初出荷 & 初セッション

本日
わたしの初めてのお客様 2名さま
ありがとうございます(^∇^)

初出荷(o^^o)

e0364817_22304446.jpg



e0364817_22304592.jpg


初セッション(o^^o)

初めましての方を含む集まりの中、ご本人了解のもと公開セッションです。

上っ面の 1〜2枚下くらいのお話を一度したことがあり、その感性を好ましいなあと思っていた方ですのでラッキーでしたo(^▽^)o

初セッションだというのに、いえ、だからこそか?!
酒を呑みながらリラックスリラックス…♪

e0364817_23101801.jpg


あ、今回は例外的なケースですよ!初っ端から(^^;; まあ、幸先の良いスタートを切れたということで(^ ^)

この実体験を終えた後。
理屈のお勉強だけでは絶対たどり着けなかった事だと、やってみたからこそわかりました。

なーんか理詰めでツラツラと書き連ねる心境では無いのです。今夜は。

なのでここに写っている内容のご説明はいずれまたの機会にいたしま〜す(=゚ω゚)ノ

e0364817_22304699.jpg


その人が普段誰にも見せずに、大切に意識の奥深くしまっているものを掘り当てることもあります。

今日はそのような展開でした。
みせてくれてありがとう。
心から思います。

なにもわたしに本音を無理矢理晒さなきゃいけないとか晒すまで問い詰めるとかいうことでは無いですよ(^^;;

わたしが一方的にアドバイスを与えるものでもありません。

相性もあります。別の人が相手なら全く違う流れになるでしょう。

わたしではなく、人様の大切な ”リアル” が主役なのですから。

ひたすら耳を傾け、ほんのひと時擬似体験をさせてもらうことでわたし自身の気付きにも繋がります。

マニュアル無しの一発勝負くらいの心構えでこれからも挑みます( ^ω^ )
# by yuusfuru | 2017-01-11 22:33 | Comments(0)

わたしが好きなこと。
*綺麗なものをつくりだすこと
*マヤ暦
*食

なぜ ”yuu's FURU” か?
一言でいうと、わたしの中の数少ない ”多数派” の要素を前面に出せる分野だから。

どの分野にも ”多数派” というものが存在します。

「7:2:1の法則」きいたことがあるでしょうか?

ザックリ言うと、多数派は何処へ行っても多数派。
それで全体のバランスが取れるように出来ています。

わたしの性質面から言うと、やや ”少数派” の要素が多いようです。
興味に任せ深掘りした結果、周りの誰一人としてついてこれない域に迷い込みがち(^^;;(^^;;(^^;;

マヤ暦で読み解くと、思い定めたことに関しては自分なりの極限まで行き着いて初めてバランスの取り方を体得出来る性質なのです。

食に関しては2年間のとある経験でハッキリしました。
”軸足” はココじゃない。

マヤ暦はまだ始めたばかりですが、何というか似たニオイを感じるんですよね~(^^;;
これから経験を積むうちにもう少しハッキリしてくると思います。

e0364817_22205978.jpg

# by yuusfuru | 2017-01-10 22:22 | 考えていること | Comments(0)

わたしが綺麗なものを作り出すのが大好きな理由。

中学生の頃、髪の結び目に綺麗なリボンを付けていった時、クラスの男子に言われた言葉です。
『ブスが色気づきやがって』ですってw

もしもわたしが超絶美人でスタイル抜群だったなら。
自分の気に入ったものが何でもスンナリ似合っていれば、
センスを磨こうなんて絶対に思わなかったでしょう。

あらゆるコンプレックスは宝の山です。
扱い方次第で可能性は無限大です。

顔やスタイルを少しでも良く見せるため・その他諸々のコンプレックスも和らげるために、物心ともに色んな意味でかなりの投資をしてきました。
傍から見て大した違いなど無いと勿論わかっているんです(^^;;
が、そっち方面に向いちまったもんですから。しゃーないです。そうせずにはいられない衝動と常に共にありました。。。(^^;;(^^;;(^^;;

