Kin11・音11・青い猿(チューエン)×赤い竜(イーミッシュ)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
1巡目の 音11
赤い竜(イーミッシュ)の13日間・11日目

《青い猿⇒知性・ユーモア・視点の転換》
『音11⇒葛藤・解放・改革』

深刻になるよりゲームをクリアしてやる!くらいな感覚で取り組めばひらめきが生まれるかも。
葛藤は、古く・不要になったものをそぎ落とし、改革・現状打破の力に変える。

【13日間共通】
赤い竜(イーミッシュ)
誕生・慈愛・母性・生命力・行動力

辿り着くまでの過程として
他者との比較や自己卑下・自己犠牲(⇒ゆがみ・ひずみ=存在の否定)の側面も。

他人との比較ではない自分の価値を知るための経験。

自分から行動を起こし切り拓く。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-03 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin10・音10・白い犬(オク)×赤い竜(イーミッシュ)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
1巡目の 音10
赤い竜(イーミッシュ)の13日間・10日目

《白い犬⇒家族愛・誠実・忠実》
『音10⇒プロデュース・顕現』

人との関わり、信頼できる人との関わりは自分を変える力になる。直感に忠実に。
自分の思考の根底にあるものは何か、何がしたいのか。その上で固執せず人と人との調整役を。
ひとりよりたくさんの力を結集して、より大きな成果につなげる。

【13日間共通】
赤い竜(イーミッシュ)
誕生・慈愛・母性・生命力・行動力

辿り着くまでの過程として
他者との比較や自己卑下・自己犠牲(⇒ゆがみ・ひずみ=存在の否定)の側面も。

他人との比較ではない自分の価値を知るための経験。

自分から行動を起こし切り拓く。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-02 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)

「占い」は、それが発祥した遥か昔と現代とでは、扱い方や、使い手・受け手の捉え方などあらゆる面で大きな違いがあります。

かさこ塾 同期のグロリアさんの西洋占星術の先生、ほしよみゆきさん。ルーン占いも教えていらっしゃいます。
以前に鑑定を受けたこともあるので、全く知らないルーン占いの世界にも思い切り良く飛び込むことが出来ました。
めちゃくちゃ面白かった❗️
e0364817_09143304.jpg

e0364817_09143310.jpg


今わたしがやっている「マヤ暦」は吉凶の概念が無いものです。
ルーンは割とハッキリしている部類です。
吉凶のメリハリが明確なのも大好物なんですよね(o^^o)

結局、単に切り口が違うだけ。どちらの世界観も、わたしにとってはとても魅力的で、ルーンも初っ端から大好きになりました💕💕

占いは「道具」なので、本来の性能を存分に発揮する使い方が出来るかは使い手の力量次第。

最初のうちはまるで、超ハイスペックな最上級モデルのパソコンをPC初心者が与えられたような状態。
誰でも最初は初心者。それ自体はよくも悪くもないのですが。

未熟ゆえ、浅いお遊び感覚・当て物程度の力しか引き出せないのはまだマシで
文字が本来持つ底知れぬパワーを知らずに安易に扱うと、場合によっては危険ですらあるかも。なぜならば。

ルーン占いは、ルーン文字それ自体が力を持つとされており、主に近未来の予測や危険回避の目的で使うと効果を発揮します。
他にも、お守りやヒーリング的な使い方も出来ます。

しかし一方で、かつて呪詛などの悪意を込めた使い方をされたこともあります。
力のある物や者を悪用しようとする輩はいつの時代もどんな分野でも必ず居るのが世の常人の常ですからね。

ルーン占いの概念の一つとして、何かを得るには必ず対価が発生する、という考え方があります。
わかりやすく言えば「人を呪わば穴ふたつ」ということです。

なので知らずに危険な使い方をしてしまわないために、その根源的な部分を最初にしっかり知っておくことがとても重要になるとわたしは考えています。

文字自体が力を持つという意味では日本の「言靈(ことだま)」や「ヲシテ文字」などと似ています。
あーここの解説は割愛します。氣になる方はどうぞググって。

占いには吉凶のあるものと無いものがあります。一概にどちらが良い悪いではなく使い手・受け手の好みや占いたい内容により向き不向きがあり、それぞれの好みで選べばいいだけのことです。

ルーン占いは吉凶ハッキリ出ます。吉凶ハッキリ派のいい所は、解決策もハッキリ提示できる点です。
しかしあくまでも「道具」ですので、それをどう捉えるかどう活用するかは人間次第。

そして最終的に最も大切になってくるのが「読み解き」です。これが無いと、それこそ現代の一般的通念通りの「お遊び感覚の占い」になります。

もちろんそういう楽しみ方もありますし、占いが無くても大丈夫な人向けの娯楽としても、使い方は自由。受け手側の要望に合わせ、使い手側が臨機応変に伝えていけばいい。

要は、単なる「道具」に主体である人間が振り回されなければいいだけのこと。

今回ルーン占いを教えてくださった、ほしよみゆきさんは、ルーン文字が「占い」として日本で使われ始めた初期、1990年頃よりずっと研究をされてきた方です。

65ページにも及ぶ分厚いオリジナルテキストを、ほとんど見ずに流暢に、心から楽しそうに話す姿は、ただひたすら圧巻です∑(゚Д゚)❗️

テンポ良く次々と展開する講義に惹き込まれ、あっという間の4時間でした(o^^o)

講座を受けただけのズブの初心者がモニター様を取れる程に成長するための手段として、1人でも「自主練」が出来るのも、ルーン占いのいいところ❤️これは他のタロットなどのカードにも言えることですね。

これからブログにも、使い方や読み解きの「自主練レポ」度々アップすることといたしますo(^▽^)o

宣伝にもなるし、記事は告知の時とか色々使い回せるし。なんてことも考えつつ。

そのうちアップするからよろしければ読んでね〜〜(=゚ω゚)ノ💕
# by yuusfuru | 2017-06-01 09:04 | Comments(0)

Kin9・音9・赤い月×赤い竜(イーミッシュ)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
1巡目の 音9
赤い竜(イーミッシュ)の13日間・9日目

《赤い月⇒過去の浄化・新しい流れ》
『音9⇒意図の脈動・集中・共鳴』

「怖れを手放す」と、頭だけで考えるのは簡単。囚われる原因は「無自覚」
意外に難しいのが、自分は何に・どんな時に怖れを感じるのか自覚すること。まずはそこから。
遊び心。自分が心から喜ぶことを選ぶ。

【13日間共通】
赤い竜(イーミッシュ)
誕生・慈愛・母性・生命力・行動力

辿り着くまでの過程として
他者との比較や自己卑下・自己犠牲(⇒ゆがみ・ひずみ=存在の否定)の側面も。

他人との比較ではない自分の価値を知るための経験。

自分から行動を起こし切り拓く。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-01 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin8・音8・黄色い星(ラマト)×赤い竜(イーミッシュ)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
1巡目の 音8
赤い竜(イーミッシュ)の13日間・8日目

《黄色い星⇒美と調和》
『音8⇒共鳴・調和的共振』

物質面だけでなく精神面でも美しい調和を意識。
相手を受け入れる(嫌に感じる部分ではなく好きになれる部分)
寛容な心持ちで物事にあたる。
問題は環境や外ではなく自分自身にある。

【13日間共通】
赤い竜(イーミッシュ)
誕生・慈愛・母性・生命力・行動力

辿り着くまでの過程として
他者との比較や自己卑下・自己犠牲(⇒ゆがみ・ひずみ=存在の否定)の側面も。

他人との比較ではない自分の価値を知るための経験。

自分から行動を起こし切り拓く。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-05-31 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)