今日のルーン【2017.6.9】

「今日のわたしにいちばん必要なメッセージをください」
というテーマでひいています。

《イール》正位置

焦点を絞り集中する時。
目標達成に必要な何かを學ぶ・スキルを磨き積み上げていく大切な時期。
平安と強さをもたらす武具の象徴でもある。

まさに今磨いているところですよ〜(o^^o)
マヤ暦以外の新たな「武具」(ルーン、ブライトセッション)も手に入れたところだし❗️

イベント用のマヤ暦メニュー、そろそろ練り始めなきゃなっo(^▽^)o🎵

e0364817_10320784.jpg

# by yuusfuru | 2017-06-09 10:31 | Comments(0)

Kin17・音4・赤い地球(カバン)×白い魔法使い(イーシュ)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
2巡目の 音4
の13日間・4日目

《赤い地球⇒心の連帯・舵取り・発展》
『音4⇒探求・識別・構想』

何となく考えていたことが現実に起こった❗️という偶然の一致。
これを「シンクロ(シンクロ二シティ)」と呼び、マヤ暦では、自然のリズムに沿った生き方をしているサイン、と捉えられている。

そのために大切なのは、心を開いて生きること。
傷つけられた体験を引きずっていると難しいが、過去は過去。

信頼できる人に何かひとつでも小さなことでも、今まで打ち明けなかった本音を伝えてみたり。

それを受け入れられた時の自分の感覚を覚えておこう。

少しずつの積み重ねが、自然のリズムに乗って自力で人生を発展させていく、一番の近道。

深掘りすると見えてくる。見えないものを感じる・心の底からの声を探る。そして構想を練る。

【13日間共通】
白い魔法使い
受容・魅惑・愛とゆるし

本当の「愛とゆるし」は、ただ綺麗なだけではない。隠されたもう一方の「極」に目を向けないと、途端に薄っぺらい上辺だけの空疎な言葉と化す。

許せない、憎い、その体験は必要不可欠で自然な感情。とことん味わい尽くすまで憎み切らないから不完全燃焼する。

実は憎むにもたくさんの精神的労力が必要で、多くはそれがしんどくて中途半端なところで「わたしかわいそう」方面にシフトチェンジ。
途端に薄っぺらく薄気味悪い「愛とゆるし教」に成り下がる。

憎むことを「悪い」と考えたり、いい人ぶって好かれたかったり、自身の中の怖れや醜さから目をそらしたり。

まずはそんな自分を自覚して自分の感情を「ゆるす」ことから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-09 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)

マヤ暦『白』の紋章

白い風・白い世界の橋渡し・白い犬・白い魔法使い・白い鏡

20種類の紋章は4種類の色に分かれています。色ごとに傾向があります。

白は北を意味します。先祖・親の象徴でもあり、「あの世」との関わりが深いとされています。
ものの考え方次第で人生が大きく左右されます。プラスにはプラスが、マイナスにはマイナスが共鳴します。

白の場合、相手の考え方に影響を受けます。人との出会い自体がエネルギー源の赤とは違い、受けたくないものも知らず知らず受けやすいので、意識的な取捨選択が重要な色でもあります。
また白は起承転結の「承」、農業でいうと発芽後の「間引いて選び大きく育てる」時期でもあります。

しかし一方で繊細な感覚を持ち、情にほだされやすいところもあるので、一度氣を許した人には特に引きずられやすく、時にそれが迷い、ひいては人生にも多大な影響を及ぼします。

白は、自分にとって不要な要素をいかに見極め「捨てる」かが成長の鍵となります。

あまりに執着や怖れが強いと、捨てるポイントを見極める判断が狂います。自分の中のそれらの感情から目をそらさず向き合い、

批判・嫉妬・履き違えた謙遜、などの低い意識に合わせず高く保ち、マイナスではなくプラスに共鳴出来る工夫をしましょう。

暦が巡る順番としては、赤→白→青→黄で、起承転結の意味合いです。

次回は『青』の解説です。
# by yuusfuru | 2017-06-08 23:35 | マヤ暦解説 | Comments(0)

e0364817_08473697.jpg


「今日のわたしにいちばん必要なメッセージをください」
というテーマでひいています。

《イーア》逆位置

とっくに終わってて未だに執着が残るもの、何かあったっけ…?

人間関係や実際の出来事に関して
「あ、終わったわ」と感じることがあろうもんなら、他から見ればかなり早い段階で見切りをつけバッサリ斬り捨てるワタクシ。でも

あーーー∑(゚Д゚)❗️❗️
モノ((((;゚Д゚)))))))
使ってないけど高かったの〜
限定のレアものだしぃ〜〜
美しくて綺麗なモノが大好きなの〜

あるある……(~_~;)
でも確かに使わないのに持っててもしょうがない、どころか何か流れが澱みそう。

終わりは始まり ”の始まり”
怖れず逃げず向きあって終わらせることで次への新たな扉が開く。か…(~_~;)

自分の感性が凝り固まってくると息苦しさを感じ、そういう意味合いで自分をぶち壊すのは、結構好き。

物心両面で、ってことかしら❓
やっぱ断捨離かo(`ω´ )o
だーね。行くわ。今日行くもー。

# by yuusfuru | 2017-06-08 08:43 | Comments(0)

Kin16・音3・黄色い戦士(キーブ)×白い魔法使い(イーシュ)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
2巡目の 音3
の13日間・3日目

《黄色い戦士⇒挑戦・自己との戦い》
『音3⇒互いに支える・奉仕』

考え過ぎると動けなくなる。動機がエゴからのものでなければ大胆にチャレンジを。
相互関係が大事。他人ではなく自分のためにやる。見返りを求めず、且つ好奇心に従って。巡り巡って自分に返ってくる。

【13日間共通】
白い魔法使い
受容・魅惑・愛とゆるし

本当の「愛とゆるし」は、ただ綺麗なだけではない。隠されたもう一方の「極」に目を向けないと、途端に薄っぺらい上辺だけの空疎な言葉と化す。

許せない、憎い、その体験は必要不可欠で自然な感情。とことん味わい尽くすまで憎み切らないから不完全燃焼する。

実は憎むにもたくさんの精神的労力が必要で、多くはそれがしんどくて中途半端なところで「わたしかわいそう」方面にシフトチェンジ。
途端に薄っぺらく薄気味悪い「愛とゆるし教」に成り下がる。

憎むことを「悪い」と考えたり、いい人ぶって好かれたかったり、自身の中の怖れや醜さから目をそらしたり。

まずはそんな自分を自覚して自分の感情を「ゆるす」ことから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-08 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)