カテゴリ:考えていること( 80 )

違いは「目に見えるか見えないか」それだけ。

多くの人々にとっては、エネルギー。ヒーリング。
そういう単語を出しただけで「引く」というか
「自分には関係の無い世界のおとぎ話」のように感じられるかも知れない。

うーーん。
見える見えないってのは、肉体を介するか介さないか、っていうか。
「人間の思考や感情」は表面上カタチにならなくても(=言葉や行動にあらわれなくても)”在る”っていうか。

肉体を介する例としては。
子どもから大人まで、どの現実世界にも蔓延る「いじめ」
吊るし上げられる側からすると、コッチのが余程ミステリー。

え?みんないつの間に結束してんの?
前回の次今日、全然空氣違うし。
は?もしかしてテレパシー??その息合いすぎなチームプレー神業!天晴れ!!

神格化された教祖様や、たった一つの猿山のボス猿なんかよりも、遥かに。遥かに。
比率として数が一番多い者たちが束になってかかってくると、実は最も世の中で力を持つモノとなる。

教祖様は、多くの支持を集めないと商売にならない。
TV等で一世を風靡した精神世界のカリスマたちの多くがやがてオカシナ方向へ行って消えてしまわれるのも、この束になった「世界最強権力」に飲まれちゃうからなんじゃないの?とすら思っている。

集団内で力を持つ者が起こす”風”に、
いち早く反応する「風見鶏ちゃん」
わかりやすく一斉になびく「日和見ちゃん」

その「和やかな輪」から外れた立場を長年味わい続けた者としては、靈とか生き靈とか怨靈とかよりも、
自分らは善良だとムジャキに思い込んでいる「それら」のほうがよっぽど怖いんですけど。

「見えないモノ」っていう括りだと、
人の氣持ちだって同じ。人間関係での駆け引きとか、「みんな」が「フツウ」に、やっていること。

だから逆にわたしは、見えない世界にあまり抵抗が無かったのかも知れない。

「見えない世界」に踏み入って、早1年。
ハートに響けばオールオッケー的な、傍目から見ればいわゆる「キラふわ系」。
まばゆい天の光に見惚れすぎて地に足着いていない人々。リアルにも割と見てきた。

「原理原則を知らずにやる怖さ」を知らない。
世間一般的な意味合いで「情が深い」。被害妄想の塊でボロボロな人を見守ることが出来ず、手を差し伸べずにはいられない。
抱えきれるなら持ち堪えるから好きにすればいいが、知らず知らずのうちに自らのキャパを超えてしまった時がこわい。
日頃から自ら公言していた言葉通り、見事に「受けやすく」身体面に於いて凄まじい「浄化作用」があらわれたようだ。

でも、そんなケースをリアルに見たりきいたりしてきたおかげで、自分の身を守るための技術や方法論を先に學んでおこうと思えるようになった。

わたしはヒーリングを仕事にしようとは思っていなかったし、今でもそれは同じ。
しかしヒーリングの基礎を學ぶ講座は何としても受けたかった。だから受けた。

以前に學んだ「ブライトセッション」も内容的にはヒーリング同然だと後で氣付いたが、まあそれはいい。
後から方法論を知り、基礎を自主練できるまでになる機会を得る事が出来た。結果オーライ。

人により考えは違うだろうし、何も知らんでも感性だけで乗り切れる天才もいるかも知れんし、人それぞれで構わないとは思うが。

わたしは、まず最優先で自分の身を守る術を知っておきたかった。だって下手したら大切な家族にも波及するかもなんだから。

それが、わたしなりの、見えない世界で仕事をしていく上での「決意表明」みたいなものなのかもしれない。

by yuusfuru | 2018-01-19 23:56 | 考えていること | Comments(0)

願いって、叶ってからが正念場だなあって最近特に思うから。
叶っても、自分がそれを受け取るに値する器を育て切れていないと、身にならないと思うの。
いや正確には、受け取るって決めて器を育てる覚悟・それに伴う行動とか、そんなんかな。

結婚したかった人が結婚出来ればそれで幸せなの?
子どもが欲しかった人に子どもが出来れば幸せなの?

