紋章の組合せ自体は ”普通” (黒Kinではなく、全部同じ色などの目立った特徴がないという意味)なのに、人生年表を作成すると一目瞭然で「波瀾万丈」。そのようなケースもあります。

今年2月の、かさこ塾で知り合った同期生、中国伝統風水師の華月ゆりさん。2月にモニター様として、そしてつい最近「人生の13年サイクル0〜80歳」鑑定をお受けいただきました。
ご本人の了承をいただき、鑑定例として掲載いたします。

「紋章」や「音」では、生まれ持った個性や能力がわかります。
以下の表は今年2月に作成したものです。
モニター時代なので今の鑑定表とは形式が異なります。
e0364817_12210445.jpg

仕事に対するプロ意識や美意識(黄色い星)、思い定めたことを貪欲に学び続ける姿勢(赤い蛇)、分け隔てなく誰とでもにこやかに接する姿勢(黄色い太陽)
これらは紋章に現れています。

現れていたのですが、
彼女の波瀾万丈の半生をほんの少し伺い知っていたわたしとしては
(塾の課題では ”自分の人生の棚卸し”をするので 、ついでにFBやブログで公表している塾生もいる)

「あれ?確かに当てはまるけど、、これだけ…?」

てっきり「黒Kin」かと。
黒Kinとはこの表で黒く塗り潰されているKinのことです。
e0364817_12214895.jpg

周りに及ぼす影響力が強い紋章なので、マヤ暦では「波瀾万丈」の象徴のような位置付けなのです。

当時はマヤ暦学び始めわずか3ヶ月、モニターさま募集し始めたばかりだったので、何故「これだけ…?」なのかは全くわからず、モヤっと感が残りました。

鑑定力を鍛えるには、実践でしか得られない、この「モヤっと感」がとても大切です。

その後、つい最近「人生年表」の鑑定表を作成している最中に判明したのです。
以下の表
右端の「出来事」の欄に書かれている
「黒Kin・角Kin・極性Kin・絶対拡張Kin」にご注目ください。
e0364817_12221569.jpg

e0364817_12221729.jpg

これらは、わかりやすく言うと
「重要な出来事が起こりやすい年」
「その時は苦労にしか思えない事でも、後々の糧になる体験をする年」

これがどれだけ巡ってくるかは人により違います。
ゆりさんの場合、人並外れて多い!
まるで「波瀾万丈」のモデルケースのような年表です。
このような場合、親などが、守ろうとしてレールに乗せて安定路線を歩ませようとすると、かえって本人が窮屈さ・退屈さを感じて反発したくなります。

逆にこれらがほとんど巡ってこない方は、いわゆる「人並み」「ほどほど」が幸せを見いだす鍵となります。

育ちや環境などの影響で抑圧が強い人の場合、自分の性質とは逆のことを望みがちな傾向にあります。

隣の芝生は青く見えるのが世の常・人の常ですが、平穏無事に、足並み揃えて和やかに穏やかに生きることが出来るというのも立派な才能だとわたしは思います。

自分の性質を把握するのはとても重要です。
わたし自身、つい1年ほど前まで、平穏無事で絶対数が多くて楽しそうに見えた「みんなと同じ」に混ざりたくてたまらなくて、散々足掻き倒しました。

マヤ暦での自分の性質を知ったことで、今まで劣等感でしかなかった自分の個性をスンナリ認めてとてもラクになることができました。

さて今回ようやく、モニター時代に感じた「モヤっと感」ようやく解消!腑に落ちました。
ご本人に確認すると、やはり至るところで符合するとのこと。

さらに、
風水師という仕事上、ご自身が使っている四柱推命。
その運勢をマヤ暦の年表に書き加えて、さらに納得いただけたようです。

色々ありすぎて全ては書ききれませんが、
年表の2023年誕生日から1年間。

マヤ暦で「絶対拡張Kin、極性Kin」
四柱推命で「空亡」(=大殺界)

ゆりさんいわく、
「空亡ブレイク」というのがあるそうで。
同じブレイクでも他の時期とはスケールが全く違うとのことです。
さらに別の占術でも似たことを言われたそうで、

やはり占術、特に「命術」(生年月日で内容が決まる占術)はリンクする‼️を改めて実感しました。

最後に。
年表の「紋章(顕)」「紋章(潜)」
全20種類ある紋章ごとのキーワードはこちら。
e0364817_12243107.jpg

例えばゆりさんの今年の年回りは
「赤い蛇」「青い鷲」

本能と情熱の赴くまま。
でもビジョンも大事。俯瞰を心掛ける。
感情のコントロールが鍵。プラス面に目を向ける。
これはわたしの解釈ですが、

ご本人でキーワードをもとに考えて決めていくことが大切です。
人生の重要な決断。判断材料や指針になるものを持っていると、余計な迷いが減り、人生の歯車の廻り具合が加速します。「流れに乗れる」というやつです。

自分の思い込みに囚われ、川の流れに逆らい泳ぐような方向はどういうことかを自覚しやすくなり、不毛な努力を自ら気づいて防ぐための、とても便利な道具として活用できます。

