そこを曖昧にするという心構え自体が、実は商売全般に多大なる影響を及ぼすから。

のっけからエグいタイトルだけど、商売するってのは、そういうことだよね❓と、わたしは思ってるの♡

今日、個人事業者向けの法律の勉強会に参加しました。
講座の内容と、既にバリバリ活躍されている参加者の皆さまによる実体験を交えた意見交換。

それを聴いていて、思ったことは。

お金のやり取りは法的に色々決まりがあって、それは基本的に消費者を守る視点から作られている。

だからこそ知らなくちゃ❗️

「法」を知ることが、自分の身を守ることにつながる。

わたしは商売に関しては素人同然だけど、こういうのは分野問わず言えることでね。

いわゆる「マトモな話が通じないヒト」というのは確かにいるから。
パッと見じゃあわかんないから厄介だってーの。

難し〜い☆
なーんつって、他人に丸投げ❓
うあーーこえーーー((((;゚Д゚)))))))

あのさ、
そういう姿勢は全てに波及するよ♡
困った時にカネ出して泣きつけば、目先の解決をしてくれる人はいくらでもいる。

でもそこで ”根本” の姿勢がそのまんまでは、いずれまた形を変えて、いくらでも似た事態が降りかかり続けるという。

だからね、最初っから、とっとと知ることが一番の近道。

わたしはそう考えていまぁす(=゚ω゚)ノ❤️

講座終了後に皆さまと一緒にランチ。
こういう ”オフ” の中での会話ってのが、ある意味いっちゃんオモロかったりするんです〜( ^ω^ )

ちょーーウマかったぁ💕💕

e0364817_23224477.jpg

by yuusfuru | 2017-03-23 23:15 | 考えていること | Comments(0)

わたしの場合は、そうなんです。

昨年3月、好きで始めて2年続けてきたことをやめて、
「これから、役割外した自分時間では好きなことしかしない」
と決めた時も。

「これは単なる自分のエゴなのでは?」

でも違った。ことがここ3ヶ月ほどの体験で実感できた。

いま、突然気付いてしまった。
わたし、久しぶりに不安になってる♡

あーナントカロスとは別物ですよw

文章には、自信を持っていた。
でも、書籍以外で、自分が逆立ちしても敵わない筆力に、しかも複数、久しぶりに出会った。

要は、世界が広がったから。

わたしの「瞬間最大・全身全霊」は、恐ろしくピンポイントなんです。

わたしの個性は、おそらく受け手を非常に選ぶタイプ。
でも、マニアック方面に舵を切るのはまだ早い。

わたしの今の段階では、ただただ素晴らしい❗️よりも

自分と相容れないものからのほうが実はいちばん吸収し、学べるから。

でもわたしはドMじゃないのでw そればかりだとツラい。

今回、最大の「収穫」が、
「仲間っていいな」
「自分がいまどの段階か、よくわかるな。あの頃より確実に成長できてる」
って実感できたこと。

だからわたしは新しい出会いが好き。
数撃ちゃ、当たる (しっくりくる ”貴重な人” と出会える) 回数も増すから( ^ω^ )
by yuusfuru | 2017-03-02 01:40 | 考えていること | Comments(0)

最初っから、アウェイ感、皆無❗️❗️

様々なジャンルの方々が集い、
世間一般的なコミュニティでは浮きがちな発言を堂々と出来るどころか、交わせる❗️❗️

自分の殻を打ち破ろうと、自力で足掻く者同士、通じるものがある。

中には既にプロ中のプロとして活躍中の方も。
さらに貪欲に学び続ける姿勢を目の当たりにして、プロとはこういうことか❗️と感嘆✨✨

こういう方を多く見ていくうちに、口先だけの薄っぺらな「ニセモノ」も
すぐに見抜ける眼力も養われる気がする。

ニセモノを見抜くにはホンモノに触れるのが一番。

では最後に締めとして、今日の打ち上げで撮影した
かさこさんハッピーバースデー画像をw

「カリスマブロガー」の、このような姿がナマで見られるのも塾生ならではのオトクポイントかもねww

それではみなさま
おやすみなさい(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ

e0364817_23311896.jpg

by yuusfuru | 2017-02-28 23:17 | 考えていること | Comments(2)

