四柱推命でこんなことまでわかるんだ∑(゚Д゚)!!

いちばん驚いたのが、わたしの鑑定結果なのに、ダンナが超弩級の変人ってバレたこと((((;゚Д゚)))))))

某コミュニティで知り合ったかたに四柱推命と姓名判断の鑑定、易タロットをしていただきました。

もうね、自分があまりにも鑑定内容どおりの生き方をしていて嬉しい驚き❤️

この世界という巨大な公園を使って、どんな体験をしたいのか。そのために必要なアイテム(自分の個性、能力、家族を含む環境など)。それらは全部自分自身で選んで生まれてきてるの。

生まれ日って、変えられないでしょ?
自分が何を選んだか思い出すツールとして先人が編み出した、元来、一部の特権階級だけの秘伝だったもの。

自分のや標的の、どんなの持ってるかあらかじめ知っとけば、対策、作戦、戦略。練りやすいよね〜(^^)

だから中国では今も帝王切開が主流だったりするんだよ。そのルーツはかなり色々エグいらしいけど。

だってそもそも生まれてくる子にどんなアイテム装備するか人為的に決めちゃうんだよ?凄い事するよね〜。

生まれた日で内容が決まる類の占術ってのは、
「自分自身を生きてる」
(この世界で、コトを ”うまく” 運ぶ秘訣だったりもする)
かどうかの、ものすごく客観的で正確な指標になると思うよ。

信じる信じないは別として、そう仮定したほうがわかりやすいかもよっd(^_^o)

では、特に印象に残ったことを中心に結果と感想を綴りまーす(=゚ω゚)ノ

e0364817_11013951.jpg


【鑑定結果・人格編】
*パッと見、おとなしそうに見えて実は気性が激しい的な。思考の方向性としては現実主義。

*最初から積極的に打って出るタイプではなく、周囲や状況を用心深く観察して空気読んで臨機応変に出方を変える慎重派。

*判断が早い。決断すれば思い切った行動に出るが、望み無しと判断したらソッコー撤退。

*一旦決めたら揺るがないところがある。それを明確に表明すると「キツい」という印象を与えやすいが、それが持ち味でもある。
「無難」は物足りない。

《所感》
慣れない場で人の輪に加わる時は、まず最初に見極めます。

集団内のパワーバランス、集団内の多数派が無自覚に共有している価値観の、最大公約数的な方向性を。
それによって出方を変えます。

黙っていたら、自分は他者からどんなキャラに見られがちか、それも充分わかっています。

未熟な時代はそれが悩みの種でしたが、今となってはむしろ好都合です。

パッと見の浅はかな先入観で他者を測る人物を浮かび上がらせる、簡易リトマス試験紙のようなものですから。

このような人物に、わたしの内面を開示する必要性は全く感じません。

わたしがこのような ”第一次選別” を済ませていることは、他者には悟られない方が都合が良いのです。

でもこの場でなら、ここまで開示しても何ら問題はありません。
”かれら” がこれを根本的に理解することは無いだろうと、わたしは思うからです。

「多数派」とは、そういうものです。

「キツさ」は様々な発達段階を経験してきました。

わたしは今44歳ですが、40歳に人生のあらゆる局面での大転機を迎えています。

参考資料としてコチラを
↓ ↓ ↓
http://yuusfuru.exblog.jp/25763898/

大転機前、33歳で結婚する直前のエピソードと、今から3年ほど前の出来事を書いた記事があります。

自分の性質をハッキリ自覚する前でしたが、目覚める前でもやはり内面は今に通じるものがあります。
↓ ↓ ↓
http://yuusfuru.exblog.jp/25089078/

某コミュニティへの申込みをすませ、講義が始まる前に出来る準備はしておこうと、昨年12月からブログを始めました。

まだそれほど昔のことでもないのに、以前の記事を読み返すと、あまりの ”青さ” に目眩がします…w

まあそれだけ目覚ましい速度で、わたし成長できてるってことですかねっ(←どんだけポジティブw)
↓ ↓ ↓
http://yuusfuru.exblog.jp/25450376/

かつて満たされなかった感情を、毒舌で代償して満たそうという思惑が混じると、

場合によってはほんの一部、似た傾向を持つ人が寄ってきて、それは実は危険な兆候でもあることに、最近やっと氣付きました。
↓ ↓ ↓
http://yuusfuru.exblog.jp/25761947/

