あらゆることの判断基準

「自然か、不自然か」ザックリこれだけ。
両極を経たからこそ、辿り着いた境地。

あらゆることに言えるが、例えば「食」。
まあ確かに、いわゆる自然食系は好きだよ。でもね、一方でこうも思う。

自然と隔絶された空調完備の快適空間で汗ひとつ流さずにね。

必要以上に、やれ無添加だオーガニックだ
農薬 GMO モンサント氏ね氏ね系…
つーのもむっちゃ不自然っすよねーって話。
こういう人に限って減塩教の熱烈信者。
なんで減塩かというのは割愛。別に否定してないし好きにせい。

もちろん、講演料もらって話してる人だったり、何らかの意図を持ってあえての善悪二元論で発信してるのは全くの別物よ。

でもこれ何の意図もなくホンキで言ってるならば
人間にとって都合悪いものを過剰に敵視する
その発想が、根本的に農薬と一緒。

いわゆるアンチナチュラル派が
必要以上に毛嫌いするのもそう。

嫌いなのは構わんが、自分の好きなもの
頭ごなしに否定されて嫌なのは
みんな同じだよねー❓

なーんてな。

食に例えたから食べ物の画像貼っとくかな。
ついでに調理道具ヲタでもあるワタクシ。
重たい鋳鉄のほうろう鍋。
煮物がめちゃくちゃ美味しく出来る❤️
ルクルーゼより断然ストウブ派よ✨
e0364817_02101707.jpg


by yuusfuru | 2017-05-30 01:46 | 考えていること | Comments(0)