せめて基本的な洗脳の手法くらいは、知り尽くしておくこと。

『え〜難しい〜わたし専門家じゃないしぃ』

アタイだって専門家じゃねえっつーの。

だいたい、専門家じゃなきゃわかりっこないってのも一種の洗脳だからね。

先入観を上手く使う洗脳手法もありまっせ❗️

例えばコレ。
e0364817_23371557.jpg


ビッシリ付箋を貼った本を見て
『わ!凄い!!…ザワザワ○□◇…』

囁き始めた可愛らしい方々がいた。

わたしとしては、いちいち探さなくていいように、栞がわりで、中身なんぞまだ大して読んでない段階だったんだが。

それがそんなに凄いことかい❓

あのな。

わたしだからまだ色めき立つ程度で済む。
でもコレを、あんたがたが尊敬してやまない、影響力の強いお方がやってみ❓

『凄〜い💕さすがだわ〜❤️❤️❤️』

コロリと洗脳まっしぐら。
ハーイ ♪ いっちょ上がりっ( ^ω^ )

難しいことじゃないと思うんだけどなあ。
普段から面倒がらずにちゃんとモノ考えてりゃあいいだけなんだからさ。

そーゆーことです(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-02-27 23:23 | 考えていること | Comments(0)

一人ひとりはごく「普通」なのに、集団意識って怖いよね〜。

一度嫌われたらある意味オシマイなのは当然。
キレイごというなや♡♡ って たまに思うね。

【人間のいちばん主要な判断基準は
好きか嫌いか。理屈なんて後付けだよ】

誰かや何かを嫌う権利は万人共通なんだから
それぞれ好きにすりゃいーじゃん。

でもわかってるよ。
綺麗に取り繕わなければ壊れてしまう関係性がある。そういうのも必要。

義務とかならキレイごと大歓迎♡

だけどそれ以外はもう金輪際お断りなんだぴょ〜〜ん ♪

昨年4月頃だったかな?

「傷つけられた」仲間の代わりに
自分らは一切腹を割らずわたしの本音を探る。
( ↑無自覚。それがかれら流の思いやりか?w)

自治会や学校絡みなら全然オッケーよ。
でもプライベートでこんな ”常識” に
巻き込まれるの、二度とゴメンだから( ^ω^ )

義務じゃなければ、嫌いは嫌いでいいでしょ。
まず自分はどうしたいのか、って話。

わたしは
もっと人を好きになりたい。
だから
面白い人がたくさんいそうな場所へ行く。

そのありがたみが身にしみてわかるような ”逆” の経験は、今まで散々積んできたから。

だからもう、たのしいに決まってる。
って確信があるんだよ〜〜(=゚ω゚)ノ

たのしい、って、なにも面白おかしいばかりでなくてね。

ちっきしょームカつくな❗️
でもコイツどこまでやってきやがるかな、くふふ…w
みたいなことも含めて(^_^)

まあいいんじゃない?
それぞれ好きにすれば。

目に付きやすい言動ではなく、本人には無自覚な深層心理に相応しい結果が出るのは、必然。

だから、よそさまをアレコレ言ったり、わが身を嘆いたりは程々にしといてさ。

そんな暇あるんなら

今この瞬間最大、全身全霊、
自分自身を生きろ。生き抜け。燃やし尽くせ。
やり切ってみやがれや。

そーゆーことだよーーん(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-02-26 21:49 | 考えていること | Comments(0)

『世の中は、めあき千人、めくら千人、
残りの8千人はバカである。
市場とは、このバカによって構成される。』

一部界隈では超有名な話。
試しに『残り八千人はバカ』でググってみたら出てきたよ〜w

ある意味「バカ」になったほうが、
ある意味「ラク」だよね。

日本で2番目に大きな宗教
『みんなと同じ教』の信者で居続けたほうが。

何よりも大切なのは、
残り八千人の
思考回路・行動パターンの、徹底分析。

集団意識の怖さを、実体験の中から、
骨身にしみて思い知ること。

のちのちそれは自分にとって、
とても強力な武器となる。

わたしが今までの経験で実感している、
真理のひとつ。

↓↓↓わたしの場合
「世の中の底辺」→「集団内最弱の立場」に置き換え。

e0364817_22390270.jpg

by yuusfuru | 2017-02-16 22:28 | 考えていること | Comments(0)

