カテゴリ:考えていること( 54 )

余程のパワーブロガーでもない限り、感情は一切入れないほうが得策。それだけ。

わたしのFacebookには、変なコメントは来ない。
2014年末に始めて以来、初期に見知らぬおじいさんから1件。今年の5月半ばに、かつての「仲間」から1件。

キャラ的なものもあるだろう。

Facebookの投稿をよく読んでくれている友人や知人には
「怒っても冷静に理詰めで淡々と追い詰めそう」
とか
「真綿で首をジワジワ締め上げるような」
とか
「子どもに怒鳴ってる姿を想像できない」
などと口々に言われる。

先にFacebookで知り合った方と後からお会いして話した時、
「意外と柔らかい雰囲気で話しやすいですね」
と驚かれた。

自分で言うのもナンだが、わたしの文章にはそういう雰囲気が滲み出ていると思う。
一見ぶっちゃけているように見えるらしいが、これでもいちおう線引きは厳密にしている。
ガチでヤバいぶっちゃけはリアルで気心知れた人が居る場でしか言わない(微妙な人が多少混じっていても大概お構いなしだが)。
ネットに出すものは全て回覧板に引っ付け近所中に晒しても何ら問題無い程度の内容。

変なコメント入れる人は感情に流されやすい傾向にある。
なので感情論は極力使わず、やむなく使う場合も込めどころには細心の注意を払う。
反論の気力も失せるほどの理詰め。
極端な落差を意識的に演出=常軌を逸した振り切りっぷり。

なので自分的歴代変なコメントも、さすがにそんな感情剥き出しではなかった。

なので即、冷静な対処ができた。
そういう人は感情抑えると必ず筋違いになったり論理性を著しく欠くから、そこをひと突きするだけで済む。

かつての「仲間」とFacebook全公開の場で決別して以来、妙な絡まれ方することが更に減った。ネット上でも実生活でも。

元はと言えば向こうが仕掛けてきたこと。
なぜ個人メッセージではなく全公開かというと、向こうとしては「勝算」があったんだろうし、自分に正当性があると思っているからだよね。
だから内容まで公開しても別に差し支えないと思うんだな。

この件ではあと1人巻き込んで面倒な事になった上、巻き添え食った人がまた「いい人」だから理由もわかってないくせに謝られちゃってね〜。

さ、これでブログテーマ2本出来た。

*怖れは、かくも人を盲目にするもの。
「不愉快な思いをさせたなら、すみませんでした」という意味不明な謝罪。

*謝る時のポイント

近日公開。たぶん。うんたぶん。

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

9月21日(木)11:00~、30分ミニセミナーやります。どなたでも参加可能です。(要事前申込)
https://www.facebook.com/events/1542392249161330/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2222%22%2C%22feed_story_type%22%3A%2222%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story

10月14日(土)10:00~18:00「自由が丘癒しのフェスタ」出展します。入場無料。
https://peraichi.com/landing_pages/view/jiyugaoka

by yuusfuru | 2017-09-17 01:36 | 考えていること | Comments(0)

これは中学生の頃、髪にリボンを付けていった時、クラスの男子に言われた言葉。
当時のわたしの立場は「クラスで1人位は居る、風変わりな子」。要は、集団ヒエラルキーの最底辺。

それ以来、学校では極力目立たないよう地味にし、私服ではどれだけ「素」をカバーするかに労力を注いだ。
自分が顔もスタイルも平凡だとわかっていたからこそ、工夫をするようになった。

