巷に溢れる引き寄せ本。「著者」は実体験の中から感じ取り掴み取り「引き寄せ」た。体験が先。理屈は後。

多くの「読者」は逆。せっかく実体験から「腑に落とす」チャンスが訪れても中々振り切れずに中途半端なところで「傷ついて」諦める。

他人があなたを傷つけるなんてこと、出来っこないのに。

諦める人の共通項。「常識・普通」を真に受け惑わされる。そんなの幻想なのに。でも周りの目は氣になるからイマイチ振り切れない。

捨てられないことが問題ではない。全然捨ててないことにすら氣付いていないのが問題。
捨てたいなあ、と「願って」いることが何よりの証拠。

ホントに捨てると「決めた」なら、「みんなと同じ教の信者」を煙に巻く程度の知恵、いくらでも捻り出せる。
全て捨てるの?って思うから出来ないしそんなの無理。捨てるポイントは個々で違うと思うから見極めが必要。その過程で、考え選び取る力を取り戻す自主練をしていく。

それまでつるんでた人で合わなくなった人は離れていくけど、離れたぶん必ず入ってくる。入れ替わる。ただし一時的に孤独を味わう。もしかしてそれが怖いのかな。だから「みんなと同じ教の信者」ってわたしは表現している。

「常識・普通」怖いのは、知らず知らずにモノを考える力を忘れていくところ。

願いの裏には悩みがある。磁石の両極のように、切っても切れないもの。

引き寄せるってことは、自分は持ってないと思ってるから何処かから貰ってこようとするんだよね。
例えば何か欲しい物がある時、お金出して買うよね。タダで貰おうとする人って品性卑しくなってくるよね。お金を失わない代償とでもいうか。

引き寄せって等価交換なの。必ず対価が必要になる。
それを知らずに無闇やたらに「引き寄せた~い」が危険なの。
無自覚だと、対価になるのは「自分自身」。根源を知らずにスピ系に踏み入りハマり自分を見失うとか、そんな感じかなぁ。

成功法則とかの本とかセミナーとかもさ、ホントにそれで成功するのなら、手を替え品が替わる度に何で延々とみんな買い続けるのかなあ?

誰でも、もともと必要なものは既に持っている。持っていることを忘れてしまっただけ。
モノを考える力を失ったのではなく、忘れてしまっただけ。

だから引き寄せたいだの何だの願う前に考えることは、自分は本当にそれを思い出す覚悟が、意志が、あるのかっていうこと。

「みんなと同じ教」脱退できますか?しないほうが「幸せ」な人だって、居るんだからね。

ただシンプルに。
自分は、どうしたいのか。
それに尽きる、って結論でーす(=゚ω゚)ノ
# by yuusfuru | 2017-06-28 07:03 | 考えていること | Comments(0)

Kin35・音9・青い鷲(メン)×青い手(マニーク)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音9
の13日間・9日目

《青い鷲⇒ビジョン・戦略》
『音9⇒意図の脈動・集中・共鳴』

空高く舞う鷲のように、視点を高く。そこから本質を見抜き戦略を練るには、テーマ・ビジョンを明確に。人や物事のマイナス面に焦点を合わさないよう、自分を心地よく保つ術を知っておく。

今日は、目先のことだけでなく先々も意識。今やっていること、今の自分。どうなりたい?
「グランドデザイン」全体像を明確に描き意識していこう。

その時に大切になってくるのが
「ワクワク ドキドキ」の「子ども心」
子どもは、周りがどう思うかとか自分だけがトクしたいとか、余計な雑念が無く、好きなことにまっしぐら。

多少の逆境は、自分の「好き」具合を試されているだけ。
失望せず希望を抱き続けよう。

それがインスピレーションやひらめきの源となる。流れに乗っていくためにとても大切な姿勢。

【13日間共通】
《青い手⇒癒し・理解・把握》

程度の差こそあれ、誰もが自分の中に持つ「癒されていない部分」

そこを避けて目先の癒しでごまかすのは、医療に例えれば「救急医療」
「対症療法」。心の問題でそれをやり過ぎると共依存へと陥る危険性が高い。

まずは自分の心を整理し、その部分を怖がらずに直視しよう。
怖いのは、みようとしないから。実体がわからないものに根本的な対処のしようも無い。
大丈夫。あなたにも、誰にでも、本来その力はあるから。
思い出して使いこなせているか、忘れているか、
違いは、それだけ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-27 01:22 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin34・音8・白い魔法使い(イーシュ)×青い手(マニーク)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音8
の13日間・8日目

《白い魔法使い⇒受容・魅惑・愛とゆるし》
『音8⇒共鳴・調和的共振』

本当の「愛とゆるし」は、ただ綺麗なだけではない。隠されたもう一方の「極」に目を向けないと、途端に薄っぺらい上辺だけの空疎な言葉と化す
許せない、憎い、その体験は必要不可欠で自然な感情。とことん味わい尽くすまで憎み切らないから不完全燃焼する。
それは憎むことを「悪い」と考えたり、いい人ぶって好かれたかったり、自身の中の怖れや醜さから目をそらすから。
まずはそんな自分を自覚して自分の感情を「ゆるす」ことから。

