Kin209・音1・赤い月(ムールク)×赤い月(ムールク)

第五の城 Kin209〜260 (音1〜13 × 4=52)
1巡目の 音1
赤い月(ムールク)の13日間・1日目

《赤い月⇒過去の浄化・新しい流れ》
『音1⇒意思決定・ひとつにする』

*第五の城*
昨年9月6日のマヤ暦 新年からスタートした流れと収穫を整理し、来月24日から始まるマヤ暦 新年に備える時期。

近いうちに取り掛かるつもりのことがあるならば、良いタイミングの日。何らかの形にして表明するだけで違ってくる。

自分の思考は目に見えないが、文章を書いたり言葉で意思表示することは、自己を客観視する上でとても大切。

全ては「意思決定」から始まる。
大切なのは、「何のために?」意図や動機。

この世界の生きているもので、動いていないものはない。速度は違っても皆、自然の流れに沿って動いている。

今日はこの「流れ」を意識しよう。

実際の動作に限らず、思考の流れなど、目に見えないものも、停滞していないだろうか。水は流れ続けないと淀んでしまう。

停滞の原因は、過去の手痛い経験からの怖れ。
まずは明確に意識しよう。記憶が蘇ってきて辛いかもしれないけれども、目を背け続けたままで浄化はあり得ない。

他者の感情などは、しょせん自分の力の及ばないところ。コントロール出来ないことに労力を費やすのは不毛。他者の領域は他者に任せ、まず何より大切な自分自身に意識を向けよう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ✨が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)

e0364817_10215086.jpg

# by yuusfuru | 2017-04-02 10:19 | マヤ暦 | Comments(0)

4月1日 22時までの受付分で、1000円モニターさま、めでたく満了となりました。

ご協力いただいた皆さま
ありがとうございましたo(^▽^)o

ここで一旦、次の段階への準備に入ります。
モニターさま募集を継続するか否かを含め、今後について検討いたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

⭐️モニターさま募集を開始した時期が、マヤ暦を学び始めて3ヶ月足らず。
正直、当初はかなりの負荷が掛かりました。しかしそれも自身の性質を踏まえての、あえての選択でした。

それから2ヶ月の現在。
走りながら形にしていく学び方を実践してみての実感として。
ここらで基盤を強化しておく必要性を感じた。

⭐️モニターさま募集は、マヤ暦を学ぶプログラムの一環としてあらかじめ組み込まれているもの。

(机上の学びだけでは身につかない感覚を習得するため)

基本的に自分が納得するまで行うが、経験の蓄積に伴い、方針と見解が固まってきた。

要は、方向転換の必要性を感じた。

⭐️鑑定表の見直し。
今の表はお借りしているものなので、オリジナルを作成します。

⭐️鑑定内容(解説)の見直しと追加
経験を積むにつれて解釈の幅が広がったので、それを踏まえて全面的に練り直します。新たな項目も追加します。

⭐️6月上旬、初めてイベントに出展します。
今までとは違う、イベントに適した鑑定スタイルの構築。それに伴う準備をします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

4〜6月は、以上のような理由で、充電期間に充てます。
もちろん発信は続けますよ〜(^.^)

興味を惹かれる色んな場所に出向き、たくさんの出会いから、人からしか学べないことを習得しに行きます( ^ω^ )

期間中も、決めたことに関しては順次ブログ・facebook上でお知らせいたします。

よろしくお願いいたします(=゚ω゚)ノ
# by yuusfuru | 2017-04-01 23:29 | マヤ暦 | Comments(0)

Kin208・音13・黄色い星(ラマト)×黄色い戦士(キーブ)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
4巡目の 音13
黄色い戦士(キーブ)の13日間・13日目

《黄色い星⇒均整の美と調和・気品》
『音13⇒超越・集大成』

美しいものや意識に触れるのは心地よいもの。
しかし裏を返せば、美意識というのはそうでないものを厳しく選別・排斥し磨き上げる側面も。

人には個々の趣向や得手不得手があることも認め合い、人間関係においても美しい調和を目指してみよう。
それが自身の心地よさにも繋がる。

今日は、この13日間を振り返り、未来に向けた計画を。
明日からのテーマを決めよう。

大切なのは、今すぐにでも取りかかれるような現実的なプランであること。

今日は、この13日間を振り返り、未来に向けた計画を。
明日からのテーマを決めよう。

*明日からはマヤ暦 第5の城*

昨年9月6日のマヤ暦 新年からスタートした流れと収穫を整理し、来月24日から始まるマヤ暦 新年に備える時期。
4/2〜4/14の13日間は
赤い月(ムールク)
キーワードは、浄化・新しい流れ(=゚ω゚)ノ

