【視点の転換・具体例】

本当はね、わたしよりアナタたちのほうが、今後、よっぽど大変なんだよ♡って話。

わが家の冠婚葬祭
2013年・わたしの養父
2014年・夫の父
2015年・わたしの祖父
2017年・わたしの母

ある種の人々にとっては
一見「かわいそう」でしょww
そんな安い同情なんぞ、こちとら一切要らんけどな。
まあテキトーにあしらっとくわ。

ちなみにわたしの実父は
1985年に亡くなり
葬儀の際、お骨上げをさせてもらえず
見せてすらもらえず
子ども心に納得いかなかった経験もあり、

わたしの娘、現在8歳にして既に4回の経験を持つ、バリバリの「お骨上げマスター」なんでございます。

あまりの段取りの把握っぷりに驚くことしきり((((;゚Д゚)))))))

お骨上げの列に、皆を押し退け先頭に陣取り、颯爽とお箸を手に取り、ばあばの骨を摘み上げておりました……∑(゚Д゚)

この子の「死生観」。。
この一連の経験により今後どう形成されていくことやら。
ある意味たのしみ。まあこういう経験、悪いことではないと思うよ。

あーそうそう、表記の件ね。

事あるごとに「大変ね〜」的なこと言ってくださる「優しい」お方の純粋な(つもりの)お心遣いは別に表面上、有難く受け取るけどね。

今後のことでいえばね、
ご両親ご健在な皆さまがたのほうが
本当はとっても大変なわけよ。

いつ何があるかわかんない。
介護・医療・逝去後の諸々。

何度も書くけど、自らロクに調べ考えもせず何の手も打たずに受け身一方では、カモられるばかり。

でもまあ、最後の最後まで直視したくないなら、それはそれで個々の自由だし、別にいいんじゃない?

残酷なようだが、
自由ってのはそーゆーことだよん♪

そんな感じよ〜〜(=゚ω゚)ノ♡
by yuusfuru | 2017-03-27 23:35 | 相続 | Comments(0)