わたしの場合、一度焦点がバッチリ合ってしまったものに関しては自分なりの ”極” まで振り切り行き着いた上に散々あがいたあげく、やっと程良い加減にバランスを取れるようになる傾向があります。

容姿に関しては、10年前に結婚して晴れて「選ばれる性」としての「女のステージ」から降りることが出来てかなりの解放感を味わい、だいぶ和らぎました。
お母ちゃんとしての地位が確立してからはもう不動の安定感ですねw

このテーマとは関係ないですが、精神面のコンプレックスに関してもここ半年ほどはあらゆる意味合いでようやく ”程良い” 頃合いになってきました( ^ω^ )

写真は2ヶ月位前につくった10年以上ぶりのハンドメイド作品♡
細かい部分の仕上げ等、売り物にはならないレベルですが、自分で使う分には問題無し。小さなバッグに付けて使っています✨✨

e0364817_22002874.jpg


# by yuusfuru | 2017-01-09 22:00 | 考えていること | Comments(0)

そうそう、先程思いついたのですが、
今現在特に悩みのないかたでもセッションを受ける意義は充分にあります。
興味があればぜひモニター様にご応募を( ^ω^ )
モニター価格500円は限定20名様ですよ〜(=゚ω゚)ノ

今回は、昨年のわたしの体験談をふたつ。

今までセッションと呼ばれるものを受けたのはこの2回きり。
どちらも、今マヤ暦を習っているかたから受けたものです。

ひとつは、色んな絵柄の書かれたカード??のようなものを使い。

次が、マヤ暦のセッション。

それまで、巷で ”スピリチュアル” と括られる世界に興味はありましたがセッションを受けようとは思いませんでしたし、そういうものがあることすらも知らず。
何だかよくわからない世界、そんな印象でした。

ではそんなわたしが何故セッションを受け、しかも自分が使う側になろうとまで思うに至ったのか。

以下、わたしの初体験談ふたつ。
わたしの過去のFacebook投稿より抜粋・転載いたします。

*********

【2016年7月20日】(カードのほう)
未知の領域
新しい出逢い
新しい発見

今まで敢えて踏み込まなかった分野。

発信しているご本人がどうこうというよりは、
色んな人々の色んな思惑が渦巻く中、
意図的に作り上げられた、
イメージと、ブーム。
それに群がり縋り盲信する人々。

それがちょっとこわかった。

江原ナントカさんとか、
斎藤一人さんとか、
本くらいなら読んだことあるし、好きだけど。

だから
今日の一歩は、
私にしては結構ドキドキだったのよね〜。

だから
この分野に限っては!!
最初の一歩は、FBでフォロワー4桁とかの
カリスマ”先生”よりかは
”顔の見える関係”が、
わたし的必須条件だったの。

【2016年8月18日】(マヤ暦のほう)
特にっ♪
上辺ばかりで当たり障りのない。
時に
”本音で行こうぜポーズ” を織り交ぜつつも
場の空気や ”和” を保つことが
最重要事項である
その類の人付き合い比率が
最近高くなってきてちょっと疲れたとか。
物事の本質的なものに興味を惹かれるけど
お友達とはそういう話は出来ないとか。
そういったかたにはピッタリよ!

巷のいわゆる占いやスピと
一括りにされがちだけど
これの ”本質” は案外
他力本願ではないところが、わたしは好き。

生年月日から割り出し
大まかに260種類に分類されるもの。
細かい組み合わせは
無限というほどあると思うけど。
自分の本質と
それに沿った、自分を活かすみち。
「マヤ暦」という暦の新暦・旧暦を使い
その象徴となるしるしのキーワードから
自身の内面に深く深く潜っていき、
読み解いて、道標を見いだして、
本質に逆らわない、ラクな生き方に
シフトしていきましょうね、
自分のチカラでね。
というようなもの。

新・旧あわせて、誰にでも6つのしるしがあり
新暦だけなら無料ネット占いで
ホンのさわりの部分だけ
調べることができるよ。
番号の一覧表みたいなのがあり
性質ごとに4色に色分けされ
四隅が「角KIN」。260分の4の比率。

