同業者の実妹が驚いた、昨今の相続マーケット事情

いつまでも受け身一方だとカモられっ放しだよ。マジで。

自ら情報つかみに行く人と、ロクに調べもしない人の差は今後ますます開いていく時代。

3年前は、そりゃあもう大変でした。
原因としては、

*初めて自分ら (3人きょうだい) が取り仕切った。
*まず葬儀社がちょっとアレ、今どき殿様商売ってやつ。
勉強させていただきやしたわ💢💢
*当初、会計事務所勤務で税理士志望の実妹が一手に引き受けたのち、パニクって爆発してアーラ大変w
*その後わたしが相続専門税理士を探し引き継がせ、結局二度手間ww

そして来ました今年2月22日、満を持しての❓二次相続❗️
前回の経験を活かし、

【対策】
*母が元気な時に、万一の際に委任状無しで預金引き出し出来る(代理人ナントカだったっけな?)手筈を整えておく。

*葬儀社は予め決めておく。

❗️これはよくよく比較検討すること。
業界内、かなりの質的な差がある。❗️
HP見比べるだけでも結構違うんだなとわかる。目星を付けたら必ず実際会って感覚でも判断しておくこと。

見積りも出してもらう。

《2016年12月30日(死去の約50日前)に母が危篤状態に陥った際、葬儀その他諸費用分の預金引き出しと葬儀社選択・見積りまではソッコー済ませた》

*たとえ身内に専門家がいても、絶対に任せない。世間一般のイメージと違い、税理士イコール相続の専門家では無いからね。
あと、税理士権限で銀行取引も洗えるから、我が家の経済状況、筒抜けだし。

相続税、2014年1月1日を境に基礎控除いきなり4割減だからね。
今や意外と、庶民にも身近な相続税♡
全く嬉しくねえわ冗談ぢゃねえよなwww

他のこと、例えば食とか医療とかはわかりづらいけど、
こと相続に関しては、自ら調べ考え選ぶ姿勢の有る無しが、金銭的な損得に直結するよマジで❗️❗️

ま、いずれ当事者になった暁に、ほんの少しでもこの話がアタマの片隅にでも残っていれば幸いでございますわ。おトク情報よ〜(=゚ω゚)ノ

と思った次第でございましたの。
おほほほほほほ✨✨✨✨✨
by yuusfuru | 2017-03-11 22:54 | 相続 | Comments(0)