こんなの、すんごいスケールのデカい、単なる幻想。

だけど、その実体を把握しておくことは、とても重要。

実は、世の中で最強の権力を持つのは、一握りの支配者層でもリーダー達でもなく、この「普通・常識」=最多数派、だから。

自分が傍観者でいられるうちはいい。実際、安泰でやり過ごせるひとがほとんど。

でも一旦ね、最多数派に束になってかかってこられたら、ひとたまりもない。

例えば有名人のワイドショーネタなんか、まさにそうでしょ?
それだけ需要が多いってこと。

一般人の集団内でも似たようなもんだよ。

あーコワイコワイw
でも、成長して、たのしいステージに行けるのは、いつも吊るし上げられたほう。

だとわたしは思ってる。
経験上。
by yuusfuru | 2017-02-15 14:02 | 考えていること | Comments(2)

人には必ず両極があり、たまたま表から見えやすいだけのものを、世間一般的には「性格」と呼ぶらしいっすね。
苦手と得意の両極。
苦手を極めれば、何かの拍子にもうひとつの「極」に、クルリ大反転した実体験。
苦手は苦手なままでも格段にラクになれる。そうなっちゃえば苦手なことも「武器」に変わる。
人間、いくつになっても変われる。
苦手を無理矢理好きになるのではなく、苦手を受け入れるって意味の「変わる」。

幼・小・中・高、わたしの不動のポジションは
「クラスで必ず1人は居る、風変わりな子」
集団内最弱のポジションは、人間観察眼を養うには最適な環境。
みんなに優しい委員長がわたしだけにみせる「ウラの顔」的なサンプル、山ほど持ってるよ。

高校卒業してからも似たようなもんで。

わたしの人生大転機は、2013年10月、養父が亡くなった後に訪れた。

骨肉相続勃発。
わたしが助けを求めた相続専門税理士さんですら
「お金以外でこれだけ揉めるケースは珍しいですね」
と言ったほど。

ちなみにこれね、「ニセモノ」を見抜く眼力を養うにはホント最適。

表向き立派なコト言ったりやったりしてる人々の「ウラの顔」びっくりするほど剥き出しになるよ♡

男兄弟いてつくづく良かったなあと思ったのもこの時。
なんだかんだ女ってだけでさ何かとさ。

2対1で追い詰められてから、1年掛けて主導権握り返し。
憂さ晴らし&趣味の活動2年間で発散し。

自分が本当に変われたかどうかは、周りをみてみればいい。

夫婦関係・娘との親子関係が、劇的に好転した。

その後2年間、生まれて初めての、自分自身を解放する、トレーニング。
やり方が不器用で、たくさんの敵を作った。その中でほんの少しほんのひと時ほんの数人、通じ合えたことがたまらなく嬉しかった。

色々あったが、まあ結果オーライな現在。
やっぱり慣れないからさ、人との距離の取り方を時々間違えるのね。

視線とか挙動とか、たぶん時々おかしい。言いつつやりつつ、自覚はある。
でも、この長年染み付いたクセを抜くには、出すのがいちばん。

あ、やべ❗️❗️
結構仲イイ人じゃなきゃ言わないこと・やんないこと、会って間もない人にウッカリ言っちまった・やっちまったか∑(゚Д゚)?!と。

でも大丈夫。
それ以前に2年間、ダテに解放の練習してるワケじゃない。すぐに気がつき軌道修正できるように、以前よりは確実に、なっている。
子ども時代と違って、周りはもう大人だからさ。多少のことならスルーしてくれる。