昔から時々、雑誌の色んな占い記事を
ミーハー気分で眺めるけど
自分がこのような
”レアもの” に分類されたのは初めて。

で、この「角KIN」。
わかりやすく一言で表現すると
「天才と狂気は紙一重」ってやつ。
自分が天才だって言いたいんじゃなく
振り幅極端過ぎて常人には理解不能ってこと。

それがわかって
わたし何だか逆に凄く安心しちゃってさ。

な〜〜んだ!
わたしやっぱりヘンなヤツだったんじゃん!
やはりワタシの感覚に狂いは無かった!と、
妙な自信が。

いやコレ
ハタからはまるで意味わからんでしょうがw

今まで、
誰からも本質のひとかけらすら理解されない
それは実はわたしがもつ性質上
当たり前のことだったんだとわかった
妙な安心感を感じてるのよね。

両極の暗いほうを限界ギリギリまで
極めたところでクルリ大反転したのが
今から約3年前。
人生で初めて
自分を解放したての2年あまりは
集団の中の常識で
わたしを測ってくる人々に反発して
要らぬ恨みや反発を沢山買った。

アナタ真面目ね。
神経質ね。
コダワってるのね。
そんな気にしないで。
もっと自信もって。
楽しくね。

真面目?
神経質?
こだわり?
楽しく?

はァ???

世間一般で
皆が何となく共有している言葉の定義付けは
フッと息吹き掛けたら
ピラッと飛んでっちゃうくらい、薄っぺら。
人それぞれ、ポイントが違うだけで
誰もがそんな一面があるのに。
なんでわたしばっかり。って思ってた。

開き直るわけじゃないが
されるがままだった
無力な自分から脱却するために
どーしても必要だったステップ。

その節に御協力いただいた皆さま
ほんとありがとね。

”敵” 比率ハンパない上昇率のなか、
ほんの数名、
僅かながらも通じ合えた部分が
とても嬉しかった。
これでこそ
自分を解放した甲斐があるというもの。

そんなこんなを経た今となっては
ますますどーでもよくなってきた♪♪

だってわたしは「角KIN」だも〜〜ん♪♪
それが本来の姿だったんだ。

そうやって、突き抜けるキッカケ、
あるいは決定打にでもなれば、
そう悪いもんでもないんじゃない?

中でも感覚にピッタリハマったのが

上空から俯瞰で見渡せる鷲が、
スズメちゃん達の和やかで穏やかな集団の中
たった1羽混じってるようなもん。

これ!これだよ!!

もう普通ぶる必要なんか、ないんだ。
普通なんて、実体のない
世間の何となくの共通認識としての
すんごいスケールのデカい、幻想。

約3年前の大転機のあと
わたしが選んで歩いてきた道は
自分の本質に逆らってるものじゃなかったか。

迷った時もあったけど、それを知りたい時は
自身を取り巻く環境をみてみればいいと
最近気づいて、ますますラクになった。

人付き合いは相変わらず不器用だけど
学校や自治会など
”母” としてのおつとめ場所で
以前ほど居心地の悪さを
感じることが無くなった。

世間一般的な意味合いでのリーダー格
風向き伺う風見鶏
無自覚我慢のイイコちゃん

この3タイプからは
特に学ぶこと・得るものが多かった。

もう味わい尽くした感がピークに達した頃
お互いを尊重するための決断を下した。
手放す時は不安も大きかったけど
その途端、出逢う人々の ”種類” が変わった。

多くの人にとって
わたしの投稿は
やり過ぎに映るかもしれない。

ハラハラしちゃうわ、と
以前知人に言われたことがある。

でも別にヘーキよ。
だってこれがわたし基準の普通なんだもん。

これは地球マーク公開で全然OK。

わたしの立ち位置にとって、
際どい。と判断した特定のテーマが加わると
友達マーク公開にしてっからさ。

シャレにならんリアルぶっちゃけは
こんな綺麗なモンじゃなくて
ビタ一文オモテに出さない程度の自制心は
持ち合わせているから♪♪

これがわたしのFBあそび。
仮想空間ならではの醍醐味。

面白いオモチャが気に入って
文章力磨きからの自己客観視ツールも兼ねて
振り幅極端な角KINらしく
メリハリつけて
全身全霊どっぷり浸かって愉しんでる
くらいの軽い気持ちで
読んでいただけたら幸いですわ〜〜( ^ω^ )♪

