【2018.3.27追記・えーと正確には”日本でマヤ暦と呼ばれているものを鑑定やセッションに使うこと”を辞めました】

今はそのグループとは関わっていないので、どう言っているのかは知らないが、
わたしが最初にマヤ暦を學んだ講座では当初
「マヤ暦は占いではない」という旨の話があった。

2016年11月〜のこと。

その理由や講座の内容を聴いて、確かにこれは占いとは少し違うなと思った。
「吉凶の概念」そのものが存在しないから。

2017年2月から、モニターさまで経験を積んだ。
4月までの3ヶ月間で60名様ほど。

その頃、人生初の占い鑑定(西洋占星術・四柱推命)を受けた。
(それ以前に講座の講師から受けたマヤ暦セッションは「占い」じゃない、が前提だからね)

占いについて大して知りもしないくせに
「マヤ暦は占いではありません✨」と表現をする事に違和感を覚えた。
凄く傲慢な考えに感じた。
だから、占いではないと書いたり言ったりするのをやめた。

モニターさまの中でも、占いとして捉えている方が多かった。
何故そう感じたかというと、
いただいたご感想の中に「当たっている」というフレーズが入っていることが多かったから。

マヤ暦は「当て物」ではない。
というわたしの捉え方とは違っても、
お客様が占いと捉えるなら、解釈は自由。
そう思って、占い師を名乗ることにした。

最初考えた「本質ナビゲーター」という胡散臭い肩書きよりも
わかりやすい「占い師」の方が自己紹介もラクだし。

こちらはわたしがモニターさま時代に使っていた表。
この表は、講座を受ける前、その講師のセッションを受けた時のもの。
e0364817_23345082.jpg
表の下部分「魂の目的」の部分、市販されているマヤ暦関連の書籍では一冊だけ見つけたが、解釈が全く違った。

なので、講師の師匠にあたる方に根拠を尋ねた。
すると、

「オレ流❣️」

とのこと。
どの流派で學んだのか尋ねたが、具体的な回答は無し。まあ言う言わないは自由だからね。ただ事実を記す。

あまり深掘りし過ぎると「マヤ暦使い」になってしまい、本筋からズレてしまうとのこと。
その「師匠ファミリー」の一派ではあまり深くは追究せず、
あくまで「心のお勉強」的なものにとどまっていた。

まあそれが「間違っている」というわけではなく。
確かに、精神面が未熟なのに「精神世界」を深掘りするのは危険だ。
何の疑問も持たないうちからわざわざ教えてあげる事だとは思わない。

そう。先生から教えられた事を素直に信じられるなら別にいいと思う。

わたしのように、疑問が解決せずモヤモヤする人は他を当たり続ければいい。
それがもし本氣ならば、何かしらのヒントなり突破口なりが得られるものだ。

昨年2月〜モニターさまで勉強させていただいている頃から、市販のマヤ暦書籍は根こそぎ読み漁り、ネットも可能な限り調べつくした。

半年余り悶々としていたが、昨年末あたりから立て続けに、自力では無理だった初耳!目からウロコ!のヒントや機会に巡り合う事が増えてきた。

ここまでの体験を経て、マヤ暦を學び始めた当初とは考えがだいぶ変わってきた。
全ては過程(プロセス)であり、変わったからって以前の考えが間違いだったわけではない。

そんなこんなで、間もなく新しい段階に入る。
どの段階であれ、変わる時というのはいつも楽しくワクワクするものだ(^^)

by yuusfuru | 2018-02-15 23:29 | マヤ暦解説 | Comments(0)