いつまでも怖がってちゃ、始まらない。
人から受けたものは人との関係性の中でしか昇華できないもん。

時々恥ずかしいけど思い切って動き始めた今のほうが数段ラク。
それが出来たのは、その前に選び・削ぎ落とし・手放して身軽になってたから。

つーことで、現在、横浜鶴見かさこ塾で、
人間関係のリハビリ第2弾、スタート切ったところなのであります。

どうせやるなら徹底的に。

瞬間最大・全身全霊が、わたしのモットー。
骨の髄まで味わい尽くす所存でございますの。
おほほ。おほほほほ♡♡♡
by yuusfuru | 2017-02-14 23:15 | 考えていること | Comments(0)

”素” の扱い方 ③

【 ”素” の扱い方=逆境との向き合い方?】

わたしの場合、一応考えたつもりでも本音を漏らすと集団の常識に適合しないことが多かった(=逆境)。
でも抑えるばかりでは息苦しすぎて精神が窒息しそう。

世間一般で言うところの ”素の人” とは程遠いですが、紆余曲折の実体験の末、以前より自分の ”素” の扱いに慣れてずいぶんラクになりました。
そんなわたしの個人的な見解が、

*あまり考えない ”素” のひと

*考えぬき磨き上げた ”素” のひと

ざっくり2通りある気がするというものです。

《ここでいう ”考えない” というのは、特に意識せずとも周囲から受け入れられる自己表現が身についている、それについてあまり考えない。本人としては無理せず当たり前に振舞ってるだけ。との意味合いです。》

前者は
育ちの過程で自分の本質(=自然)をあまり抑えつけられず精神的に伸びやかに成長した、人格の根っこ的なものを年齢相応に育んできた安定感が初見でわかる。
あまり屈折感がなく割とストレート。

後者は
自分はこのままでは受け入れられない、自分なりの極限状況を人生のどこかで経験して乗り越えてきた。逆境で磨かれるというやつです。

前者は非常に稀です。
前者気取りはもう少し多いですが。

もちろん人並みに苦しい悲しいこともあったでしょうが、なんかこう ”順調に苦労して乗り越えてきた” というか日の当たる場所を歩んできた感じというかスレたところがないというか。
うーーん。ニュアンス伝わるかな?

後者の方が逆境に晒されてる分、思考や人格に深みがある気が。
たぶん、生き抜く為に磨き上げざるを得ないところまで追い詰められています。
そうやって磨き上げられた ”素” の演出というのは、”計算高さ” とは根本的に異なるものです。
そして後者気取りは格段に多い。

前者が薄っぺらとかいう意味ではないですし、そういう価値観では測れない魅力があります。
前者が深く考え始めたらその底抜けの伸びやかさが台無しでしょう。深くないほうが素敵、という人だっているのです。

何かっつーと「深~い☆」を連発する底の浅さ、というのを最近感じているので使い方には特に配慮しています(^^;;

どちらも多数派から「素のままの人ね」と言われますが、
わたしには前者と後者の違いがなんとなく判ります。

どちらにしろ際立っている人は魅力的です。
どう育てられ何を経験すればそんな風になるのか。
観察すればするほど興味は深まり尽きることはないのです(o^^o)

そういう面白い人々にこれからたくさん関わっていきたいなあ(*^^*)
母・妻・嫁などの役割を全て外した ”自由時間の自分” の行動基準はソレでいこう❗️
昨年4月からそう決め、ソレ以外の足枷もバッサリ切り捨て、当初は迷いもありましたが。
いま思えば、あのとき決断して、手放して、
ほんとうにほんとうによかった( ^ω^ )♪
by yuusfuru | 2017-01-30 22:36 | 考えていること | Comments(0)

”素” の扱い方 ②

【洗練には制限が不可欠?】
最初から周りが賛同者ばかりだったら、わたしの文章力
(=人間性。言葉をどう扱うかは人格形成の上でとても重要)
は大して向上していなかったでしょう。
↑⭐️コレが今回いちばんのポイントでーす⭐️

先の投稿にも書きましたが、ネットのドツボにハマり、血の繋がったきょうだいにさえキチガイ扱いされ ”傷ついた” w わたしは
( ↑これは本来おかしな認識。自身を傷つけることができるのは自分だけです)