確かに幸せっちゃー幸せだけど、それはあくまでスタートライン。

お金が今よりたくさん手に入れば幸せか?ってのもそう。
以前の職場で、若い頃、宝くじで数千万円当たって人生狂った50代男性の話をリアルに聞いたことがある。

願いが叶うってことはある意味、自分が「見えない世界」から試されることでもあるんじゃないか?

あと、昔から神社に関心が無いものだから、いざ行くとなればメジャーどころの神社ばかり。それ以外知らない。
そういう神社は大抵混み合っている。
人混みが嫌いなわたしにはキツい。

しかしここ1年ほど「見えない世界」を解っている人々と知り合う機会が増え、神社に関するSNS投稿をたくさん見かけるようになり、気にはなっていた。

見えないし感じないけど、あるものはあるんだ。
いや、感じないってのも最近あやしくなってきた。

神社に呼ばれるって何だ?ピンときたらそれが合う神社だよ、って?ええぇぇぇーー❓❓❓
謎だらけだった。昨年、神社好きの知人から誘われた時はなんか気が進まず、まあ時期が来たらきっと気が向くこともあるでしょうとそれっきりになっていた。

で、昨日。2018年1月11日。
友達の紹介で知り合った方に連れて行っていただいた、5年以上振りの神社。
わあ❗️人混みが無い❤️
メジャーどころの神社と全く雰囲気が違うのは混んでないせい?いやそれだけじゃない気がするんだよなあ。
神社の他にもお寺とか絶景スポットとか、詳しい人しか知らないような場所をたくさん、初めて見た。
どれも好き。空気が違う。心地好かった。
e0364817_00524221.jpg
願い事は、しなかった。
叶った事を受け取る器の準備が、まだ出来ていないと解っている。昨年、痛感した。
要は、やること目一杯やり切ったとはまだ言えない状態なんだよわたしは。

だから、
参拝させていただきありがとうございます。
と心の中で言ってきた。
また行きたいと思える神社が出来た。
わたしは神社が嫌いなのではなく人混みが嫌いなだけだったのかもな、と思った。

ああよかったなあ。また行こうっと😊❤️

by yuusfuru | 2018-01-12 00:48 | 考えていること | Comments(0)

てっきりあんな風に感極まって泣いたりとかするんだと思ってた。

が、
感極まって涙ぐんだのは、立ち会った夫だけ。

かぁぁぁーーー‼️
やっと出たぜ✨っしゃああぁぁ🔥🔥
涙など一滴も出ず、ただひたすら爽快感!達成感!

オムツメーカーのサイトをググったところ、
おしるし→陣痛→破水、の順番が最も多く、全体の37.8%らしい。
破水したら即入院しなきゃなんなくて、
わたしは先に破水して陣痛がなかなか強くならなくて。
産むまで13時間位かかった。と母子手帳には書いてあったけど、入院してから出産までは確か26時間位。

入院したのは午後だから、病院で一晩越した。
陣痛よりも、分娩台上がってからよりも、あの晩、数時間おきに子宮口の開き具合をチェックする「内診」が一番痛くて耐え難かったわ。

よく、出産の痛みなんて忘れちゃうとか何人も産んでるママ達は言うけどさ、
マジでマジで尊敬する。

ぜってー忘れらんねー。あの内診の苦痛。

一向に陣痛が強まらず、ついに陣痛促進剤を打ちましょうっつーことになった。
促進剤についてはネットで調べて、やだな怖いなと思ってた。
そしたらやはり。打って間もなく不自然なほどの圧迫感が。

出したい。もう一刻も早く出したい。
え?まだまだいきんじゃダメだなんてそんなー(爆泣)

夫と実母が来てくれたんだが、
脂汗流してヒーフー苦しんでるわたしを見てアッケラカンと笑いやがった実母。

はぁ⁉️∑(゚Д゚)💢⚡️なに笑ってんの?
何しに来たの⁉️てめえ帰れ‼️今すぐ帰れーーー💢💢🔥🔥
ブチ切れるワタクシをなだめる夫。ヘラヘラしながらヨユーの実母。