もしもわたしが、周りから可愛いねって言われる程の容姿をしていたら、センスを磨こうなんてきっと一生思わなかった。
コンプレックスは宝の山。

ここ半年ほどでまた、選ぶ服がガラリと変わった。
綺麗な色や柄。長いスカートやワンピース。
やっぱり気分がいい。華やいで楽しくなってくる。

ちょうど ”個” としての「住む世界」がガラリと変わった頃と連動している。内面って、やっぱり見た目にあらわれるものなのね。

学校・自治会などの役割上で必要な場合を除き、デニムを履くことがなくなった。

で、思った。

今こうして周りに気兼ねなく好きな格好が出来るのは、中学生の頃の「ブスが色気づきやがって」のおかげなんじゃないかと。

顔色伺って地味にしていても、4年前の40歳までいつでも何処でも最底辺だったから、逆に怖いものが無いのよ。
むしろ好きな格好するようになってからのほうが妙な絡まれ方することが激減した。

でもたまにはいる。際立った美貌・実力・実績も無いのに目立つ格好することのリスクはわたしだって承知の上。

じゃあ何故やるかというと。
何よりもまず好きなもの身につけると気分いいし。
防御の役割も兼ねてる気がするし、上辺で判断する浅はかな人間を炙り出す絶好のツールでもあるから。なーんだいいこと尽くし。

そういう人はね、人目を気にして自分をそこそこ抑えて集団内で空気読んでうまく立ち回ることができる人。
その代わり、やりたくても出来ないことが増える。それは集団で無難にやっていくための保険料みたいなものという自覚が薄いと、わたしのように一見好きにやっている「ように見える」人が癪にさわる。

無難に立ち回ることが出来るのも立派な才能。
そういう人の中には、表面しか見ないのもいる。それで充分生きてこられたから。
自分の身を守る為に、集団内で立場の悪くなった人には手のひら返さざるを得ない。

その代わり、いざ自分が「個」として好きなことをしていきたい時に全部跳ね返ってくる。
今までそう見える人を無自覚に妬んできたから、自分が振り切ってやりきることが難しくなる。
そこで同類同士傷を舐め合い留まり続けるか、一時的に孤独になっても振り切って貫き通すかは、その人自身の問題。

だからわたしの人生には何の関係も無いこと。
そんな人のご機嫌を伺う意味などまるで無い。そう言い切れて、振り切れるのは、今までの経験のおかげ。

どんな経験でも、本当に無駄はひとつも無い。ああ清々しい。近頃ますますそう思う。

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

9月21日(木)11:00~、30分ミニセミナーやります。どなたでも参加可能です。(要事前申込)
https://www.facebook.com/events/1542392249161330/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2222%22%2C%22feed_story_type%22%3A%2222%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story

10月14日(土)10:00~18:00「自由が丘癒しのフェスタ」出展します。入場無料。
https://peraichi.com/landing_pages/view/jiyugaoka

by yuusfuru | 2017-09-01 22:39 | 考えていること | Comments(2)

「凶」を怖いもの・悪いものという印象で世に広めた「常識を創る側の意図」のほうがよっぽど怖い。

その「常識」を、みんなと同じだからって何の疑問も持たないほうが、実はよっぽど怖い。
自分の人生を自分以外に委ねるってことなんだよ。

占いで「凶」が出ると不安になりがちな人が知っておいたほうがいい、具体的なことに関してはね。

*恐怖を煽る。
*情緒的な表現が多く、具体的な記述が無い。論理性に著しく欠けている。

心理操作に効果的なのが、恐怖または涙・感動を誘う話。
綺麗な言葉を多用する人に関しては、何を言っているかより何をしているかを観たほうがわかりやすい。

自分って不幸・かわいそうアピールはわかりやすいけど、

しょっちゅう「気づき」を得て感動したみたいな話を書きながら状況に変化がないのに綺麗な言葉でコーティングする人。
わかるだけなら誰でも出来るから、やってみてから言ってよ、っちゅー話。

やたら繊細・臆病アピール。
人の判断力を最も狂わせるものって知ってる?
「恐怖心」だよ。
それをたっぷり持ってるアピールしてどーすんの?

