「わたし全然霊感無いんですよ〜」的な話題を振ってみる。社交辞令にもなるし。

嘘ではない。霊が視える系の能力はわたしには無いし、仮にくれるって言われても絶対絶対そんなもん要らん。

で、
どのように返答するかで、どの辺の「階層」と繋がっているか、判る。

ネタバレしても全然問題ないよ、これは。
知ったところで上辺だけ取り繕うのが精一杯だと思うよ。

ただし、こちらが見抜く眼力を相応に養い備えていればの話よ。勿論。

霊は視えないけど、人の無自覚な本音は手に取るようにわかる。その意味合いに於いては、幼い頃から英才教育を受けてきたとも言えるな。
モノは言いようだわな。
# by yuusfuru | 2017-07-31 23:21 | 考えていること | Comments(0)

かさこ塾、名刺ダメ出し祭りがある第3回講義、現役の時は当日未明に実母が亡くなり欠席。
塾長にお願いして先日の再受講で参加させてもらったんだけどさ。
肩書き決まってないけど、便宜上暫定で考えてみたのね。

潜在意識+占いで「潜占術者」
現時点でこれが一番マシという消去法。
やっぱ違うなと思ったら変えればいいんだし。
でも真夜中に書いた手紙って朝に必ず読み返せとか言うじゃない?それと似たようなもんかな。

違う。やっぱ違う。
占いだけじゃ本体(お客様)の問題解決の手段としては限界があり過ぎる。
だから単純に「占い師」ではないんだよなぁ。

最近、何年も占いで生計を立てている方とお話する機会もあり、想像を絶するお客様のこと、ちょっとだけ聞いて驚いたんだけど。

その方には西洋占星術で鑑定していただいたんだけど
「あなたにはそういうお客様はつかないから大丈夫よ」みたいなことを確か言われたような。ホッ。

まぁそれはともかく。
ユニークな肩書きって、今までも何個か考えてプロフィールに載せてきたけど、どれもこれもしっくりこない。

それ以外にもやることあるから、まあいっか。先に中身をもっと補充しよっと。
肩書きは一旦置いとくこととするわ。

# by yuusfuru | 2017-07-30 22:06 | 考えていること | Comments(0)

「大嫌い」を大事に出来る人は、「大好き」を満喫できる。

大事にするってどういうことかというと、ごまかさないこと。

嫌な人や事をもっともらしい理由をつけて避けながら大好きだけで満たそうとすると、どこかで無理がくるんじゃないかしら。

逆に、人や物事の嫌な部分ばかり目につく時はもっと「大好き」を大事にしてあげよう。

じゃあどうなれば満足なのかな?ホントは何をして欲しくて、何が欲しかったのかな?

確かに、貴様なんぞにわかりっこない位に大変なご苦労をなさってきたのかもしれないけどさ。

で、結局自分は、どうしたいのかな?

理屈なんて後付け。混乱の元だよ。
単に嫌いなだけなのをごまかすために、「良い悪い・正しい間違い」を持ち出してブレンドすると面倒なことになるよ。

考えるな、感じよう。自分の力で氣づいてあげたら、きっとすごく喜ぶよ。今まで無自覚にないがしろにしてきた、自分の中の自分が。

考えることが大事なのは、そこをクリアしてからに限った話だと思うの。

☆ここから先は宣伝☆

感情は氣付いてあげれば解放できる。
「ブライトセッション」やってます。
解放した後に自身を振り返る道具としても使えるマヤ暦の鑑定もやってます。
メニュー詳細・今後の予定などはこちら
http://yuusfuru.exblog.jp/25916973/

# by yuusfuru | 2017-07-30 09:25 | 考えていること | Comments(0)

自他の境界を明確にすること。

占いやセッションは、他者の内面に踏み込む仕事です。
相手に共感することと情を入れることは全くの別物です。この、よく似た両者を混同すると行き違いが生じやすく、互いにとって、色んな意味で危険です。

この不幸なミスマッチは、未然に防げる。
わたしはそのように考えています。

具体的には、
自分の考えを書く。同時に相手方に役立つ情報も書く。曖昧な表現はしない。

占いは「当て物」ではない、というのはわたしの個人的な考えですが、「当て物」として楽しむのも、もちろんアリです。

自分の持つ要素を知って、ネットで調べて、当たってる♪→おしまい。
わたしもマヤ暦以外では結構そういう楽しみ方するし、実際楽しいですもんね。

なので名刺の裏側には、その需要を満たすであろう要素を入れました。
まだ叩き台の段階、しかも手書きでちょっと恥ずかしいですが、、えいっ公開!

