延命措置について。

機械みたいに管だらけで尊厳を奪われてまで生かしておくことは、やめよう。

当事者込みの意思として伝えていても。
人工呼吸器拒否の意思表示カードまで作ったことを伝えても。

その後フツーに経管栄養勧められたりするからね。

それで元気になるならいくらでもする。
でも、もはや人間らしい生活に戻れる見込みがないならば、それも延命措置。

いちいち訊かなきゃいけない決まりがあるんだろうね。

そういうものだと思っておいたほうがいい。

経管栄養しないと1ヶ月くらいで亡くなると思いますが、それでもいいですか?って。

半年前に覚悟はとっくに決まっていたから迷いは無い。

本人に、何としても生き延びてやり抜きたいことがもう残っていないのも、わかるから。
# by yuusfuru | 2017-02-13 23:44 | Comments(0)

かさこ塾の醍醐味

【経歴書、手書きでやってみたった(=゚ω゚)ノ】

かさこ塾の醍醐味。
そのひとつは、宿題。そして個別添削。
何度でも、きめ細やかに。
このおかげでブログタイトルとブログ説明文、最短コースで納得いくものに仕上がりましたo(^▽^)o

第1回講義の宿題のひとつ
経歴書。
e0364817_23535137.jpg


全13枚。
久しぶりに泣いたね。マジ。
既に昇華してることに関しては、
泣いても不思議とイイ気持ちなのね。

あー別にドMじゃないわよw

セルフセラピー効果抜群。
書き上がった時点で既に癒されてるという(笑)

いやーよかったよかった( ^ω^ )

次回の宿題も、たのしみ(^ ^)
# by yuusfuru | 2017-02-12 23:50 | Comments(0)

わたしが今やっているマヤ暦というのは、「心=自分」のリズムを表す「暦=カレンダー=自然のリズム」

要は、内側の話。

マヤ暦を学ぶ過程で、
外側のリズムというのが、例えば、ホロスコープだったりするのよ〜
なんて話もチョロッと出ます。
で、出してみたのがコレ。
e0364817_23431718.jpg


人間は多面体です。
マヤ暦での本質とはまた違う一面が表れています。

詳しい方なら、これだけでわたしの一面が丸見えでしょうねw

この要素からザックリと自己分析してみますので、ホロスコープ表の中の言葉が持つイメージを膨らませて感覚で捉えてみてね〜( ^ω^ )

*******
10の惑星のうち
風4・水4
柔軟宮6・活動宮3

水だから情感細やかな交流を求めてたりもするんだけど、相手にそれを望めない場合はサッサと次々、風の向くまま気の向くまま。
「強風急速ドライ」もたま〜に発動。
かつては情がかよったことのあるつもりでいた人から、いつの間にか利用価値メインで見られていることを察知する能力も抜群。
水が多いだけに耐えられない。
風が多いだけにその瞬間執着ゼロに。

なんだコイツムカつくなとか思っても未来永劫大嫌いとかあり得ない。
相手がしつこく挑発してくる場合は別だけどね。
基本、好き嫌いも流動的。
自分に敵意を向けてさえこなきゃどうでもいい。
話してみて発見した一面次第ではコロッと好きになったりも。
そうでなくても面白いポイントがあれば付き合う。
情が湧かなくても面白ければOKな人間関係、たまにはいい。

活動宮はね、ピンときたら即行動、ってとこでしょうか。その代わりピンとこないことへのスルーっぷりも天下一品。

柔軟宮とか、共感能力が高い水とかはね、
真逆の主張をどちらも理解・共感できたりするので、たまに自分が本当は何を考えているのかわからなくなる。
あまり幅広く共感できることをウッカリ表明するとワケのわかんない人と思われやすいので、固定観念が強そうな人の前では(水多いので察知できる)常時すっとぼけて自己防衛。
この要素、精神的に未熟な頃はかなり危ういが、
自他の境界線を意識的にハッキリ線引きできるようになった今はだいぶ気がラクに。いやむしろ強力な武器。
*******

こんなところでしょうか〜(=゚ω゚)ノ
# by yuusfuru | 2017-02-11 23:37 | マヤ暦 | Comments(0)