これらは割と大きなポイントだと思うよ。
でもいつまでも自分の人生の手綱を”怖くて”握れないことにすら気づいていない人には、この手のはたまんなく魅力的よ。まさに「共依存」。

市場原理。需要があるから供給が発生する。
多くの人が通過する段階だから、それ自体は必要。
だから何の問題も無いし、ましてや悪いことでも嘆かわしいことでもない。
それぞれ好きにすればいいこと。

「凶」は、人間にとって短期的に都合の悪いこと。
あまり動かず自分の内面を充実する為の勉強に適している時期。
春夏秋冬。芽吹きの春に備え、養分を蓄える時期。

吉凶をハッキリさせる信条の占い師さんもいるけど、見極めポイントは解決策を示しているかということ。
だから、ただ怖がらせて終わりの占いを恐れることはないよ(^^)

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

9月21日(木)11:00~、30分ミニセミナーやります。どなたでも参加可能です。(要事前申込)
https://www.facebook.com/events/1542392249161330/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2222%22%2C%22feed_story_type%22%3A%2222%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story

10月14日(土)10:00~18:00「自由が丘癒しのフェスタ」出展します。入場無料。
https://peraichi.com/landing_pages/view/jiyugaoka

by yuusfuru | 2017-08-27 23:01 | 考えていること | Comments(0)

手垢にまみれた単語
=一般的に知られていて、ひと握りの「常識を創る側(マスコミなど)」によって一定のイメージ付けがされていて、人々の奥底に潜む無意識の闇を刺激しやすい。大体こんなとこかな。

その手の単語は、
「ただ単に好き嫌いを表明することが自分の意思を表明すること」
だと短絡的に考える人々の癪に触りやすいから。

好きでも嫌いでもいいけどさ、
何でこんなに好きなのかなとか
こんなにも癪に触るのは何故だろうとか

そこまで掘り下げてみると今まで気づかなかった自分の新たな側面を発見できる。

世界は自分の内面の反映でしかない。

自分と違う思想を、嬉々としてよってたかってこき下ろしまくる集団は、エンターテイメントとしては最高。
こういうのもあってこそ全体的な調和が取れるように世の中できている。

楽しんでいるから、そういった人々はやっぱり何かにつけて定期的にイキリ立っているのよね。

脳の思考回路は、何に対して楽しんでいるのか区別しないからね。

やりたいようにやればいい。
嫌なら意識上の「視界」から外せばいいだけだよ。
by yuusfuru | 2017-08-24 23:30 | 考えていること | Comments(0)

この3つの共通点は「うかつに踏み込むと危険」。ある意味「聖域」だとわたしは考えている。

農薬や添加物は危険、大抵入口はそこ。大抵知ったら最初はそうだろうね。
その段階での知識や情報を伝える役割も必要。事実、たくさんいる。

しかしここで問題がある。
これが諸悪の根源と捉える人の多さ。
受け手側にもそう捉える人が多いから、伝える側も善悪二元論的になるのか。卵が先か鶏が先か。どっちもどっちだと思うけど。

そしてここで今一度。
これが本当に諸悪の根源なんだろうか。

こういうの「必要悪」っていうのかな。
安くて美味しくていつでも手に入る。そんな状況を望んだのは誰?なんだかんだ言って、結局それは手放したくない。

人間誰もが持つ「身勝手さ・強欲さ」を先ず自覚し、自分なりの折り合いをつける。

本来なら知れば知るほど安心できる。選択肢が増えるから。でもその選択肢は、だいたいが大手マスコミや権威の「お墨付き」ではない。

「お墨付き」ってね、すごい乱暴な言い方すると「利権が絡む」ってこと。

だから本当は、誰も何処もあなたに「正解」を教えることは出来ない。それらは全て参考資料。

そして人は何に対しても、自分の許容範囲以上のものは絶対に理解出来ない。
それが、「人は自分の信じたいことしか信じない」ってこと。
だからそれは何も「悪い」ことじゃなく、ごく自然なこと。

