やった上で言うならまだしも。
やったこと無いなら一度は経験してみて損はないとわたしは思うよ〜。

集団内最弱の立場をスーパーの組織内で疑似体験できる絶好のチャンスですぜ。え?そんなのに何のメリットがあるかって?
人の本性がよ〜〜く観えるんだよ。

そういう現場で鍛え上げられた人は、確かにスピ系の ”次元のお高い” お話や ”世の中の偏りによる問題” などは解らない。

でも解る人が陥りがちな、机上の空論的な綺麗ごとを真に受けて惑わされ自分を見失うようなことは比較的少ないのでは?
だから ”世俗バリバリのおかあちゃん” のほうが現実世界では ”強い” んだよ。

だから ”解る人” にそういう現場経験が無いならば、何でやらないの?もったいないな〜ってわたしは思うのよ。両方装備したら最強じゃね?

これこそまさに「腑に落とす」ことそのもの。

どこか世俗に浸かり切れない環境では腑に落とすなんて不可能なんだよ。パートの中でも世間的にイメージのいいのを選ぶとかね。
泥臭い経験を散々積んだ人のほうが人間的にも魅力的だし、そういうのって必ず言動に出る。

かくいうわたしはというと、
今から5年前、レジ打ちではないけれど、娘の入園を機にスーパーの鮮魚売場で働いていた。
そこで魚のさばき方を覚えて魚料理が大好きになった。

その後、趣味で生活クラブ生協の委員という、まあ食の安全を伝えるボランティアみたいな活動を2年間やって、そこで「魚料理好き」を活かしたイベントをやった。

それで自分の好きなことをやる楽しさに目覚め、興味の趣くまま色々な世界を覗いているうちにマヤ暦に出会った。

かさこ塾での新しい出会いや機会を最大限に活かすことが出来たのは、その3ヶ月前からマヤ暦を學び始めたおかげ。

こうしてみると、スタート地点はスーパーの魚売場だったんじゃないかな〜って、こないだ氣付いたのよ。

だからなおさら思う。
一度も「スーパーのオバちゃん」やったこと無いならば、そして選択肢として巡ってくることがあるならば。案外オモロい展開になるかもよ。

人生、何が転機になるか本当にわからないもんだな。すげえ面白いじゃん。「スーパーのオバちゃん」からスタートしたわたしの道筋。

なーんて思うわけなんだよ〜(=゚ω゚)ノ
# by yuusfuru | 2017-06-20 23:18 | 考えていること | Comments(0)

やっちまった(0Д0;)❗️❗️

折にふれ『根源』を知っておくことの重要性を書いているわたしだが、実は【風水】では ”開運アイテム” とされているものを、安易に使ってしまっていたことが発覚((((;゚Д゚)))))))❗️❗️

かさこ塾 同期の華月ゆりさんに我が家の風水鑑定をお願いした時のこと。

昔から風水に興味はあったけど
書籍にあるような通り一遍の ”風水ネタ” は、根源や根拠が曖昧過ぎるようにわたしには感じられてイマイチ納得できず。

でもやっぱり興味あったし、だいぶ以前から有名どころの風水書籍を数冊読んではいた。

風水の種類というか流派というか、それも全くの別物なんだけど、書籍しか知らないとそれが風水の全てと勘違いしやすい。

考えてみれば、この種の書籍の場合、たくさん売りたくて出すもの。不特定多数をターゲットとする書籍の内容はやはりなるべく多くに「ウケる」ように書かれる。

それだけを読んで、自分は知識を得た!って錯覚に陥りやすい。

今となっては、浅〜い内容の、更にまた上澄みだけをつまみ食いするかのような。あくまで例えですよ。
あぁ❗️❗️今となっては愚か極まりないことをわたしもやらかしていたんだわ。

【愚かと表現したのは、わたし自身の信条(根源を知る重要性)に反することに氣づかずにいたことであり、市販の風水書籍を否定する意図は込めていませんので。念のため】

ま、具体的には、風水で開運アイテムとされている「龍の置物」今まで置き方を間違えていたという…。

詳細は ゆりさんのブログを
「もしかして玄関とかにただ龍とか置けば良いって思ってませんか?」
http://ameblo.jp/micchilily/entry-12285231592.html