無料モニターさま鑑定⑥

川又恵子さま
e0364817_19014296.jpg


《現代マヤ》

(ラマト・黄色い星)
美的意識が強い。芸術的で美しいものに強く惹かれ、その分野に携わることで本来持っている力が高まる。
やるべきことは完璧にこなしたい衝動が強い、プロ意識の高い人。
人間関係や環境にもスッキリ感を求め、ドロドロした状況は苦手。自然体で生きたいと思っているので、あまり人に合わせたりはしません。
美しいものが大好きな人なので、気持ちにゆとりがなくなってきたなぁと思った時は意識的に美しいものに接することを増やすと緊張感が和らぎます。

(イーク・白い風)
人情の機微に敏感で繊細な人。
自分の思いを相手に伝えたい気持ちが強く、共感を求めている。
意識を高め、感覚が研ぎ澄まされると、言葉にメッセージ性と強い影響力を持つようになる。
繊細なので傷つくことを恐れ、時には虚勢を張ることもありますが、一旦覚悟を決めると見違えるような強さを発揮します。
言語を超えた感覚が鋭いので、変化の流れに身を任せ、風のように自然でのびのび、自分に正直に動いていくと良いでしょう。

《古代マヤ》

(ムールク・赤い月)
過去に囚われず恐れを手放すことにより、本来持つ力を発揮できる。
自分も周りも浄化していく力を持つ。
使命感を持ち新しい流れをつくる改革派。現状に満足せず常に新しい流れをつくろうとする。
自分の役割、使命に生きたい。
ここ一番の勝負どころに強い。やる時は徹底的にやる。

(カバン・赤い地球)
一度信頼した人に対してはそう簡単に関係が切れることがない、絆や心の繋がりをとても大切にする人。
魂が震えるような感動を求めているため、芸術方面に関心が向く。アーティストに多い紋章。
洞察力があり、バランスの良い判断をする人。言葉に力があり、多くの人の心に響く説得力がある。

【音】
《現代マヤ》
7→13ある音の真ん中に当たることから、本来バランス感覚は抜群。多くの情報が集まる特性があります。どの情報に耳を貸すかによって人生が大きく左右されるので、情報の精査には充分注意しましょう。

12→複合的安定、共存、共栄。
全体を見渡してまとめる能力が高い。
自分自身の「認識の幅」を広げることがとても大切で、それにより物事を安定させ普遍化させる、本来の能力が高まります。
相談を受けやすいタイプなので、困っている人に対して協力や奉仕を心掛けると、いい流れに乗れます。

《古代マヤ》
13→器用でなんでもこなす。長期的視野に立って物事をじっくり進めていくタイプ。没頭して取り組むことで人生が開ける。学ぶ姿勢、感謝の念を忘れずに。

9→意図の脈動、集中力。
ワクワクすることが好き。共鳴すると自分の世界に入りやすい。
反面、興味のあるなしで気分のムラが表面化することもあるので、互いに補い合えるような人との繋がりが大事。
そのためには、全ての人間関係は認め合うことから始まることを常に心に留め、相手の話に耳を傾ける姿勢を忘れないことが大切です。

33~45歳は「赤」の時代。
起承転結の「起」
農耕で言えば、種まき。
種をまかなければその後の成長も収穫もありません。
新しい人やものとの出会いが多い時期なので、内にこもるよりは社会にどんどん出て行って活動的に過ごすといい流れになる。

46~58歳は「白」の時代。
起承転結の「承」
自分の内面に目を向け、さまざまなことを学び、人間性を磨いていく時期。あまり欲張って抱え込み過ぎず、本当に大切なものを選び取り、不要なものをそぎ落とす。
農耕で言えば、種を蒔いた後、芽が出て育っている段階。より大きく育てるためには「間引き」と言って、密集して生え過ぎている部分の芽を抜き、1本1本の苗の成長に必要なスペースを確保すること。
人生の選択にも同じことがいえる。
そうすることで流れに乗れる。

次の誕生日までの年回り
「音6」
起承転結の「承」2サイクル目
活発に動く年。人間関係が広がったり、仕事や趣味がはかどったり、色々な動きがある。
自分のペースを大切にしつつ周りも尊重し、独断専行になっていないか、振り回すことにならないか。
それらに常に配慮して相手を尊重することで、いい流れになっていく。