わたしは最初の入口が医療だったんだけど、これ根っこは全て繋がっている。食も医療も宗教も。

提供する側からすれば。
食は、お客様の要望に応えた結果。

お医者さまや医療従事者は、お国や製薬会社が作ったガイドライン通りに職務を全うしているだけ。

直近では亡母のことで色々あったけど、彼らは職務に忠実なだけ。受けた「教育」がそうなんだもの。
忠実さは、母の最期を病院で迎えた時に身に染みた。心遣いが嬉しく、手際の良さに感服した。
現代の病気は多くが「作られた」ものだというのが個人的な見解だけど。現場の人に向かって医療の闇だなんだ言うつもりには、なれない。

母の再婚を期に中2で初めてキリスト教の教会に行ったが違和感バリバリ。
古株教会員と牧師のイザコザも耳に入り、当時は古今東西・世界各地の「宗教戦争」は本当に宗教が原因だと思っていた。

こういう神様なら、わたしは要らないや。
当時から、そう思っていた。

でも
養父の時も、母の時も、プライベートな時間を割いて頻繁に見舞いに来てくれた牧師。来る度に手書きのメッセージカードを携え、祈りを捧げ。

最初の奥様に病気で先立たれてから教会に通い始めた養父。
最初の夫を死に追いやったのは自分だ、という自責の念に苛まれていた母。イエスを知ってから投げやりになることが減った、弱いわたしを捉えてくれたのは主だ。という母の文章を没後に知った。

わたしは無宗教主義。
ある意味人間が神を「創り」、古来より民衆を支配する格好のツールとして利用され続け、内部では壮絶な権力闘争。
何でも光だけじゃないよね。人間味溢れるとは思うが信仰の対象ではないというのが個人的な見解。

でも
美と醜は表裏一体。サグラダファミリアなどの宗教的な建築物の美しさには惚れ惚れする。

そして何より、
宗教を必要とする人々や、身を粉にして従事する人の心情までは否定したくない。

その「両輪」を知ることが出来て、よかったと思う。
自分と違う思想を攻撃することの無意味さが、実体験からわかったから。

おいしいもの食べたい。
健康でいたい。
信じることは喜び。

誰だって、そこは同じでしょう?
単なる「枝葉」ごときが違うだけで、なんでこんなにつまんない小競り合いが延々繰り広げられるんだろう。

それは、人が「自分に、自分達に理があるっ」と思いたい習性のある生き物だから。

わたしとて例外ではない。

だからこそ、わたしは「降りる」。
わたしが居たいのは、その「土俵」ではないから。
by yuusfuru | 2017-08-18 00:01 | 考えていること | Comments(0)

自分が出した毒を自分で吸って、自分の言葉で自滅していたでしょうね。

言葉には、力がある。強い言葉は振り子が大きく振れるようなもの。逆方向に振れた時に持ち堪える軸の無い人は、ブレる。

強烈な毒を放つ人って、実力も実績も「適性」も兼ね備えているならば何の問題も無い。その人がやりたくてやっていることだし、闘いの中に身を置くのが性に合う人だって居る。

ただ、そこに群がる人々の中には、
精神面でかなりアップダウン激しいだろーな。も、かなりの割合。
ま、「情緒豊か」な証拠だし、それ自体良くも悪くもない。目一杯楽しめばいい。
やりたくてやっているのだから。

言葉が持つ力に、あまりに無自覚。
力のある言葉に負けないのは、相応の力を備えた者だけ。

身も蓋もなんの捻りもセンスも感じられない愚痴や毒。
わたしは何故「嫌だなー」と思うのだろう?

その愚痴や毒は、わたしの中にもある。
でも、かつて出しても、黙殺され誰にも共感されなかった。

そうか!なのにそんな投稿がたくさんの共感を得ているから、わたし、妬んでいるんだ。

あら?ではわたしは何を望んでいるの?
共感されればそれで満足か?

