4年前の冬、リアルホワイトアウト体験談

小学2年から6年まで宮城県に住んでいたので雪には慣れていますが雪道の運転は不慣れなわたし。

免許取得後、初めての雪道運転が4年前の冬。
よくわからんがスタッドレスさえ履いてりゃ大丈夫だと思っていたのですが。
あのね、そこで人生初のエアバッグ体験をいたしました。廃車レベルに事故ったのも人生初。
履いてても滑るなんて知らんかったんすけど。あーびっくりしました。

その冬、夫の実家(雪国)に帰省した時のこと。冬場は、遠回りになるが運転しやすい 首都高→関越→北陸道 コース。
関越トンネル出て新潟県に入れば一面雪景色。その年は降雪量多かったですね。
真ん中走ってる分には大丈夫です。が、ちょいと逸れて道路脇の吹き溜まりをウッカリ踏んだが最後。
フィギュアスケーターバリの優雅なカーブを描いて、スリップ開始。

((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
あーーれーーーーー
((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))

中央分離帯ドーーーンの
エアバッグ バーーーンの

火薬の匂いが。。。
プチ走馬灯も、、、

あーこれぜってータダじゃすまねえ。
わたしひとり生き残っちゃったらすげえ嫌だなー。

後部座席、娘の「えーん❗️❗️」で我にかえりました。
ああ良かった。とりあえず娘は生きている。

外は吹雪。
車は前輪部大破で走行不能。
人生初の大事故。

わたしのアタマの中もホワイトアウト
(0Д0;)(0Д0;)(0Д0;)(0Д0;)(0Д0;)

その時、ちょうど夫とは車内で険悪な小競り合いをしていたのですが、夫は開口一番、
「大丈夫?何ともなくて良かった」と言い、
アタマの中真っ白なわたしのかわりに 警察・保険会社への連絡など即座に事故処理に取り掛かってくれました。

ああ、この人と結婚して良かった。極限状態で何故かわたしは夫に惚れ直すことが多いです。どさくさにノロけちゃってサーセンね。。人間の本性ってこういう時に出る気がします。

スリップした時はブレーキ踏まないほうがいいと何処かで聞いたのでノーブレーキ。シートベルトにもロック掛からなかったのでベルト無しと同等だったんですかね。事故後2週間位、肋骨痛かったです。

病院行っても「あー肋骨ヒビ入ってますね」で何の治療も出来ぬ上、無駄に被曝するだけだとわかりきっていたので、自然治癒力に委ねましたw

でも、とても幸運なことに、夫も娘も全くの無傷。事故は相手方無しの自爆で他車も巻き込まず。その年はレンタカーで行って、免責ゼロになる保険にも加入していたので経済的損失も最小限。

ああほんとうに良かった。ありがとう。ありがとう。わたしってばほんとうに運が強い❗️❗️

幼い頃から身近な人の死に直面し死生観まで確立していて良かったなあと思うのはこんな時です。

雪道へのトラウマ❓無いよそんなもん。

ホントは誰もが一寸先は闇なんだよ。
どんなに元気でも健康でも次の瞬間死んじゃうかもしれない。自分のコントロール出来ないことを怖がることに何の意味がある?

そんな心配する暇あるならその神経、今を全身全霊全力で生きることに全て注げばいいんだよ。

そんなに怖がること無いんだよ。
自分の器以上のことは降りかかってこないように、世の中出来ている。それを実体験でわかっているわたしは、とても幸せだと思っています。
by yuusfuru | 2017-01-07 22:33 | 考えていること | Comments(0)