かさこ塾再受講の時、名刺ダメ出し祭りに出したものです。現役塾生時代、この回を欠席したので、半年越しで参加(^^)
e0364817_00071259.jpg

まあ内容はもう少し練りますが。

名刺交換の際の話のネタになりやすいし、興味ある人なら、自分の紋章が書かれた名刺は捨てないかなぁと思って。
この程度なら負担なく即興で書けるので、わたしの名刺を今後お渡しする方、よろしければぜひお試しを(^^)

ちなみに同時に配った、3連続告知の2発目です。
e0364817_00262373.jpg

誰彼かまわず自分のサービスを購入してほしいなんて考えたら、ブレます。
術者が自分を見失ったら、仕事どころか実生活にも悪影響を及ぼす危険があります。

この種のサービスは、品質に関する基準が曖昧です。人の氣持ちという見えないものに働きかけるので、効果も数値化出来ないからです。

だからこそ見えない世界を、ロジック皆無の感情に訴えかける、美しく曖昧な記述でゴマかすような真似は、わたしは、したくない。

そうハッキリ書くことで、今までちょっと興味あったけど、占いやスピ独特の言い回しに馴染めず何となく敬遠していた人にも間口を広げていきたい。

そのように考えています。

☆鑑定メニュー詳細・今後の予定などはこちら☆
http://yuusfuru.exblog.jp/25916973/

# by yuusfuru | 2017-07-28 23:58 | 考えていること | Comments(0)

体質や好みは人それぞれ違い、万人共通の「正解」など存在しないことに氣付かないから。

ただひとつの答えとテストの点数で決まる教育の弊害かしらね。

自分の子ども時代も含め、現代の学校教育は、とてもよく出来た社畜(てか体制の奴隷)育成システムであると個人的には思うのだけど。

いわゆる健康とか食を大切にしている人というのは、自分なりに調べ考えた結果、流儀を確立している。

どこから情報を拾ったかによって、かなり違う。当然、人の数だけ正解がある。細かいところで相入れなくて、こだわってる同士なだけに不毛な論争に発展しやすい。

肉食と菜食とか。
砂糖もけっこう見解わかれるね。
最近は経皮毒に関しても見かけたなあ。

まあ好き好きなんだからどっちでも構わないけど、これだけは思う。

自分と異なる見解を拒絶・攻撃したり。わたしのこだわりは!な〜んて必要以上に得々と語る人って。

知識面で、もれなく。大したことない。

どっかの権威や組織が与えている正解を鵜呑みにすることを、知ることだと勘違いしている。
食の安全を広めるボランティアに2年間携わってきて得た実感。

【あ、それで講演料もらっている人や理念が必要な組織なんかが言ってることはまた別ね。「大人の事情」が絡んでいる場合も多々あるし。】

それにね、そういう問題って、木に例えるなら幹や根っこじゃなくて枝葉なの。
本質は、そこじゃない。

わたしは、いわゆる自然派ではあるけれど、自然と隔絶された環境の中で必要以上に無添加だの神経質に騒ぎ立てる「不自然さ」も実感としてよくわかる。

でもそのおかげで自分や世の中バランス取れるのよ、実は。
神経質にこだわりアピールする人も、正解があると思ってる人も、いるのが自然だし必要だと思うよ〜。

健康ネタに限らず、理屈のつもりで感情丸出しなのも無自覚で、他者をチクチク皮肉って喜んでいたり便乗している人々は好きじゃないけどね。

嫌なら自分の意識から消せばいいだけの話。それだけのことだと思うの。

「そんなに色々知っているんだから、食のこととか薬の弊害とか、もっともっと伝えていけばいいのに」と言われたことがあるけど。

確かにそういう役目の人も必要。そのおかげで知ることができた。
でもその先、考え選び自分だけの正解を掴み取る過程までは誰も教えてくれない。知ってなるほどで終わりではなくて、その先が重要なんだよ。自分で決めるって簡単に言われているけど、多くの人にとっては実は結構難しいこと。

これは枝葉なの。幹や根っこは、自分で考え選ぶ力が衰えている人がとても多いこと。
自分自身を含め、人間の「根っこ」に働きかける上でとても効率・効果が高い。

それが、わたしがこの道を選んだ理由のひとつ。

☆鑑定メニュー詳細・今後の予定などはこちら☆
http://yuusfuru.exblog.jp/25916973/




# by yuusfuru | 2017-07-27 00:26 | | Comments(0)