たくさん共感されれば嬉しいよね。
また、もっと、共感されたいね。
でも、脳は、潜在意識は、
何に対して「嬉しい」と感じたのかを区別しない。
「愚痴・毒+投稿=共感」
これでワンセットなんだよ。

よ〜く見てみ。そういった人の周りでは、次々と愚痴や毒を吐きたくなる案件が続発しているご様子。

でもいいんだよ。わたしにはどうでもいいことだから。
ぜーんぶ、その人がやりたくてやっていることなんだから。

こうやって自分の思考回路を文章で具現化してみると、整理できるし改めて認識できるしスッキリする。

なーんだ。全然羨ましいことじゃなかったじゃん。
あの時、誰にも共感されなかったおかげで文章における表現力は格段に増した。
ろくに力もないのに、しょーもない投稿になまじ共感なんかされていたら、一生その「沼」にハマったままだったかも。

うわーよかった。わたしすごいラッキーじゃん。

わたしは、やりたくない。
だから、やらない。

それだけ。
by yuusfuru | 2017-08-15 23:22 | 考えていること | Comments(0)

第1位
物凄く綺麗な箸づかいで食事中、死ぬ時は実家の畳の上がいいと語る。

あれから11年…
→よっしゃあ🔥じゃあアータの定年後、自前の田畑で自然栽培とかどお?

→自然栽培?農業はそんなに甘くねんだよ。JAさまさま田舎のしがらみ云々かんぬん。俺は戻らん。

→はあぁぁぁぁぁ❓❓❓あっそ。あっそ。

第2位
新卒で勤続20年超。大手勤務。手堅い。

→ああそうだよ。それがなにか❓

第3位
遺伝子目当て

→出会った当初からくまモン体型だったが、この顔、女の子にしたら絶対可愛いと確信。

→娘、狙いどおりの瓜ふたつ✨しゃぁぁ
25過ぎたらくれぐれも注意するよう言い聞かせているわ。

さあアナタは❓
普段なかなか考えないことから、案外いいヒントや突破口が見つかるかもね。
by yuusfuru | 2017-08-13 21:33 | 考えていること | Comments(0)

人生最大の危機=人生最大のチャンス

わたしの場合は2013年、実家(養父)の一次相続で訪れた。

物心ついてから幼~高、社会に出ても何処へ行っても誰といても、9割方不動のポジションは
「クラスに一人はいる風変わりな子」的な。

40歳まで集団のヒエラルキーの最底辺で人の裏をたくさん観続け、自分はきっとこのまま言われっ放しやられっ放しで一生終わるんだろうな…と、生きているのに死んだような眼で、うすらボケーーっと考えていた、あの頃。
当時の写真を見ると時折本氣でゾクッとする。精氣が無さすぎて。

でも、追い詰められたおかげでポールシフト(磁極反転)のような一発逆転。
生まれて初めての慣れない自己解放で敵も作ったが、紆余曲折、結果よければまあいっか、みたいな。

後にも先にもこれっきりだろうな、というほどの危機を経験した人は、強いよ。誰でも。
大丈夫だよ。それぞれの”器”に見合ったことしか起こらない。これが、この世界の仕組み。
わたしごとき到底敵わない波瀾万丈な母の人生を第一子として最期まで見届けた今となっては、それ以外言いようがない。

だから怖がることないんだってば。
死にゃーしないさ。大丈夫なんだよ。
by yuusfuru | 2017-08-12 23:38 | 考えていること | Comments(0)

じゃなきゃ、今のわたしは居ないから。

もう飽きた。自分の思考パターンに。
かさこ塾に入ることを決めたのは、ちょうどそんな時だった。

ここで一句。

壊したい
ああ壊したい
壊したい

もしもあの時。
もっともらしい理由を付けて、でも、実はヤツらが大嫌いだから、だからマヤ暦は趣味として細々とやっていこう。

その意志を貫いていたなら、わたしは、今ごろ、今ほどに、楽しめていただろうか。

一人そう思い込んだ環境に身を置いたままだったらきっと、執着した。
だからわざわざ壊しに行った。
そしたら大嫌いに苦しめられることが無くなった。苦しむ意味なんか無かったとわかったから。
合わなくなった人が離れていって、入れ替わりに新しく入ってきた。