【13日間共通】
戦いの相手は他人ではなく、
潜在意識の奥深く潜む「偽りの自己」「エゴ」
新しいことに挑戦し、過去の自分を脱ぎ捨てていこう。

大切なのは、戦いの相手を間違えないこと。

認められたい、褒められたい、いい事やっていい人に見える自分に酔いたい、などなど。

これらはすべて、人からどう見られるかを意識したもの。

誰に何と言われようが思われようが、あなた自身はどうなんですか❓
自分自身に真正面から向き合おう。

結果というのは、表面的にわかりやすい言動ではなく潜在意識にふさわしいものとなるから。

そこをよ〜く意識した上で、目的を定めて挑戦してみよう。
まずはすぐに実行できる、小さなことから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ✨が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)

e0364817_08353491.jpg

# by yuusfuru | 2017-04-01 08:33 | マヤ暦 | Comments(0)

Kin207・音12・青い手(マニーク)×黄色い戦士(キーブ)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
4巡目の 音12
黄色い戦士(キーブ)の13日間・12日目

《青い手⇒知る・癒し・理解・把握》
『音12⇒安定・普遍化』

程度の差こそあれ、誰もが自分の中に持つ「癒されていない部分」

そこを避けて目先の癒しでごまかすのは、医療に例えれば「救急医療」「対症療法」。心の問題でそれをやり過ぎると共依存へと陥る危険性が高い。

まずは自分の心を整理し、その部分を怖がらずに直視しよう。
怖いのは、みようとしないから。実体がわからないものに根本的な対処のしようも無い。

大丈夫。
あなたにも、誰にでも、本来その力はあるから。
思い出して使いこなせているか、忘れているか、
違いは、それだけ。

人はそれぞれ考え方が違い、自分の考えを否定的な先入観で見られたら嫌なのは誰もが同じ。

いろいろな考えを聴いて、共感しなくていい。こういう考えもあるのだと理解して自分に無いものを学び取る姿勢は、必ず相手に伝わるもの。

異質の者同士が繋がり、事をまとめあげ喜びを分かち合う。

「どうすべきか」ではなく「何がしたいか」「何なら出来るか」を心がけ、小さなことから実践を( ´ ▽ ` )ノ

【13日間共通】
戦いの相手は他人ではなく、
潜在意識の奥深く潜む「偽りの自己」「エゴ」
新しいことに挑戦し、過去の自分を脱ぎ捨てていこう。

大切なのは、戦いの相手を間違えないこと。

認められたい、褒められたい、いい事やっていい人に見える自分に酔いたい、などなど。

これらはすべて、人からどう見られるかを意識したもの。

誰に何と言われようが思われようが、あなた自身はどうなんですか❓
自分自身に真正面から向き合おう。

結果というのは、表面的にわかりやすい言動ではなく潜在意識にふさわしいものとなるから。

そこをよ〜く意識した上で、目的を定めて挑戦してみよう。
まずはすぐに実行できる、小さなことから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ✨が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
「キャンディーと流れ星の国」by 娘

e0364817_08272028.jpg

# by yuusfuru | 2017-03-31 08:22 | マヤ暦 | Comments(0)

Kin206・音11・白い世界の橋渡し(キーミー)×黄色い戦士(キーブ)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
4巡目の 音11
黄色い戦士(キーブ)の13日間・11日目

《白い世界の橋渡し⇒死と再生・結び繋ぐ・おもてなし》
『音11⇒不協和音・改革・解放』

マヤ暦では、死は不吉ではなく良いものとされ、死者たちが住む場所には完全な平和と調和があるとされている。

間もなく死んでしまうとしたら、真っ先に何を選ぶ?
その前提があると、今まで「見え」なかった大切なものが「観えて」くるかも。

従来の価値化の「死」=不要なものへの執着を捨て、手放すことは、
再生=新しい境地が開けるキッカケになる。

不協和音は不吉なことではなく、現状を打破したり閉塞状態を突破するために必要なパワー。

変化と浄化が繰り返され、最終的には大事なものだけが残る。

改革は手放すことから始まる。
両手一杯に抱えていては、新しいチャンスはつかめない。

自分の中で、もう古くなった習慣や枠組みを外し、崩壊のプロセスを受け入れることで、新たな受け入れスペースを作っていこう。

【13日間共通】
戦いの相手は他人ではなく、
潜在意識の奥深く潜む「偽りの自己」「エゴ」
新しいことに挑戦し、過去の自分を脱ぎ捨てていこう。

大切なのは、戦いの相手を間違えないこと。

認められたい、褒められたい、いい事やっていい人に見える自分に酔いたい、などなど。

これらはすべて、人からどう見られるかを意識したもの。

誰に何と言われようが思われようが、あなた自身はどうなんですか❓
自分自身に真正面から向き合おう。

結果というのは、表面的にわかりやすい言動ではなく潜在意識にふさわしいものとなるから。

そこをよ〜く意識した上で、目的を定めて挑戦してみよう。
まずはすぐに実行できる、小さなことから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ✨が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)

e0364817_06534569.jpg


# by yuusfuru | 2017-03-30 06:52 | マヤ暦 | Comments(0)