何より大切な自分の人生。
誰かや何かの体制などに頼って助手席に座るのではなく、
自分でハンドルを握って、自分の思う方向へ進んでいきたい方に、マヤ暦は最適です。

紋章と年表。
併せて見ることでより一層色々なことに気づきます。
なので新コースを設けました。
従来のメニューをくっつけただけですが、最も多いオーダーがこの2つの組合せでした。

10月の予定アップしました。
今月より「zoom」を使った遠隔でもお受けしております。
気になる方、以下を参照いただき、ぜひお問合せください。

☆詳細☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

10月14日(土)10:00~18:00「自由が丘癒しのフェスタ」出展します。入場無料。
https://peraichi.com/landing_pages/view/jiyugaoka


# by yuusfuru | 2017-10-01 12:19 | セッション・鑑定 | Comments(0)

それに伴いメニューも今月中に修正します。
超絶IT音痴のわたしでも使える、とても簡単なwebソフトです。
今日はその「zoom」を使った、
web上の顧客管理システム「リザーブストック」の学習会に参加しました。
こちらはまだまだ使いこなせそうにないですが、今年中を目標に導入できるといいなと思っています。

あ、それとは別に「お問い合わせフォーム」も。
自分ひとりでは永遠に不可能なことも、教えてくれる人がいたからこそ一歩を踏み出せました。

いくら苦手でも何か目的がありさえすれば、実務的に使えるレベルまでは覚えることができると思う。経験上。

ちなみにわたし、2014年4月にwordの本を買って練習するレベルでした。
フォントの変え方がわからなくてw

これでも2007年にCAD(製図ソフト)の資格取ってCADオペレーターとして働いたことあるんですが何故でしょう…
まぁ要は習えば覚えられるんです。
興味無いことは別の目的と結び付けた上、誰かに習わないと覚えられないんですーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

その時も、使えるようになりたい明確な目的が先にありました。
それから思えばずいぶん進化したじゃな〜いワタクシ。

宣言することで自分にハッパかけまぁす(=゚ω゚)ノ

# by yuusfuru | 2017-09-27 22:35 | セッション・鑑定 | Comments(0)

モノの価値を測る基準を自分自身の中に持っていないということだから。

これは付け焼き刃で目先の知識を仕入れた位じゃどうにもできない。
知識や情報を咀嚼して取り込む「考える力」が衰えていると。
ネットが普及してから、情報の量も質もケタ違いに増え、流れも速くなり、自分の知りたい全てを精査するのは不可能。

もちろん知りたいことに対して、ある程度最低限の情報は必要。
しかしある段階を過ぎると、情報量と考える力はあまり関係なくなってくる。
要は、いくら物知りさんでも自分の頭で考えられない人も居るということ。
わたしも含め多くの人の通過点「情報の奴隷」というやつ。

通過できる人も居るし、皆と違うのが怖くて留まり続ける人も居る。そのほうがラクだから。
穴だらけの薄氷の上を皆で連なって目隠しで歩いているようなもの。でも数の正義。中に居る限りはその怖さに気付かない。
「普通・常識の奴隷」ともいえるわな。

わたしの場合、昔2年間やった食のボランティア界隈でこういうケースを大量に見てきた。
でもこういう無自覚な同調圧力のおかげで自分の本当に望む道に進む原動力を得られたんだから、決して「悪い」ことでもなかった。むしろ激烈さんきゅーと思ってる。

金額でしか価値を測れないというと、食品業界もそうだよね。
消費者様が安さ便利さばかり求め続けた結果がコレだという自覚無しに騒ぎ立てる偽装糾弾や農薬添加物氏ね氏ね系の主張ほど滑稽なものは無い。

そして考える力が弱いというのは全てに波及する。
具体例を出そう。

母が昨夏難病宣告され、その性質上、延命措置を希望しない旨の意思表示カードを同意の元で作り本人に携帯させ、かかりつけ医・病院にも伝えた。

後に意識不明でその病院に入院した際、回復の見込まれない状況で経管栄養を勧めてきた。
その際の医師の説明が、何の知識も無ければきっと同意するだろうなーという言い方。

もちろん拒否したが。

まあ医療従事者はお国や製薬会社の作ったガイドラインに従うよう教育を受けているのだから、現場の人々に罪は無い。


2014年から相続税法が変わり、基礎控除が4割減った。ちょっと地価の高い場所に家があり預貯金や相続人の数によっては、全然金持ちでもない一般庶民が課税対象になる時代。

2013年に養父の1次相続、今年2月22日に発生した母の2次相続。
1度目でかなり色んな意味で勉強したおかげで、今回はかなり賢い選択が出来た。

相続の場合は食や医療に比べてダイレクトだよ。
自ら調べ考え選び取る姿勢の無い人はぼったくられる一方。

「水と安全はタダ」と言われたのは遥か遠い昔のこと。
考え選び取る力が衰えた人が多いのは、なーんも考えず、みーんな同じで安泰だった時代の名残り。

普段から色々考えて、うっかり「みんなと同じ教の信者」に無防備に漏らして神経質扱いされたことはムカついたけど、
今は自分が心地好い環境に棲み替えることが出来たからなーんも問題ない。