相手を受け入れる(嫌に感じる部分ではなく好きになれる部分)
寛容な心持ちで物事にあたる。
問題は環境や外ではなく自分自身にある。

【13日間共通】
《青い手⇒癒し・理解・把握》

程度の差こそあれ、誰もが自分の中に持つ「癒されていない部分」

そこを避けて目先の癒しでごまかすのは、医療に例えれば「救急医療」
「対症療法」。心の問題でそれをやり過ぎると共依存へと陥る危険性が高い。

まずは自分の心を整理し、その部分を怖がらずに直視しよう。
怖いのは、みようとしないから。実体がわからないものに根本的な対処のしようも無い。
大丈夫。あなたにも、誰にでも、本来その力はあるから。
思い出して使いこなせているか、忘れているか、
違いは、それだけ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-26 12:51 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin33・音7・赤い空歩く人(ベン)×青い手(マニーク)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音7
の13日間・7日目

《赤い空歩く人⇒成長の手助け・教える・ボランティア》
『音7⇒神秘の力・調律』

人との関わりで不安を感じることがあるなら、思い切って輪に飛び込み、奉仕の精神で周囲を明るくし照らすような言動を。

気をつけることは、相手を思うあまり手を出しすぎないように。
相手の自立を奪い依存を生み出すことになりかねない。

相手を助けたい思いに、自分が尊敬されたいとか、自分が思う正しさに固執していたりなどの動機が隠されていないかチェック。
やりすぎ注意。手を出しすぎずに見守ろう。

本当の自分は、外に探しにいくものではなく、本来持っているものを思い出すもの。いろいろな原因で、自ら封印して忘れているだけ。

常識や他人の思惑を外した、自分自身だけの真ん中「ニュートラル」を意識しよう。

【13日間共通】
《青い手⇒癒し・理解・把握》

程度の差こそあれ、誰もが自分の中に持つ「癒されていない部分」

そこを避けて目先の癒しでごまかすのは、医療に例えれば「救急医療」
「対症療法」。心の問題でそれをやり過ぎると共依存へと陥る危険性が高い。

まずは自分の心を整理し、その部分を怖がらずに直視しよう。
怖いのは、みようとしないから。実体がわからないものに根本的な対処のしようも無い。
大丈夫。あなたにも、誰にでも、本来その力はあるから。
思い出して使いこなせているか、忘れているか、
違いは、それだけ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-25 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)

知らなければ良かったかなあ。
そうしたら「みんなと同じ」で淋しくなくて、共感し一緒に涙して、刹那の一体感を味わうことが叶ったのに。

つい1年ほど前までは、そんなふうに思っていた。
わたしが知っているのと同じジャンルのことを知っている人が周りに誰一人いなかったから。

最初に知ったのは2013年6月。

その時すでに養父は抗がん剤治療を6年近く続けていた。新しいお薬が認可されたんだ。先生から聞いて早速試してみることにしたよ!
そう嬉しそうに語る両親には、「良かったね」としか言えなかった。

2013年10月に養父は亡くなった。
初期の胃ガンで胃を全摘出して以来6年近く抗がん剤治療を続けていた。
亡くなる3日前まで普段と変わらない生活を、最後まで人間らしい「生命」を全うできたのは、今思えば奇跡。

知った者が辿る道筋の常として。
身内や身近に伝えキチガイ扱いされて懲り懲りし、ネットのドツボにハマり、現実を知らない頭でっかちになっていく。

医療を全て否定はしていない。
交通事故や骨折・火傷などの外傷には必要不可欠だし、
胆石持ちの夫は、救急医療のおかげで今まで少なくとも4回命拾いしている。

それでもどこかで「医療なんて」と思い、単に自分だけの正解として選んだ答えを唯一絶対の正義と思い上がり、ロクに調べようともしない周りの人々を内心蔑んでいた。

しかしその後、自身の偏りを思い知らされる体験を次々と重ねた。

この件がキッカケで食生活を見直すようになり、食の安全を伝えるボランティアのような活動を2年間やってみた。
たとえどんなに正論であろうとも、他者をコントロールしようと試みる愚かしさに氣付いた。

夫には一通り伝えたが、
「酒とタバコが無いと俺は死んじまう」
「俺は昔から腹一杯じゃなきゃ寝れないんだ」
「男なんて若いうちカッコ良きゃいい」
(=服のサイズ5Lの夫、ダイエット拒否宣言)

この3点は遂に譲らず。

その代わりわたしのこともコントロールしてこないのが夫のいいところ。

食に関して、上記の点以外はほぼ全てわたしの好きにさせてくれる。それだけで充分結構。
相手に氣付かれず「身体にいいこと」が出来るように、自分が賢くなればいいだけのこと。

西洋医学の観点からみれば健康リスク特大レベルの夫。
しかしその方面においての ”常識” を捨てた今となっては、いつ病気になるかという不安からも解放された。
病気に対する概念が変わったから。

人間いつ死ぬかわからないくらい、それまでの色んな経験で多くの人がわかっている。わたしもそう。その体験をどのように解釈するかは人によって違うけれども。

「ああ良かった!今朝も息してるぅ♡」
毎朝目覚めるたびにわたしは奇跡を体験できる。
夜は「フツーに」生きて帰って来てくれるだけで有り難い。
それは、知ったから。そして常識を捨てたから。非常識を選んだから。

最近になって「同志」と繋がる機会も増え、以前より孤独を感じることが格段に減った。

「知って良かった」と思えるようになって、良かったなあ。
そう思う。
# by yuusfuru | 2017-06-25 00:24 | 考えていること | Comments(0)