母危篤の件、迷ったけどやっぱ書くわ。

本当はね、いつ死ぬかわかんないのは、みんな同じなんだよ。

なのに迷ってる場合?
そういう人、いつもはどうでもいいんだけど。
なんか書きたくなっちゃってさ。

母は死別で再婚してるから、わたしは自分の親を見送るのは、今回が3人目。
かさこ塾の卒業までは、おそらくもたない。だから言っちゃえーい。

こう言っちゃあ何だけど、慣れてる。
親のは、ね。
直後はもう悲しんでる暇もないから大丈夫。

だから思う。

ホントは誰もが一寸先は闇なんだよ。
どんなに元気でも健康でも次の瞬間死んじゃうかもしれない。
自分のコントロール出来ないことを怖がることに何の意味がある?

そんな心配する暇あるならその神経、
今を全身全霊全力で生きることに全て注げばいいんだよ。

そんなに怖がること無いんだよ。
自分の器以上のことは降りかかってこないように、世の中出来ている。
それを実体験でわかっているわたしは、とても幸せだと思っています。
by yuusfuru | 2017-02-22 01:05 | 相続 | Comments(0)