安全は、教えてもらうのを口開けて待ってるものじゃなく、自ら望んで選ぶもの。

それが自分の人生に責任を持つということだと、わたしは考えている。

# by yuusfuru | 2017-09-27 00:33 | 考えていること | Comments(0)

それ自体、幻想のようなものだけど。
そもそもわかり合える合えないって何よ?ってのは置いといて。
わかり合えない人との出会いのほうが、
自分を成長させるキッカケになることが多い。
最初は良くても後からズレてきて結局離れたのも含めて。

わたしの場合はね。

この世界で、動いていないものは無い。
水は流れが止まると淀む。

人の気持ちも動く。お互いに、ね。

その流れに逆らおうとすると、
苦しい。悲しい。怒り。許せん。
わかってほしい。わかり合えるはずだ。
だってあの時はあんなに。。。

途中から噛み合わなくなった時のほうがキツいかもね。

うん。
あの時は、あの時。
わたしに必要だったから出会った。

もう、あの時とは違うんだ。
お互いの道を歩いていこう。
歯ぎしりするほどの苦悩を経て
そう吹っ切れた瞬間の、何とも言えない清々しさ。

移ろい流れ動いていく形無いものを
自分の望みどおりに動かそうと散々足掻き倒す。

それに気付くまで、形を変え、相手を変え、
何度でも何度でも降りかかる。

「そのパターン」が来なくなった、
「あれ?パターン変わった?」って時が、
「腑に落とせた」「ゲームの1段階をクリアできた」
ってことかなと思う。

清も濁も、酸いも甘いも、光も影も
両極入り混じった美しいマーブル模様も。
どれが欠けても成立しないのよ。

気に入った、扱いやすいキャラばかりのゲームがあるとすれば、
たぶん、てかぜったい超絶つまらんよね。

そういう意味で、わたし毎日オモロい。飽きないわあ。
自分の信条と違うことや人ほど。分析しててホント飽きないわ。

わたしの場合、それが自分の仕事に直接活かせる
(=占いやセッションの読み解き)。

一石何鳥よ❓❗️
ちょーラッキーじゃーん
なーんて思ったりなんかして。



# by yuusfuru | 2017-09-25 14:52 | 考えていること | Comments(0)

例えば、

①生活かかってる仕事を辞めるか続けるか。
→知らんがな。

②AさんとBさん、どちらと結婚したら「幸せになれるか」
→知らんがな。

③恋人と結婚していいかしないほうがいいか。離婚も同様。
→知らんがな。てか好きにせい。

って言っちゃー身も蓋も無いのでもちろん言わないが。

でもさあ。

辞めろと言われれば辞めるの?
Bさんがいいよと言われればその通りにするの?
結婚は諦めろと言われれば辞めるの?

そんなことないよね。大抵は。
どちらがいいか「当てる」のではなく、お客様の「無自覚な本音」を探るのも、わたしの仕事。

マヤ暦は吉凶の概念が無く、全ては自分の内面世界の反映=自分の捉え方次第。

なので

①辞めるならばどんな仕事に適性があるか。
続けるならば、生まれ持った個性に沿った、具体的な方向性の転換について。

②③AさんやBさんや恋人・伴侶など、「相性」にも、マヤ暦は吉凶が無い。
似た者同士か、正反対の視点を学び合う関係か、などなど。
吉凶より、本人の好き嫌いのほうが余程「相性」を左右する。逆に、人の「好き嫌い」自体と「相性」は関係無いこともある。
本人の精神的成熟度にもよる。

わたしは、常日頃から発信しているブログの内容的にもこういったお客様がいらしたことは今まで無いけど。

占いやスピリチュアルとは、自分で決めなきゃいけないことを代わりに決めてくれるものではない。

ただ、決めて欲しい人も居る。
だとすれば需給のバランス、市場原理からも、
決めてあげることが「的中率」だとか「お客様の悩みを解決する」ことだと思っている占者とはベストマッチ。

この世界に、万人共通・唯一絶対の「正解」など存在しない。

どうやら、占術界には、当ててナンボという世界もあるのでしょうね。
ヨソ様のことは、ソッとしとけばいい。

ただ、最終決断を代行しちゃうとね。
お相手の精神的成熟度合いによってはこっちまで危険が及ぶ場合もあるよ。

上手くいかなかった場合、自分が決めたことでなければ、決めた人のせいに出来るから。

わたしの提供するメニューでは、判断材料を様々な角度から提案・解説します。最終決断はお客様ご自身にお任せします。

自分の人生に責任を持つというのはそういうことであると、わたしは考えているからです。

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

10月14日(土)10:00~18:00「自由が丘癒しのフェスタ」出展します。入場無料。
https://peraichi.com/landing_pages/view/jiyugaoka

# by yuusfuru | 2017-09-24 23:09 | 考えていること | Comments(0)