ギクぅぅぅ…((((;゚Д゚)))))))
聞いてソッコー青龍側に移動したわ。

e0364817_02441580.jpg


しかもこの龍さん、実は3代目。
無造作に置いた荷物に引っ掛けたり、突風に煽られた暖簾に巻き込まれ、2回、床に落として割っている。。。

白虎さんに叩き落とされた❓……((((;゚Д゚)))))))❓
そう考えるとコワ面白いけど。まあそれはともかく。

あーでも半年ほど前から、龍側にベンチや靴用の棚を置いたのは、風水とか何も考えてなかったんだけど、結果これでOKだったのはちょっと「やったぜ✨感」あったかな。

あ、「西に黄色」も昔ちょっとやったけど、すぐ飽きてやらなくなったし。

詳しい鑑定書や処方&解説は後日お渡し。
たのしみ〜〜(o^^o)💕
詳細レポは後日またブログにて(=゚ω゚)ノ
# by yuusfuru | 2017-06-20 02:41 | 考えていること | Comments(0)

Kin28・音2・黄色い星(ラマト)×青い手(マニーク)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音2
の13日間・2日目

《黄色い星⇒美と調和》
『音2⇒二極性の創造・挑戦』

物質面だけでなく精神面でも美しい調和を意識。
相手を受け入れる(嫌に感じる部分ではなく好きになれる部分)
寛容な心持ちで物事にあたる。
問題は環境や外ではなく自分自身にある。

理屈だけでアレコレ悩むより、パッと選び挑戦。

【13日間共通】
《青い手⇒癒し・理解・把握》

程度の差こそあれ、誰もが自分の中に持つ「癒されていない部分」

そこを避けて目先の癒しでごまかすのは、医療に例えれば「救急医療」
「対症療法」。心の問題でそれをやり過ぎると共依存へと陥る危険性が高い。

まずは自分の心を整理し、その部分を怖がらずに直視しよう。
怖いのは、みようとしないから。実体がわからないものに根本的な対処のしようも無い。
大丈夫。あなたにも、誰にでも、本来その力はあるから。
思い出して使いこなせているか、忘れているか、
違いは、それだけ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-20 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin27・音1・青い手(マニーク)×青い手(マニーク)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音1
の13日間・1日目

《青い手⇒癒し・理解・把握》
『音1⇒意思決定・ひとつにする』

程度の差こそあれ、誰もが自分の中に持つ「癒されていない部分」

そこを避けて目先の癒しでごまかすのは、医療に例えれば「救急医療」
「対症療法」。心の問題でそれをやり過ぎると共依存へと陥る危険性が高い。

まずは自分の心を整理し、その部分を怖がらずに直視しよう。
怖いのは、みようとしないから。実体がわからないものに根本的な対処のしようも無い。
大丈夫。あなたにも、誰にでも、本来その力はあるから。
思い出して使いこなせているか、忘れているか、
違いは、それだけ。

全ては「意思決定」から始まる。
大切なのは、「何のために?」意図や動機。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)

e0364817_01001130.jpg

# by yuusfuru | 2017-06-19 01:11 | マヤ暦解説 | Comments(0)

Kin25・音13・白い世界の橋渡し(キーミー)×白い魔法使い(イーシュ)

第一の城 Kin1〜52 (音1〜13 × 4=52)
2巡目の 音13
の13日間・13日目

《白い世界の橋渡し⇒死と再生・結び繋ぐ・おもてなし》
『音13⇒超越・集大成』

従来の価値化の「死」=不要なものへの執着を捨て、手放すことは、
再生=新しい境地が開けるキッカケになる。
人とつながる。つなげる。相手の立場に立った言動。
やるだけやったら委ねる。それで自分の世界を広げていく。

13日間の振り返り。未来に向けた計画を。今すぐにでも取りかかれるような現実的なテーマを決める。

【13日間共通】
白い魔法使い
受容・魅惑・愛とゆるし

本当の「愛とゆるし」は、ただ綺麗なだけではない。隠されたもう一方の「極」に目を向けないと、途端に薄っぺらい上辺だけの空疎な言葉と化す。

許せない、憎い、その体験は必要不可欠で自然な感情。とことん味わい尽くすまで憎み切らないから不完全燃焼する。

実は憎むにもたくさんの精神的労力が必要で、多くはそれがしんどくて中途半端なところで「わたしかわいそう」方面にシフトチェンジ。
途端に薄っぺらく薄気味悪い「愛とゆるし教」に成り下がる。

憎むことを「悪い」と考えたり、いい人ぶって好かれたかったり、自身の中の怖れや醜さから目をそらしたり。

まずはそんな自分を自覚して自分の感情を「ゆるす」ことから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この日にはコレをせねばならない、
ということではなく(^^)

ほんの少し意識して、気が向いたら
それに沿った言動をしてみると
ちょっと面白くて嬉しい
偶然の一致=シンクロ が
起こるかも❓ということ〜.(=゚ω゚)ノ

(シンクロ=シンクロニシティは、
自然のリズムに共鳴している
しるし、と捉えられています)
# by yuusfuru | 2017-06-18 05:42 | マヤ暦解説 | Comments(0)