まあそれでも分娩台上がってからは早かったからそこはラクだったよ。
ぐおぉぉぉお🔥🔥🔥って3回くらいやったらポーーンと出てきたしぃ🎉
人によっては分娩台上がってからとか産んでからの方が痛くて大変らしい。

でもしかし自分が経験してみて予想外だったので、世の母親たちに一度訊いてみたいねえ。
やっぱフツー感極まったりするもんスかね❓
わたし普段から絵に描いたようなお涙ちょうだいドラマや映画が大嫌いだからかしらね。

一滴の涙も出なかった。
感動というよりは、むしろひと仕事終えた達成感と爽快感。
ああ、十月十日我慢してた酒ソッコー呑みてえ。

でもまあ感極まっても極まんなくても、
無事に産まれてきてくれた有り難さは皆同じ。

そんな経緯で産まれてきた娘も今日で9歳。
早いなー。ほんと早い。
真っ直ぐ健やかに育ってくれて嬉しい。

by yuusfuru | 2018-01-08 23:39 | 考えていること | Comments(0)

わからないからゴメンナサイしか言えない場合って、相手には意外とバレちゃう。

謝罪の言葉が曖昧で具体性に欠けてたり、
何に対して謝っているのかハッキリしなかったり。

「不快な思いをさせてしまいすみません」
明らかに誰でも不快になるケースを除けば、
実は謝っている本人がわかっていない場合もある。

相手が何を不快に感じているのか。
それを想像できなくて自分の尺度で相手を見ている。

あ、ヤバい!なんか怒ってる。なんで?
まあここはひとつ穏便に、わたしが謝ればとりあえず丸く収まるだろう。って滲み出ている。

理由を尋ねてこられるほど深い間柄ではなかったので黙っていた。

でも、ワケわからないのに謝れるってのは、ある種の集団のリーダーとしては必要な素質なのかも。

実際、悪気が全く無いのに加え、エゴでいいことやる自己顕示欲とか承認欲求が珍しいほど少ない人だとわたしには感じられた。
実際、人望もあり皆から引き立てられてリーダーの役割を務めている。
だから呆れはしたけど憎めなかった。
深く考えないほうが魅力的な人もいる。皮肉じゃなくそう思える。わたしには絶対に出来ないだろうから。

いずれにしても謝り方には人間性が出る。
怒り方もだけどね。

逆に嫌だったのが
「不快な思いをさせ”たなら”すみませんでした」

もちろん他人がどんな言葉を使おうと自由だけど、個人的な好みとしてはこの言い方キラーイ。
わたしなら何があってもこんなみっともないセリフ使いたくない。

その後、本人ではなく当時の共通の知人が理由を尋ねてきたので経緯と理由を説明したけどね。
メッセンジャーもラインも当時知ってたのに最初から最後まで全て誰かを介してのやり取りだった。

気になってしょうがないのだとしたら、その点だけはなんか可愛いな。

2人とも、同じ場所で一緒に活動した、元仲間。
しばらく見てないけどそのうちバッタリ出くわすかもね。

むかーしむかしの、物語。

by yuusfuru | 2018-01-06 00:38 | 考えていること | Comments(0)

逆(クセのない無難な服装)は、そうとは限らないと思うけどね。
だいたい服に限らず多くの場合「みんな似た感じの横並び」から外れることは、一般庶民としてはリスクでしかない。

それでも選ばずにはいられない。ここ1年ほどのこと。

ちょうど去年の今頃、色の好みが変わった。
色を使ったたくさんのセラピーがあることからも、内面と深く関わっているものだとわかる。
↓↓
マヤ暦の「色」ともリンクした話
http://yuusfuru.exblog.jp/26172014/

服装に関心を持つキッカケは人それぞれだけど、わたしの場合は中学時代「ブスが色気づきやがって」って言われたこと。
↓↓コンプレックスは宝の山↓↓
http://yuusfuru.exblog.jp/26019487/

必要以上に着飾るのは自信の無い証拠とか見る向きもあるんだろうが、そんなの今は構わん。好きなもんは、好きだ好きだ大好きだ🔥❤️
好きを選ぶ自由があるんだから嫌う自由だって当然ある。
わたしのこと嫌う人はわたしがどんな服着てても何しても何言っても嫌いなことに変わりは無いのさ。それはお互い様。

