Kin195・音13・青い鷲(メン)×青い夜(アクバル)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音13
青い夜(アクバル)の13日間・13日目

《青い鷲⇒ビジョン・戦略・知性》
『音13⇒超越・集大成』

今日は、特に自身の内面を注意深く観察。世界の見え方は心の状態次第で変わるから。

怒りやイライラで自分を見失うことがないように。
自分の気持ちを切り替えてくれる「スイッチ」を探そう。

その後は、未来に向けた計画を。
この13日間を振り返り、これからのテーマを決めよう。

大切なのは、今すぐにでも取りかかれるような現実的なプランであること。

考えるのは大事だが、自主的な行動が伴わなければ単なる批評家になってしまう。

どんな小さな事でも、何かのせいや誰かがこう言ってたから、ではなく。
あなたの人生は、誰かのものではないでしょう❓

自分の決断に責任を持つことは、しんどいことでも怖いことでもなく、本来とてもたのしいこと。

それに気付くことが出来るかが、自然のリズムと同調して流れに乗るためのポイント。

【13日間共通】
《青い夜⇒豊かさ・夢見る》
全ての豊かさは、心の豊かさを自力で養うことから始まる。

他人との比較ではなく、自分が本当に好きなことを探そう。
心の底から没頭する姿が周りの人に夢や希望、勇気となって伝わっていたと気付いた時、自分の内面が豊かに成長していることを実感できる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
# by yuusfuru | 2017-03-19 08:41 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin194・音12・白い魔法使い(イーシュ)×青い夜(アクバル)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音12
青い夜(アクバル)の13日間・12日目

《白い魔法使い⇒愛とゆるし・受容・魔法》
『音12⇒安定・普遍化』

今日は、意識を「過去」や「未来」より「今、この瞬間」に置こう。

過去の嫌な経験を引きずり、許せない人がいる。これからまたあんな事があったらどうしよう。
でもだから、「今」何をするの❓

人は皆違う特性を持ち、得意や苦手・好き嫌いも千差万別。

自分には当たり前に出来ることを、他人も当然やって然るべき、という考えは手放したほうがラクになれる。
だって、それぞれ違うからこそ、自分の苦手なことを補ってくれる人がいるのだから。

許せないと思う人がいる。でも自分も誰かにとって許せない人かもね。

自分から人の良いところを探し認め、その部分を受け入れ表明していこう。

承認欲求は囚われ過ぎたり一方通行に陥らずに上手く活用すれば、人間関係の潤滑油となる。

平たく言えば、
褒められたいなら、自分から褒めてみましょ♡ということ。

そこを乗り越え、過去の諸々が収束していけば、人間関係を始めあらゆる物事の安定、スムーズな流れに繋がる。

【13日間共通】
《青い夜⇒豊かさ・夢見る》
全ての豊かさは、心の豊かさを自力で養うことから始まる。

他人との比較ではなく、自分が本当に好きなことを探そう。
心の底から没頭する姿が周りの人に夢や希望、勇気となって伝わっていたと気付いた時、自分の内面が豊かに成長していることを実感できる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
# by yuusfuru | 2017-03-18 09:15 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin193・音11・赤い空歩く人(ベン)×青い夜(アクバル)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音11
青い夜(アクバル)の13日間・11日目

《赤い空歩く人⇒成長の手助け・教える・奉仕》
『音11⇒不協和音・改革・解放』

人との関わりで不安を感じることがあるなら、思い切って輪に飛び込み、奉仕の精神で周囲を明るく照らすような言動を。

気をつけることは、相手を思うあまり手を出しすぎないように。
相手の自立を奪い依存を生み出すことになりかねない。

相手を助けたい思いに、自分が尊敬されたいとか、自分が思う正しさに固執していたりなどの動機が隠されていないかチェック。
やりすぎ注意。手を出しすぎずに見守ろう。

不協和音は不吉なことではなく、現状を打破したり閉塞状態を突破するために必要なパワー。

変化と浄化が繰り返され、最終的には大事なものだけが残る。

改革は手放すことから始まる。
両手一杯に抱えていては、新しいチャンスはつかめない。

自分の中で、もう古くなった習慣や枠組みを外し、崩壊のプロセスを受け入れることで、新たな受け入れスペースを作っていこう。

【13日間共通】
《青い夜⇒豊かさ・夢見る》
全ての豊かさは、心の豊かさを自力で養うことから始まる。

他人との比較ではなく、自分が本当に好きなことを探そう。
心の底から没頭する姿が周りの人に夢や希望、勇気となって伝わっていたと気付いた時、自分の内面が豊かに成長していることを実感できる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
# by yuusfuru | 2017-03-17 07:51 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin192・音10・黄色い人(エブ)×青い夜(アクバル)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音10
青い夜(アクバル)の13日間・10日目

《黄色い人⇒自由意志・感化》
『音10⇒プロデュース・顕現』

自分の意見を持つことと、自分の尺度で他人を測ろうとすることは、取り違えやすい。

よそ様にご迷惑掛けることは別として、万人共通の正義や正解など、本当は存在しない。

世間一般に蔓延する「普通」「常識」の巨大な幻想に惑わされないよう。
自由な発想とは、そういうこと。
いろんな人がいるから、互いに補い合える。

ここ数日イメージしてたことがあるのならば、今日は具体的な形として表明してみては?

そこで大事なのは、「意図・動機」
目に付きやすい言動ではなく、潜在意識にふさわしい結果が出るもの。
それを意識していくのは「好き」の「純度」を高めること。

自らも無自覚だった「不純物」を発見し、受け入れる勇気を持つこと。物事の本質を観て、自身の方向性を定めるのにとても役立つ。

【13日間共通】
《青い夜⇒豊かさ・夢見る》
全ての豊かさは、心の豊かさを自力で養うことから始まる。

他人との比較ではなく、自分が本当に好きなことを探そう。
心の底から没頭する姿が周りの人に夢や希望、勇気となって伝わっていたと気付いた時、自分の内面が豊かに成長していることを実感できる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
# by yuusfuru | 2017-03-16 07:17 | マヤ暦解説 | Comments(0)

共倒れにならないためにね。
「癒し」が、悪いとは言ってないよ。
必要な時もある。

人にはそれぞれ得意分野があって、「癒し」が得意な人って、確かにいるのよ。

これはもうね。生まれ持った性質。マヤ暦でいうところの、本質として持っている紋章だね。

わたしが「癒さない系」を名乗っているのは、この要素を本質として持っていないから。
それはもうハッキリ自覚してる。

そういうわたしが、依存させない強さを備えるのは、割と簡単。
依存心の強い人ってのは、その辺敏感に嗅ぎ分けるみたいで。
なーんかわたしにはあまり寄ってこない感じー。

でもねえ、癒し向きの人が依存させない強さを持つのは、結構難しそうだね。
ちょっと危うい感じ、たまにね。

自分とは全く違う性質だから、まだ経験の浅い今の段階ではそう見えているだけなのかな❓

なんだかまだ自分でも、よくわかんない(^^;;
だから、これからの自分の進化が、とっても楽しみ(^^)
今はとりあえずコレでいいや( ^ω^ )

以上っ(=゚ω゚)ノ♡
# by yuusfuru | 2017-03-15 23:24 | マヤ暦解説 | Comments(0)