同志を求め、
2014年4月から2016年3月まで、食の安全に関する情報を発信する組織でボランティア的な活動をしていました。

入ってすぐに、映画
「モンサントの不自然な食べ物」
(遺伝子組換え作物にまつわるアレコレのドキュメンタリー映画)
の上映会のお手伝いをしました。

無事終了し、後片付けが終わり帰途につく最中、わたしにとっては衝撃的な会話が。

「こんなことやっちゃって、○○(組織名)、潰されちゃったりしないんですかね?!」
「そーよねーホントそーよねー」

((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
あ、、そんなレベルなのね…と。
早々に激しく失望したことを覚えています。
偉そうですよねすんまへんm(_ _)m
念の為、それが悪いといっているのではないですよ。
わかりやすい ”悪役” をあつらえ、皆が知らない秘密を知ってしまったワタシ(((o(*゚▽゚*)o))) 感を持たせることは、世間一般の圧倒的多数派に訴えかける上で、最も効果的なツールなのですから。

ただねえ、
ホントのタブーというのは、われわれ一般庶民ごときにはそう簡単に流れてくるモンじゃない。
ああ、、やっぱり多数派は何処へ行っても多数派なのだなあと痛感した次第です。
少なくともその程度の ”本質” はわかっていた。
”安心して触れられるタブー” とでもいうものが存在します。
その一線以降は誰もどこも答えを提示してくれない。
自分で自分の答えを考え、選び取ってゆく、自己責任の孤独な世界。
今ではそのみちを選んで心から満足しつつ周囲との折り合いも当時より格段にスムーズです(^^)
自分の正義を他者に無自覚に強要することの愚かしさを実体験をとおして学んだからだと思います。

しかし当時のわたしは、
自分は人よりモノを知ってるのよ~と思い上がり、知ろうとしない人々に、要らぬお節介する気満々。
そんな意識が黙ってても立ち昇ってくる、鼻持ちならぬ「意識高い系」
そんなところでしょうかw

失望を補って余りある魅力が、その活動にはありました。
そのような動機で ”イイこと” をしている人々は案外多いのではないかと、ついつい底意地の悪い考察をしてしまうワタクシ…ww

こういう、世間一般的に ”イイこと” とされている活動では、たいてい担い手不足が深刻です。まあ当然ですよね(他の記事に書いた通り)。
なので幸いなことに、すぐに仲間として迎え入れられました。
色々知っててスゴい的なことを言われイイ気になり初っ端から墓穴掘ったり、その後も色々ありましたけどね(^^;;(^^;;(^^;;

それもわたしにとっては全て必要不可欠な過程でした。それも他の記事で折に触れ書いている通りです。

アナタの考え方は神経質過ぎる、的なことはよく言われました。

でもわたしは自分の考えをカタチにできることをたのしみはじめていた。
たった一人でも、あの文章よかったわ、と言われることが嬉しくて仕方なかった。
だから、何とかして、自身の信念を曲げず & その組織内の暗黙のタブーにも触れない文章、という表現に挑戦しました。

「おいしい上に安全な食べ物の重要性を知っている」という、
根本的な部分が多少なりとも共通していたからか、その挑戦は功を奏し、月1回の紙媒体の広報の1コーナー(400字程度)やfacebookページを作成・運営したりなど、かなり好きなことをさせていただきました。

文章力も飛躍的に向上しました。
○○のテーマで○○○字以内でお願い、というオーダーで、依頼主の意向に沿いつつ自分の信念は曲げない文章もお手の物に( ^ω^ )
時にはスレスレを敢えて狙う遊び心も…(^^;;
その点については本当に感謝しています。

今マイブーム中の「田中角栄 名語録」にもありましたが、ものごとを説明するにはどうも「3」というのがキリがいいようです。
書いている実感としても、そう思います。

次回の③でなんとか収拾つけてみっかぁ( ^ω^ )
な~んて思ってましゅ(=゚ω゚)ノ♪
by yuusfuru | 2017-01-29 22:34 | 考えていること | Comments(0)