次の誕生日から1年間の年回り
起承転結の「転」
量から質へ絞り込み、がテーマの年。前年に取り込んだ色々な情報を精査し、本当に自分に必要なものだけを残しましょう。
質を厳選すると、物事の核心がみえてきます。精査=削るというのは、本質的には、執着心を絶つということ。そうすることで流れに乗っていくことができます。
# by yuusfuru | 2017-02-10 18:59 | マヤ暦 | Comments(0)

無料モニターさま鑑定⑤

花田 香さま
e0364817_23112137.jpg


《現代マヤ》

(エツナブ・白い鏡)
透明感があり人に甘えず自立心が強い人。
守るべき存在や約束事などは徹底して守る。それが果たされない状況をひどく嫌い、限界まで我慢するがそれを超えると二度と会わない位の覚悟で断ち切る。
ここ一番の見極めと、捨てる決断の潔さが大切です。
精神面を整える際には、心の鏡を磨くように、自身や周りとの調和や秩序を意識しましょう。

(マニーク・青い手)
「手」に特徴。マッサージなどの手技の世界で「ゴッドハンド」と呼ばれる人はこの紋章が多い。
何事も体験して覚えるタイプなので、迷っていることがあれば慎重に考え過ぎるよりどんな形であれ実践の第一歩を踏み出した方が本来持っている力が高まります。
癒し系で人を和ませるタイプが多い。献身的に人に尽くす。
癒しの役割を発揮するには人の痛み悲しみに通じる実体験が必要。どんなに辛い体験もすべてプラスに転換していく強さを持っています。

《古代マヤ》

(アハウ・黄色い太陽)
周囲の人々に公平に与える明るいしっかり者。
太陽の光が万人に平等に降り注ぐような接し方を心がけるとよい。
自分の考えや意見をしっかり持っている。一貫性を大切にし、責任を持った行動をします。

(メン・青い鷲)
空高く舞う鷲のように、物事を俯瞰でみることができる。
着眼点が独特で、人が見えないものが見える。人の心の動きもよく観察しています。
客観的、大局的な立場で冷静に判断できる。
意識が下がってマイナス面が目についてきたら、なるべく物事のプラスの側面に目を向けて精神面の調整をはかりましょう。
この紋章は、意識を下げないことが非常に大切なポイントです。

【音】
《現代マヤ》
12→複合的安定、共存、共栄。
まとめる能力高い。相談を受けやすいタイプ。

2→迷いや葛藤を人に見られたくないと思っているので表面上はハッキリした態度を取ります。しかしその迷いと葛藤ゆえにそれを糧に才能を伸ばす力もあります。やるだけやったら委ねることが大切です。決断の機会が訪れたら、考えずにパッと選ぶと良い。

《古代マヤ》
6→平等の組織、同等。
対等の立場からまとめるタイプのリーダー。

12→2つあるので、より一層その傾向が強まる。

28~40歳は「白」の時代。
起承転結の「承」
自分の内面に目を向け、さまざまなことを学び、人間性を磨いていく時期。あまり欲張って抱え込み過ぎず、本当に大切なものを選び取り、不要なものをそぎ落とす。
農耕で言えば、種を蒔いた後、芽が出て育っている段階。より大きく育てるためには「間引き」と言って、密集して生え過ぎている部分の芽を抜き、1本1本の苗の成長に必要なスペースを確保すること。
人生の選択にも同じことがいえる。
そうすることで流れに乗れる。

41~53歳は「青」の時代。
起承転結の「転」
農耕で言えば、花が咲き、実を付ける、外観の変化が最も激しい時期。
人生も目まぐるしく変化していく時期。
理解者をいかに作るかということが非常に重要なテーマ。
そのような人々を増やしていくことで流れに乗れる。

次の誕生日までの年回り
「音7」
起承転結の「転」2サイクル目
量から質へ絞り込み、がテーマの年。前年に取り込んだ色々な情報を精査し、本当に自分に必要なものだけを残しましょう。
質を厳選すると、物事の核心がみえてきます。精査=削るというのは、本質的には、執着心を絶つということ。そうすることで流れに乗っていくことができます。

次の誕生日から1年間の年回り
起承転結の「結」
協力者・支持者作りの年。前年につかんだ物事の核心に対して、共鳴者を増やしていくことを意識しましょう。
自分の考えはなるべくソフトな表現を心掛け、相手との調和をはかれば流れに乗り、成果を得られて大きな自信へとつながります。
# by yuusfuru | 2017-02-09 23:10 | マヤ暦 | Comments(0)