幼児期の経験から自分が創りあげた思い込みが原因で、周りが怖くて信用できなくて、4年前の40歳まで劣等感の塊でしてね。

だから逆に、思う存分「大好き120%」の選択ができる。
子育て世代ど真ん中だけど、周りに結構ギャルギャルしい可愛いママ達がザラに居ることも幸いしている。
ああ。この時代に生まれてこんな環境が選べて有り難や有り難や。

年季が入っているし、試行錯誤を繰り返して今まで費やした総額を考えると意識が朦朧としてくるが。
でもこんな体験があるからこそ、直感がアテになる。
だから即断即決。迷い・後悔・間違いなし。

10年ほど愛用したコートたちが昨年から順次入れ替えラッシュ。
これは今年。
e0364817_20283260.jpg

下のは昨年。
e0364817_20292076.jpg
この頃から混じりけのない真っ赤が大好きに。
お財布もバッグも、裏地の真っ赤に一目惚れ。
今年に入って四柱推命の鑑定を受けて、陰陽五行でわたしに足りない要素を象徴する色だと知る。
やっぱり色は面白いね!

そういえば服だけじゃない。
他人もひと癖ある人が大好物。好きも嫌いも関係なく大好物。

そういえばマヤ暦に興味を持ったキッカケは、自分が変人であることが立証(?)されて、それまで劣等感でしかなかった自分の個性を認めることができたから。

「類は友を呼ぶ」っていうけど、
この1年で自分史上最多の「類」に出会えたことが嬉しかったから、ちょっと書いてみた😊

by yuusfuru | 2017-12-18 20:48 | 考えていること | Comments(0)

わたしが現在関わっている世界(占い・スピリチュアル)のことなんだけどね。他の分野にも言えるけど、主に。

まあそもそも批判できるだけの実力も実績もないから思ってても言わないってのもあるけど。
批判する人は、それだけの自負があって他人のことまで真剣に考えられるからこそ、なんだよね。

以前は、仲良しこよしの「氣づき」ごっこや「お志事」ごっこを苦々しく感じていた。
でもあれはあれで賢いやり方だと今では思う。
それで満足していて他に迷惑かけなければ、誰がとやかくいうことでもない。

わたしはそのやり方は嫌だと感じたから、離れた。
今では自分も結局は同類の甘ちゃんだったと思い知ったから批判する気は失せた。

離れてからのほうが強く思う。
わかってはいたけどホント何でもありの世界だな。
その事実を目の当たりにするだけでも、仲間内ではない「外の」イベントに出た価値があった。
やっと自覚できたのに、相変わらずの「おままごと」なんて嫌だ。

思い知ったが、後悔はしていない。
だって嫌なものは嫌だもの。
みないフリして自分に嘘ついてることにも気付かなくても、そのタイミングってやってくるんだなあ。誰にでも。
周りにもいたし、自分でも体感した。

かと言って辞める気にはならない。
やれる事はまだまだあるから。
自分が納得できるまでやる。

それができる環境が、ただただ有り難い。
ありがとう、夫。ありがとう、娘。

by yuusfuru | 2017-12-14 08:12 | 考えていること | Comments(0)

この場合「混じり気」というのは主に「利害関係」みたいな意味合い。

スポンサーや広告収入で成り立っている媒体。
当然「お金の出どころ」に都合の悪い情報は出ない。
お国や大企業やお医者さま(=医療利権)などの「権威」に都合の悪い情報もそうだね。
出してるように見せかけることは多いけど。

口コミという言葉があるけど、マスコミや権威が意図的につくるのもあるし、人づての「その人」が、どこを情報源にしているか。迷った時にはそういう所を見ればいい。

だから、実体験として現場を知る人々の話を聴きたい。

2012年、幼稚園の講演会で、日本が世界屈指の、簡単に子どもに向精神薬を処方する国であることを知った。子どもだけでなく大人にも。

それでも当時は、医療、ひいては社会全体の仕組み自体がおかしいということまでは考えが及ばなかった。

今振り返ると驚愕!!こんな特大ヒントを前に何故「根っこ」に気付かなかったの自分?考える力が相当衰えていたのね。

その経験で、人にはそれぞれタイミングがあり、マスコミや権威が流布するような万人共通の正解など無いことを知った。
キャパに見合った情報しか受け入れられない=人は結局、自分が信じたいものしか信じないことも、身をもってわかった。