価値観の死と再生。
意志が壊されるのも時には快感。
人と関わらないと出来ないことだと思うから。

あー別にドMじゃないですよ。

by yuusfuru | 2017-08-09 00:58 | 考えていること | Comments(0)

わたしは伝統風水のほうが自分の目的に合うから選んだけど、それはニューエイジなどの他の風水を否定することではないんだな。

風水の種類については伝統風水師・華月ゆりさんのブログをどうぞ
http://ameblo.jp/micchilily/entry-12270321969.html

ニューエイジの良さは、お手軽・簡単にできるところ。発信側も受信側も。
多数派がわかりやすいものや答えを求めるのは風水に限ったことではないからね。

だから、ニューエイジはみんな間違いで、伝統風水こそ絶大な効果があるものなのですね❗️ってのは筋違いだと思うの。
わかりやすい答えやお手軽さを求める人がたくさんいるから、需要に応えているだけでしょ?ただの市場原理。

自分にとって正解なのかは、周りは関係ない。自分で決めればいい。でも決断するには、結果は全て引き受けるという覚悟がいる。

ただ単に「誰かさんが効果絶大って言うからアタシもやってみよっかな〜」程度で明確な目的が無いのなら、あんま必要ないかもね。
今のまま無難に過ごせるってことだって、実は物凄く恵まれていてラッキーなことだとわたしは思うから。

どの風水を選んでも、効果と思われることとの因果関係なんて客観的に実証できない。要は、捉え方次第だからね。
試して検証してどんな結果が出ても、さあこれをどう活かしてくれようか!
この氣持ちがあるか無いか、だとわたしは考えている。

わたしの場合の【理由】は主に、仕事に活かしたかったらなんだけどさ。
ここに至るまでの経緯も書き添えるとね。

*******

*当初(かさこ塾に入った頃)、起業するつもりは全く無かった。
でも、かさこ塾という巨大な渦に飛び込んで自分のやりたいほうに舵を切り続けるうちにいつの間にかそんな流れが自分の中に出来上がっていてあーらびっくり((((;゚Д゚)))))))

*しかも入塾当初は、スピ界にも多数生息するクレクレちゃんが大嫌いでハンドメイドをメインにするつもりだった。
でもモニターさまの経験を積むにつれて、問題はクレクレなどの依存心ではなかったことに氣づいた。
そんなわたしの現段階での提供メニューは、ブライトセッションとマヤ暦…
我ながら、いつの間にこんなことに((((;゚Д゚)))))))❓❗️

*スピには絶対に軸足は突っ込まんぞ(`ω´)❗️❗️と当初、強固に決意していたわたしだが。
同期の服部智恵子さんの施術がきっかけでブライトセッションを習得したくなり流れが変わり(氣とかオーラとか、講義中バンバン出てくる)((((;゚Д゚)))))))

*風水鑑定していただいた同期の華月ゆりさんからも、そっち方面の人だと何となく思うよ❓と言われて
あーーれーーー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
やっぱそぉ❓薄々そんな感じがしてたんだよなぁ実は。
んで、いよいよ腹くくりました。ハイ。

*そうと決めれば❗️どうせやるなら徹底的にやりたい。そのために有効と判断したことは可能な限り何でもやってやる!と思った。

*実は風水にも昔からちょっと興味があって、風水本見ながら素人判断で色々やっていた。
でも自分が今まで考えていた風水とは違う風水があることを知った。
浅いところで情報を集めて、選び・知ったつもりになって、実は自分が全く選べていなかったことに軽くショックを受けた。

*興味を持ったことに関しては根源まで知りたい。伝統風水のほうがある意味根源に近いと思った。

*何よりも、実際に交流して自分なりに感触を掴んでいた。
いくら有名でカリスマであろうとも、人柄や信条が全くわからないうちにそんな大切なことをお任せするのは絶対に嫌。