西洋占星術の鑑定を受けた時に言われたこと。

実は今までこの2つ、似てるから混同してたのよね〜。
言われて氣付いてスッキリしたわ✨

わたしのホロスコープがコチラ
e0364817_22462822.jpg


その時の記事がコチラ
http://yuusfuru.exblog.jp/25722449/

以前、どのハウスにどの星が入ってるかだけは出したことがある。

ちょうどコチラの記事に所感が
http://yuusfuru.exblog.jp/25347186/

今は境界線を引かないと「持ってかれちゃう」から、物凄く意識的に線引きをしている。

混乱しなくなったし、以前よりヘンなのに絡まれることが格段に減った。

でも本来わたしには境界線すら必要ないのだそうな。

例えるなら、バランスボールに乗ってるような。

地に足、着いてないよね。
でも、安定している。

あぁこんな感じか❗️とイメージは掴めたわ。

こういうことは、
アタマでわかるだけじゃ、とことん無意味だから。
現実的に役に立たないってこと。

だから、あとは実践。
少しずつ積み重ねている最中よ。実体験をね。

最近は、そんな感じを意識してるわ(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-05-06 22:39 | マヤ暦解説 | Comments(0)

自分が鑑定を受ける側になって初めて実感したこと。

「プロ」は、見えない世界を曖昧な言い回しでボヤかしたりしない。

わたしは「根元」が知りたい。その問いに論理的にわかりやすく答えてくださって、ものすごく納得できた。

【占い=学問・コーチング】
プロお三方共通の見解がコレ。

4月21日、占い館「蓮・華(レンファー)」にて
右手から、
ほしよみ ゆきさん、グロリアさん、わたし。
e0364817_06161025.jpg


お店の外観
e0364817_06161037.jpg


かさこ塾同期のグロリアさんに、数秘と手相、カードも少し。
他にも幅広い知識と経験にひたすら驚き❗️

グロリアさんのブログはこちら
http://ameblo.jp/grangloria/
e0364817_06161126.jpg

e0364817_06161137.jpg


グロリアさんの西洋占星術の先生、ほしよみ ゆきさんに、ホロスコープ。

「地に足つける必要はない。軸をしっかり持つこと」
実は今までこの2つ、似てるから混同してたのよね〜。
言われて氣付いてスッキリしたわ✨

ゆきさんのブログはこちら
http://hoshirune.hatenablog.com/
e0364817_06161260.jpg


4月24日、同じくかさこ塾同期の華月ゆりさんに、一緒に参加したイベント帰りに、四柱推命プチ鑑定。

ゆりさん、風水師でもあります。
お話きいてから、風水全般に対して感じていたモヤモヤ感が解消したよ〜( ^ω^ )

ゆりさんのブログはこちら
http://ameblo.jp/micchilily/

鑑定場面撮り忘れたので、イベント写真を。
右から
美香さん、奥秋さん、わたし、ゆりさん

かさこ塾同期の、美香さんとゆりさん(^^)

美香さんのブログはこちら
http://bikkemika.exblog.jp/
e0364817_06225992.jpg


新横浜オルタ館にて、奥秋さんの美しい野菜寿司✨
e0364817_07321511.jpg



鑑定受けるのは、先に人物像を知ってから。が、わたしの考え。
占いやスピの世界は、特に「まがい物」が多い氣がするから。

だから今まであえて踏み込まなかったの。

わたしも少し前までは
「マヤ暦は占いじゃない」と思ってたし、書いてたから、今となってはわかる。

それは「本物」を知らなかっただけなんだ。

いやもちろん
何をもって本物か偽物かの基準は人それぞれ。
万人共通の「答え」や「ニュートラル」なんて存在しない。

でもまあ
自分と異なる見解を、わざわざ必死こいて「わたしは○○じゃないですよアピール」
に違和感を覚える程度には、自分の學びが進んだのかなぁ、とは思う。

未知の領域って、やっぱりたのしい。
そんなお話でした〜(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-04-25 06:05 | マヤ暦解説 | Comments(2)

以前からたのしみにしていたお話会の日。

やっぱり、未知の領域は、いいね(o^^o)
アーリア人以前のキーワード、大量入荷♪

終了後の「オフ」で聴いたアレコレ
一般的通念では ”癒し” とは程遠いんだけどね

でもこれでかなり
わたしの中の毒”気”が抜けてスッキリ✨✨

「音1」の、きょう。
こと始めとかにいいっていわれているけど
なにも始めるばかりじゃなくてね

「いままでの流れを変える、を始める」
みたいなのも、ありだよ。って思うよ。
解釈は自由でいーんだよーー(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-04-15 22:23 | マヤ暦解説 | Comments(0)