あれから5年、わたし自身も色々な段階を経てきた今。
居る段階は違っても、そして食・医療・教育などの分野に限らず。
知ってる知らないなんて関係ない。
誰だって、選んでいる。

手を替え品を替えた、あらゆる詐欺まがいのビジネスに引っかかるのは、ビジネスや金融の「根本的な仕組み」を知らないから。

手を替え品を替えた、あらゆるダイエット商品や情報に翻弄されるのは
「自分がその業界の経営者だったらどうするか」の視点を持ったことが無いのだろう。

今の時代、知ろうと思えば大抵のことは学ぶ機会が得られる。
「知らなかった」じゃない。
「知らないままでいること」を選んでいる。

だからほっとけほっとけそんなもん。

わたしもみんなも、それぞれのキャパに見合った情報しか受け入れられない、そのキャパの大小の問題じゃない。
他との比較ではなく、自分のキャパをどれだけ広げられるか。
自分の数年間を振り返った時、その幅を感じることが何だか嬉しかった。

嬉しい。ただそれでいいと思うんだ。

by yuusfuru | 2017-12-12 23:34 | 考えていること | Comments(0)

カードの解釈、1度シンプルに変えたのですが、次回はもう少し変えてみようかと考えています。

そう思ったキッカケはモニターに申込んでいただいた皆さまのリアクションのおかげです。

リアクションってね、あるのもないのも、発信側としてはとても参考になるのです。

始めてから2度目に、解釈がやや硬いかな〜と、いただいたコメントを見ながら気付き、次回は少しシンプルなものに変えてみたのです。

そのせいかはわかりませんが、しっくりきた的なコメントが増えたように感じました。
まあ自分ごとなので、客観的にどうであれ、自分が納得できるところがあれば良しとします。

今回、1度シンプルに変えた解釈が、読み解くのが難しいというご感想を複数いただきました。

中でも特に❤️嬉しいのがこのような率直なご感想です。
だからもうちょっとくだけた解釈も加えてみようかな〜と検討中です(*^^*)

リアルで知ってる方やFacebookだけの繋がりの方、占い関連が好き・またはプロの方やあまり馴染みのない方。色々な層にモニターになっていただけるのもSNSならではのメリットですよね。

無料で提供してはいますが、コレ、自分の運用次第では予想外の「対価」を得られるのでは?!
と、数回目にして気付きもしました。

率直なご感想はもちろん、それ以外だってもちろん、どんな反応だろうが「わたしにとっての対価」はザクザク発掘出来るのです。
ただの「カードの練習」より多くのことを。

だって、相手に申込んでいただかなければ成り立たないことなのだから。

そう思う限り、または正式メニューデビューまで。
その辺は成り行き次第ですが、まだまだ続けます。

タイミング合って興味お持ちいただけた方、これからもどうぞよろしくお願いいたしますね(*゚▽゚)ノ
e0364817_22435705.jpg


by yuusfuru | 2017-12-04 22:42 | 考えていること | Comments(0)

過去のダイエット歴に照らし合わせてみても【わたしの性質には】それが最も効果的な手段だとわかっているから。

でもコレはもちろん、多くの人々にオススメできるものではありませんが。

女性が何人か集まった時にありがちな社交辞令の一種として「ダイエットネタ」があるわけだが。
あれは本気で痩せたいと思ってるわけじゃない。
そりゃあ気にはなってるのは確かなんだけど。意識の上では痩せたいと願っている。

よく、男性は会話に目的や結論を求め、女性は共感を求めるみたいなこと言われているよね。

「ひとりじゃない」という安心感を本能的に求める。
ってことは、共感されないことは敢えてやろうと思わない。変化より安定を求めるのは人間の本能。本能は、意識しなくても働く。だから自覚しにくい。
それに、
現状に特に不満や悩みも無く、それなりに満たされている状態だと、わざわざ変えようと思わないでしょ。