*********
# by yuusfuru | 2017-01-08 21:11 | マヤ暦 | Comments(0)

小学2年から6年まで宮城県に住んでいたので雪には慣れていますが雪道の運転は不慣れなわたし。

免許取得後、初めての雪道運転が4年前の冬。
よくわからんがスタッドレスさえ履いてりゃ大丈夫だと思っていたのですが。
あのね、そこで人生初のエアバッグ体験をいたしました。廃車レベルに事故ったのも人生初。
履いてても滑るなんて知らんかったんすけど。あーびっくりしました。

その冬、夫の実家(雪国)に帰省した時のこと。冬場は、遠回りになるが運転しやすい 首都高→関越→北陸道 コース。
関越トンネル出て新潟県に入れば一面雪景色。その年は降雪量多かったですね。
真ん中走ってる分には大丈夫です。が、ちょいと逸れて道路脇の吹き溜まりをウッカリ踏んだが最後。
フィギュアスケーターバリの優雅なカーブを描いて、スリップ開始。

((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
あーーれーーーーー
((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))

中央分離帯ドーーーンの
エアバッグ バーーーンの

火薬の匂いが。。。
プチ走馬灯も、、、

あーこれぜってータダじゃすまねえ。
わたしひとり生き残っちゃったらすげえ嫌だなー。

後部座席、娘の「えーん❗️❗️」で我にかえりました。
ああ良かった。とりあえず娘は生きている。

外は吹雪。
車は前輪部大破で走行不能。
人生初の大事故。

わたしのアタマの中もホワイトアウト
(0Д0;)(0Д0;)(0Д0;)(0Д0;)(0Д0;)

その時、ちょうど夫とは車内で険悪な小競り合いをしていたのですが、夫は開口一番、
「大丈夫?何ともなくて良かった」と言い、
アタマの中真っ白なわたしのかわりに 警察・保険会社への連絡など即座に事故処理に取り掛かってくれました。

ああ、この人と結婚して良かった。極限状態で何故かわたしは夫に惚れ直すことが多いです。どさくさにノロけちゃってサーセンね。。人間の本性ってこういう時に出る気がします。

スリップした時はブレーキ踏まないほうがいいと何処かで聞いたのでノーブレーキ。シートベルトにもロック掛からなかったのでベルト無しと同等だったんですかね。事故後2週間位、肋骨痛かったです。

病院行っても「あー肋骨ヒビ入ってますね」で何の治療も出来ぬ上、無駄に被曝するだけだとわかりきっていたので、自然治癒力に委ねましたw

でも、とても幸運なことに、夫も娘も全くの無傷。事故は相手方無しの自爆で他車も巻き込まず。その年はレンタカーで行って、免責ゼロになる保険にも加入していたので経済的損失も最小限。

ああほんとうに良かった。ありがとう。ありがとう。わたしってばほんとうに運が強い❗️❗️

幼い頃から身近な人の死に直面し死生観まで確立していて良かったなあと思うのはこんな時です。

雪道へのトラウマ❓無いよそんなもん。

ホントは誰もが一寸先は闇なんだよ。
どんなに元気でも健康でも次の瞬間死んじゃうかもしれない。自分のコントロール出来ないことを怖がることに何の意味がある?

そんな心配する暇あるならその神経、今を全身全霊全力で生きることに全て注げばいいんだよ。

そんなに怖がること無いんだよ。
自分の器以上のことは降りかかってこないように、世の中出来ている。それを実体験でわかっているわたしは、とても幸せだと思っています。
# by yuusfuru | 2017-01-07 22:33 | 考えていること | Comments(0)