共倒れにならないためにね。
「癒し」が、悪いとは言ってないよ。
必要な時もある。

人にはそれぞれ得意分野があって、「癒し」が得意な人って、確かにいるのよ。

これはもうね。生まれ持った性質。マヤ暦でいうところの、本質として持っている紋章だね。

わたしが「癒さない系」を名乗っているのは、この要素を本質として持っていないから。
それはもうハッキリ自覚してる。

そういうわたしが、依存させない強さを備えるのは、割と簡単。
依存心の強い人ってのは、その辺敏感に嗅ぎ分けるみたいで。
なーんかわたしにはあまり寄ってこない感じー。

でもねえ、癒し向きの人が依存させない強さを持つのは、結構難しそうだね。
ちょっと危うい感じ、たまにね。

自分とは全く違う性質だから、まだ経験の浅い今の段階ではそう見えているだけなのかな❓

なんだかまだ自分でも、よくわかんない(^^;;
だから、これからの自分の進化が、とっても楽しみ(^^)
今はとりあえずコレでいいや( ^ω^ )

以上っ(=゚ω゚)ノ♡
by yuusfuru | 2017-03-15 23:24 | マヤ暦解説 | Comments(0)

今までだったら許せなかった他人の弱さを、心から可愛いと感じる。

今まで大嫌いだった「上っ面」も、誰にも知られたくない気持ちを必死で隠して守りたいだけだったのね。

それが「最多数派」の実体だったんだ。

それを バカじゃないの?なんて「上っ面」で切り捨ててたからだね。
口には出さなくても、そういう心根は見透かされるもんね。
「あの頃」のわたし、道理で嫌われてたわけだわ 笑笑

でも、わたしを先入観でしか見れない、底の浅い人間っていうのはやっぱりすぐわかっちゃうから、

そういう人々に誤解を解くため働きかけることは、相変わらず、しない。

面倒くさいもん。

来るもの拒まず、去る者追わず。

人間はしょせん感情の動物。
その辺の自覚無しに「愛」だの「ゆるし」だの「助け合い」だの言ってる人、すぐにわかるもーーん。

そういう人が本能的にわたしに苦手意識を感じるのも、わかるから放っとく。

そういうのが得意な「癒し担当」に任せる。

キレイ事を、心の中だけでも手放すことができたら、もっと楽になるよ。

わたしはその辺を伝えるのが得意かもと思った話でした〜(=゚ω゚)ノ

by yuusfuru | 2017-03-03 06:27 | マヤ暦解説 | Comments(0)

何が違うかというと、要は人間都合かどうか。

マヤ暦は自然のリズムと同調するための暦だから、
=自然の摂理。
不自然なものは手放しましょう。善悪判断せず、ジャッジしないようにしましょう。

言うのは簡単、精神的に未熟なほど自己暗示で錯覚に陥りやすい。
出来たつもりになってる人がワンサカいらっしゃってまー可愛らしいこと♪

好き嫌い=自然な感情
善い悪い=不自然

両者はとても混同しやすい。
でもね、簡単な判別基準がある。自然か不自然か。

例えばさ、正論言ってるんだけど何故か説得力が無いどころか、うっすら反発感じちゃったりすることって、ない?
同じ正論でも説得力のあるものもある。
違いは何だろうね。

その感覚、大事にしてね。

人工的に整えられた環境や社会の仕組みの中では忘れがちだけど、本来、人間だって自然の一部。

不自然さに慣らされると自分の中の「自然」が知らず知らず狂わされ、ゆくゆく自らおかしな事態を引き起こしかねない。

どんなに綺麗な言葉や素振りで取り繕われていても、それを発する人自身の奥に潜む心理・意図。自覚があろうが無かろうが。

わたしは大体すぐわかります。
どうしてかって?

そういう「無邪気で可愛らしい」人たちって、最も立場の弱い人間に対し、案外無防備にホンネさらけ出してくれちゃうのよ。

物心ついてから40歳位まで、いっぺんソレ散々味わってみ?

