人間関係が苦手なあなたへ

人には必ず両極があり、たまたま表から見えやすいだけのものを、世間一般的には「性格」と呼ぶらしいっすね。
苦手と得意の両極。
苦手を極めれば、何かの拍子にもうひとつの「極」に、クルリ大反転した実体験。
苦手は苦手なままでも格段にラクになれる。そうなっちゃえば苦手なことも「武器」に変わる。
人間、いくつになっても変われる。
苦手を無理矢理好きになるのではなく、苦手を受け入れるって意味の「変わる」。

幼・小・中・高、わたしの不動のポジションは
「クラスで必ず1人は居る、風変わりな子」
集団内最弱のポジションは、人間観察眼を養うには最適な環境。
みんなに優しい委員長がわたしだけにみせる「ウラの顔」的なサンプル、山ほど持ってるよ。

高校卒業してからも似たようなもんで。

わたしの人生大転機は、2013年10月、養父が亡くなった後に訪れた。

骨肉相続勃発。
わたしが助けを求めた相続専門税理士さんですら
「お金以外でこれだけ揉めるケースは珍しいですね」
と言ったほど。

ちなみにこれね、「ニセモノ」を見抜く眼力を養うにはホント最適。

表向き立派なコト言ったりやったりしてる人々の「ウラの顔」びっくりするほど剥き出しになるよ♡

男兄弟いてつくづく良かったなあと思ったのもこの時。
なんだかんだ女ってだけでさ何かとさ。

2対1で追い詰められてから、1年掛けて主導権握り返し。
憂さ晴らし&趣味の活動2年間で発散し。

自分が本当に変われたかどうかは、周りをみてみればいい。

夫婦関係・娘との親子関係が、劇的に好転した。

その後2年間、生まれて初めての、自分自身を解放する、トレーニング。
やり方が不器用で、たくさんの敵を作った。その中でほんの少しほんのひと時ほんの数人、通じ合えたことがたまらなく嬉しかった。

色々あったが、まあ結果オーライな現在。
やっぱり慣れないからさ、人との距離の取り方を時々間違えるのね。

視線とか挙動とか、たぶん時々おかしい。言いつつやりつつ、自覚はある。
でも、この長年染み付いたクセを抜くには、出すのがいちばん。

あ、やべ❗️❗️
結構仲イイ人じゃなきゃ言わないこと・やんないこと、会って間もない人にウッカリ言っちまった・やっちまったか∑(゚Д゚)?!と。

でも大丈夫。
それ以前に2年間、ダテに解放の練習してるワケじゃない。すぐに気がつき軌道修正できるように、以前よりは確実に、なっている。
子ども時代と違って、周りはもう大人だからさ。多少のことならスルーしてくれる。

いつまでも怖がってちゃ、始まらない。
人から受けたものは人との関係性の中でしか昇華できないもん。

時々恥ずかしいけど思い切って動き始めた今のほうが数段ラク。
それが出来たのは、その前に選び・削ぎ落とし・手放して身軽になってたから。

つーことで、現在、横浜鶴見かさこ塾で、
人間関係のリハビリ第2弾、スタート切ったところなのであります。

どうせやるなら徹底的に。

瞬間最大・全身全霊が、わたしのモットー。
骨の髄まで味わい尽くす所存でございますの。
おほほ。おほほほほ♡♡♡
by yuusfuru | 2017-02-14 23:15 | 考えていること | Comments(0)