多くの人々から見れば、以前も今もこれからも、わたしの文章が「毒舌」であることに変わりは無いでしょう。

でもそれが当然だし、もう、いいんです。わたしがわかっていれば。

文章にはテクニックも確かに必要ですので、今後わたしが接していきたいと願う人々を意識した「仕掛け」も、施します。

でも仕掛け以前に大切なのは「根っこ」
マヤ暦でも、西洋占星術でも、他のボディ&エネルギーワーク系の施術でも、同じものを見つけました。
ジャンルに関係なく全ては「根っこ」で繋がっています。

マヤ暦でみても、わたしは「キッツい」のです。
↓ ↓ ↓
http://yuusfuru.exblog.jp/25511423/
http://yuusfuru.exblog.jp/25749670/

それを自覚し、意識してそれに沿った言動をとっていると、なんだかとても心地よくなるのです。
わたしの「軸」として今後定まっていくであろうと、何となく感じています。
↓ ↓ ↓
http://yuusfuru.exblog.jp/25752029/

【鑑定結果・その他】
*11.0~31.0歳に入っている「干支」の「辰」「巳」

⇒12歳で実父を亡くし、14歳で母が再婚。養父と暮らし始める。
この時期の「天変通」の「偏官」は継父の意味合いがあるとのこと。

*配偶者を示す部分に入っている星が何やら「変人」的な意味合いがあるらしい。

⇒ホンマモンの「変人」は、自分自身のことをいたって普通だと強固に思っています。
自らを変人だと思っているみなさ~ん(わたしも含めて)!その自覚があれば、大した変人でもないから安心して♡

ちなみにダンナは、マヤ暦ではフツー(黒Kin、角Kinではないという意味)ですが、数秘は「11・33・6」。33、押しも押されぬ大変人。

*姓名判断から、ビジネスネームの提案をいただき、早速facebookの名前(表記)を変更しました。

この「11画」

わたしのマヤ暦の紋章のうちのひとつ、前面に出した方がいい「赤い竜」20種類のうち「1」番始めに位置する紋章。

数秘が「5・1・8」
現世を意味する位置に持っている数字が「1」
なので「11画」というのも、すんごいシックリきちゃってもう即決です。

加えて、某コミュニティ3回目の講義内容である「名刺」
実はわたし、この日未明に母が亡くなったため欠席し、未だに名刺作ってなかったのです。

本当に、全ては仕組まれているかのような(実際そうなんだけどね)。
名刺に関しては、何だか時間差で答え合わせが出来たような、もうスッキリ感ハンパないですねっ✨✨

*易タロット
わたしと妹の間には根深い関係性があることは以前からわかっていました。マヤ暦でもハッキリ出ています。
↓ ↓ ↓
http://yuusfuru.exblog.jp/25756879/

今回、過去・現在・未来にわたり、わたしと妹の関係をみていただいたところ、まさにドンピシャな結果が((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))

e0364817_11014005.jpg


もうね、ホントこれな❗️❗️❗️って感じ。

わたしとしてはもう既に、実害の無いように実権を握り返した後なので、あとはどーなろーが構いません♡

彼女(妹)の問題は彼女だけのものなのです♡♡

あーはははは…やっぱりね、と同時に、カードってスゲえな∑(゚Д゚)❗️❗️
わたしも自分に合ったカード探そうっと✨✨

ついでに。途中、うお座の話題がでたので。

わたし、4つの惑星が、うお座に入っています。
自身をひとことでいうならば、変幻自在のなんでもあり、って感じでしょうか。

うお座ってよくわからないとおっしゃる他の星座の方々、その時々で変わっていくものの実体をつかもうとすると混乱しますよ。

だって実体なんて無いと思うし、あると定義する意義を感じないのです。うお座は。いや少なくともわたしは。
そんなわたしが、自身にいちばんシックリきた「うお座評」貼っておきます。
↓ ↓ ↓
http://liliadon.blog.fc2.com/blog-entry-516.html

もうとにかく四柱推命って、濃すぎてどうまとめたらいいか手こずって、でも絶対納得いくまで記事出したくなくて

頭の中で文章を練りに練って、その分消化に時間がかかりましたが、しかしそのプロセス全てがめちゃくちゃ面白い❤️

心ゆくまで堪能いたしましたわ(๑˃̵ᴗ˂̵)

by yuusfuru | 2017-05-14 10:47 | 考えていること | Comments(0)