こちらは自分でやるから、より『根っこ』の部分に効く、ような氣がするのよね〜。

いちおう作り方も載せておくね。

下処理した魚(切り身でもOK。白身の魚がいいかな)、ニンニク、あさり、トマト・イタリアンパセリ、パプリカ、あとテキトーにナスとかシメジとか。

オリーブオイルでニンニクを炒める
e0364817_22595342.jpg


イタリアンパセリ以外の材料を全部ぶっこんで白ワインをテキトーに回し入れ
e0364817_22595409.jpg


蓋をして10分たったらイタリアンパセリを入れ、火を止め、余熱でしんなりしたら完成。
e0364817_22595437.jpg


丸の魚だから立派そうに見えるけどめちゃくちゃ簡単だから、ぜひお試しあれ(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-06-12 22:28 | | Comments(0)

「毒舌」の落とし穴

両極があって。真ん中に軸があって。振り子みたいに。
振り幅が自分の許容量を超える(=オモリが重すぎる)と軸がブレるんじゃないかなあ。

”振り子” って、左右どちらにも等しく振れるでしょ?
片方が ”毒舌” だとしたら、もう一方が何なのかは表現浮かばないけど。

言葉には力があるのは確か。
身の丈超えた ”毒” は、自らを内側から侵食する感じがするんだよなあ。経験上。

特にSNSでは、一見同じような毒舌でも、感情的に安定している人と不安定な人に分かれるようにわたしには思える。
そしてそれは文章によ〜〜く出ている。

わたしも結構な毒舌だし大好きだけど、一時期よりは吐きたい・読みたい欲求は減って、表現もかなり柔らかくなったと思うんだけどなあ。これでも。

あーでも人のを読むのは基本的には好きだよ。人間観察の材料や自分が書く上での参考にもなるからね。
by yuusfuru | 2017-06-06 21:48 | 考えていること | Comments(0)

同じように「イイこと」を言ったりやったりしていても人により印象や説得力が全く違うのは、この、人間誰もが持ってて当然の本性(承認欲求)の多少、更には自覚の有無によるとわたしは思うんですがいかがでしょうね。

世の中のボランティアと呼ばれる活動は、人間誰もが持つ承認欲求を利用しているからこそ成り立つもの。

これに氣づいていないから苦しくなるんじゃないかとわたしは思うんですがね。

まあ、わたしいいことしてるぅ♡って浸りたいのもよく解るしそれはごく自然なこと。かつて自分もそうだった。

で、もれなく「良い悪い正しい間違い」と「好き嫌い」を混同している。
不毛な小競り合いの主要な原因。

わたしの場合は、趣味で食の安全に関するボランティアを2年間やっていて、その世界で感じたこと。

2016年3月で辞め、紆余曲折を経て辿り着いた、現時点での心境は。

わたしは余計なお節介はしない派。徹底的に。
痛い目みて実体験として腑に落ちてるから。

個々の理解力にはそれぞれの段階がある。
受け取れる段階にない知識は理解できない。

家族や身近な人に対して
「どうして変わってくれないのだろう」は
与えられた知識の「もっと先」へとすすみ、
自分だけの正解を選び取る覚悟を。

他者をコントロールしようと試みる
愚かしさと不毛さがわかってラクになるから。

「知ってしまった」ばかりで不安な人へ。
目先の知識や情報の先にある本質を掴めれば
不安になるわけがない。逆に解放されるよ。

不安をあおる割に大した知識が無い御方の
簡単チェック項目、ほんの一部をご紹介。

【あ、情報を発信してる組織や個人が
わかりやすい善悪二元論を展開するのは
多数派を取り込む上で最も有効な手段なので
その限りではないですよ〜】

*塩分・油分控えめが健康的と思ってる
*マクロビ=玄米菜食だと思ってる
*有機無農薬と自然栽培の違いがわからない
*ワクチン反対派だが癌保険には加入してる

こういう人の言うことはスルーでOKかと♡

e0364817_08052601.jpg

塩締めでお醤油いらず。お刺身の美味しい食べ方。
トッピングで和風・洋風・中華風に✨
わたしは中華風が好き❤️
by yuusfuru | 2017-06-03 07:42 | 考えていること | Comments(0)