*******

で、結果はというと…

6月19日訪問鑑定。
7月3日処方の説明。

ジオパシックとか、霊道と言われる、風水の効果の妨げになるものが我が家に存在し、然るべき処置をしていただいた。

生年月日から、家族それぞれの寝るのに適した方位・枕の位置をアドバイスいただいた。

今まで寝つきは良いほうで、不眠の悩みは皆無だったが、さらに寝つき・寝覚めが良好に。今まで何だったの?って位、スッキリ。これは予想外だった。

さらに家の建築年月日から、年ごとに巡る運氣を割り出し、良いものをさらに増幅させるような処方(風水グッズを置くなど)をアドバイスいただいた。

で、ここでまた経緯の説明を少々。

昨年11月からマヤ暦學び始めて、今年2月からモニターさま募集、50名を超えた頃に方向性に疑問を感じて4〜6月を活動休止の充電期間とした。

見切り発車上等、勢いで突っ走りながら形にしていくのが、マヤ暦で観たわたしの持ち味であることがわかっていたので一定の満足感はあった。
でもまあどんな性質でもイイこと尽くしというのは有り得ない。その反面として、スタートダッシュが得意な人って、次に繋いで発展させる持続力が少々弱い。
で、一旦腰掛けちゃうと根っこ生えてくるっていうか、じっとしてると他のタイプ以上に煮詰まってくる。

そんな時に処方の説明を受けた。

休止前から、7月には動き始めると決めていた。さあいよいよ動かねば…よっこらしょ…ふぅ。。

息も絶え絶えでやっとこさ見つけてぶっ込んだシェアオフィスの内見。
これがまさかの一発どストライク❗️
→即契約
→異業種交流会あるよ
→出ます!

→で、当日。
今までバラバラに散らばってたパーツが、ロボットアニメの合体みたいに瞬時に組み上がり形になったような衝撃が走った。
これだ❗️❗️
一瞬で、数ヶ月先までの骨組みが完成した。

→毎月開催される交流会。
開始30分間で参加者の中から持ち回りで行うセミナー枠の9月開催分、
初参加にも関わらず突撃交渉で獲得✨
9月21日(木)、例の3分プレゼンの何と10倍も喋り倒せる✨✨✨

→かさこ塾再受講での3連チャン告知案を突然思い付き、急きょ2・3・4回と続きモノのチラシを作成、持参。

これらは全て単発で終わりではなく、後々、考えがある。あらすじは決めたが、状況によって様子見・出方を変えながら流れを繋いでいくつもり。

さてこれらは「風水が効いた」と言えるのか?
仮にわたしと同じ体験をしても、そんなの単なる偶然と思う人だっているでしょう。

でもわたしは確実に
「風水で”場の力”=環境を整えたことが凄い速さで結果に繋がり始めた」と感じている。
あまりのタイミングの良さに、そうとしか思えないんだな。

そして効くか効かないかなんて考えるよりも大事なことは。
どちらがいわゆる「運のいい」人の考え方かどうか。やっぱりこりゃー信じたモン勝ちじゃない?
なにもわたしは運がいいですぅと言いたいわけじゃなくてね。

流れに乗って自分の望む方向に舵を切っていきたい人にとっては、伝統風水という「人類の叡智」を上手に活用するのも大いにアリなんじゃない❓

実はまだ処方の全てを試しているわけではない。なのに自分としては予想外に大きな変化❗️

もう大急ぎで残りの処方を実践しなきゃ🎵
伝統風水って、物凄くわかりやすい運勢加速装置。自身の軸が定まっているかどうかの確認にもなると思うんだな。

加速ということは、元々持ってる軸次第だからね。
諸々マルっと引き受ける覚悟さえ出来ていれば、目一杯活用し甲斐のあるものだと実感できた。

そんな話でした〜(=゚ω゚)ノ

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

by yuusfuru | 2017-08-08 20:00 | 考えていること | Comments(0)