イヤでもわかるようになるからさ♡
by yuusfuru | 2017-02-20 23:36 | マヤ暦解説 | Comments(0)

占いも嫌いじゃないわよ。むしろ好きよ。
多くの占いって、当たる当たんないでオシマイの浅いものでは、本来は、そんなんじゃないんたけどね。

すべてにおいて深掘りする意義を感じないので、ちょっと面白かったらチラッと調べてみたりする。

数秘は「1」
九星占術は「九紫火星」
ゼロ学は「魚王星」
動物占い(←懐かしッw)は「ゾウ」

例えば占いでもさ、ありとあらゆる机上の学びを究め、いかに知識が豊富でも、社会経験ゼロの人に観てもらいたいと思うかどうか。ってこと。

占いってさ、いわば「道具」でしょ?
人生をより良い方向へ進めるための道具。
人生が「主」だから。人間が「主」だから。
人気のある占い師さんって、大抵、人生経験豊富な人だよね。

「占い」と括られるものに対する「最多数派」のイメージは、わたしはよーく解るので、「占い師」を名乗る気はない。
でもマヤ暦を読み解く上で、自身の人生経験はものすごく役に立ってる。

まあこんなのとか。
全13枚の、扉の部分。
↓↓↓
e0364817_00193764.jpg


さらに言えば、どんだけ深く読み解けるかは、使い手それぞれの人生経験 【正確には、経験の解釈・腑に落とし具合】 にかかっている。

いくら立派な道具でも、実際役に立たなきゃ意味ないから。
わたしの鑑定は、その辺を意識して書いてるよ(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-02-18 23:42 | マヤ暦解説 | Comments(0)

わたしが今やっているマヤ暦というのは、「心=自分」のリズムを表す「暦=カレンダー=自然のリズム」

要は、内側の話。

マヤ暦を学ぶ過程で、
外側のリズムというのが、例えば、ホロスコープだったりするのよ〜
なんて話もチョロッと出ます。
で、出してみたのがコレ。
e0364817_23431718.jpg


人間は多面体です。
マヤ暦での本質とはまた違う一面が表れています。

詳しい方なら、これだけでわたしの一面が丸見えでしょうねw

この要素からザックリと自己分析してみますので、ホロスコープ表の中の言葉が持つイメージを膨らませて感覚で捉えてみてね〜( ^ω^ )

*******
10の惑星のうち
風4・水4
柔軟宮6・活動宮3

水だから情感細やかな交流を求めてたりもするんだけど、相手にそれを望めない場合はサッサと次々、風の向くまま気の向くまま。
「強風急速ドライ」もたま〜に発動。
かつては情がかよったことのあるつもりでいた人から、いつの間にか利用価値メインで見られていることを察知する能力も抜群。
水が多いだけに耐えられない。
風が多いだけにその瞬間執着ゼロに。

なんだコイツムカつくなとか思っても未来永劫大嫌いとかあり得ない。
相手がしつこく挑発してくる場合は別だけどね。
基本、好き嫌いも流動的。
自分に敵意を向けてさえこなきゃどうでもいい。
話してみて発見した一面次第ではコロッと好きになったりも。
そうでなくても面白いポイントがあれば付き合う。
情が湧かなくても面白ければOKな人間関係、たまにはいい。

活動宮はね、ピンときたら即行動、ってとこでしょうか。その代わりピンとこないことへのスルーっぷりも天下一品。

柔軟宮とか、共感能力が高い水とかはね、
真逆の主張をどちらも理解・共感できたりするので、たまに自分が本当は何を考えているのかわからなくなる。
あまり幅広く共感できることをウッカリ表明するとワケのわかんない人と思われやすいので、固定観念が強そうな人の前では(水多いので察知できる)常時すっとぼけて自己防衛。
この要素、精神的に未熟な頃はかなり危ういが、
自他の境界線を意識的にハッキリ線引きできるようになった今はだいぶ気がラクに。いやむしろ強力な武器。
*******

こんなところでしょうか〜(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-02-11 23:37 | マヤ暦解説 | Comments(0)