だから「痩せられない」って幸せなことだと思う。
自分が「共感の輪」に入っていて寂しくない。その実感があるからでしょう。

よほどの鋼鉄の意志力を持つ人でない限り、その状況で、脳が最も恐怖を感じるという「変化すること」を選ぶ人は、まず居ないだろうね。

わたしは意志が弱い。だから、わざわざ宣言した。

宣言すると、より意識するようになる。
すると自分のその決意に合わせて、
今まで気にも留めていなかった投稿が、きっと目に留まるようになってくる。

*豪快に喰らう姿がカッコいい!
*炭水化物バンザーイ
*スイーツバンザーイ
*食べたいもの食べりゃいーじゃーん幸せぇ~

とても効果的に利用できるんだよ。

それらを見かけた程度で挫折するような決意など、元から本気じゃなかったということ。

始めたばかりの頃は変化が感じられず意欲が上がりにくい。
過去、効果的だったのは「仮想敵をつくる」こと。これまでと違って、実生活では今のところ適役が居ない。だからSNSで似た状況をつくる。

効果が出てくれば、その嬉しさで意欲が維持出来るようになる。
そしたら必要無くなるから捨てればいい。

そして何よりも。
わたしが今欲しいものは何ですか?

我慢出来ずつい食べ過ぎたぁ
うんうんあるあるぅ、ドンマイ♡
(どー見ても大して変わらんのに)「え、痩せたぁ?」
「え、そんなことないよぉ、え、そう見える?嬉しい」

みたいな共感「のようなもの」では無いことだけは確かなのです。

4年前の40歳まで、何処へ行っても「集団の最下層」だったメリットのひとつ。
それが「今さら他人の目なんか気になるワケがない」

だから
どんなにロクでもなくっても無駄な経験なんか無いし、
手持ちの材料(生まれ持った個性・人生経験)に優劣や正誤などあり得ない。
何でもそう。
どう活かすかは、自分次第。

他人さまの在り方などはこの場合全く関係無くてね。
そう決めたほうが、わたしの場合は心地いいんだよなあ。

ついでに、ちょー旨かった肉の画像でも貼っておきます。
ちなみに、質さえ選べば肉・脂・酒はタブーではないという方針です。
まあそれはまたそのうち別記事にて。

e0364817_17585279.jpg


by yuusfuru | 2017-11-30 17:54 | 考えていること | Comments(0)

これは、役割(妻・母・嫁)を外した時の自分自身に限った話ね。
この「役割」は実生活の基盤だから、壊したいとか変えたいとか、全く感じない。最優先で守る。

わたし個人の話として。
それまで馴染んだ環境(人間関係含む)から、未知の世界へ。

2013年・40歳で人生最大の転機を迎えて以降、繰り返してきたパターン。
移り変わりの狭間に差しかかるタイミングが判るようになった。あぁ、このパターンまた来たな…。

この4年間を、時系列で振り返ってみようかな。

ここ最近、以前なら腹立たしくて仕方なかったことや目障りで仕方なかったヤツらのことが、
わたしの感情をほぼ動かさなくなってしまった。
なんかもういいかも。
それはそれで喜ばしいことなんだけどね。

思えばこの4年間、嫌なことや嫌なヤツらを原動力に進んできた部分が大きかったんじゃないだろうか。
当時の自分には、そのやり方がピッタリだったなーと思うし。

2015年から始めたFacebook。
1年ほど経って読み直したら余りの青臭さに猛烈恥ずかしくなり、8割方の投稿を消してしまった。
その頃、孤立して苦しくて思い余ってつい。
今思うと勿体無かったなーと思うが。

2016年12月から始めたブログ。
今読み直したら余りの青臭さに猛烈恥ずかしい。
あーあ〜〜どーすっかなコレ。

まあそれはそれとして、
【中編】【後編】で、この4年間を振り返り、まとめてみようかと思いますわ。

今夜はもう眠いですわ。。
おやすみ前にセルフヒーリングの練習してから、
もう寝まーす(p_-)

e0364817_23234366.jpg


by yuusfuru | 2017-11-28 23:23 | 考えていること | Comments(0)