カテゴリ:食( 19 )

生臭くならない理由は、魚の加熱時間が短い&塩締めしてあるから。


塩締めした魚を3秒水洗いで水気を拭き、

(塩締めのやり方は文末4枚目の画像を参照)

炊き立てご飯をサッと混ぜて魚・塩昆布・すりゴマを投入、秒速で混ぜてソッコー蓋して1分蒸らして出来上がり。


加熱用の魚でもOK!

刺身用の柵でも切り身でもOK!


あまり脂っこくない淡泊な魚が合うかな。

マグロなら安い赤身で充分ウマいよ。

塩締めは臭み消しの役割もあるので、多少鮮度が落ちた魚でもOK。

鮭の切り身でやるのもいいし、

他の具も自由。

ネギ、大葉とかもいいね。塩気が足りなければ後から塩や醤油を足しても良し。

塩は精製塩ではなくミネラル分の残ってるものにしてね。


ぜひお試しを(*゚▽゚)ノ


塩昆布は生活クラブで。これも激ウマ♡


e0364817_22155423.jpg

e0364817_22155681.jpg

e0364817_22155895.jpg

e0364817_22160081.jpg

☆告知☆
今までに気づかなかった自分の新しい一面に出会えるかも?イベント価格でぜひ気軽にお試しを。
今月19日(日)銀座の占いイベントに
マヤ暦とブライトセッションで出展します!
https://www.facebook.com/events/488639078170015/

【普段は横浜を拠点に活動しています】
自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

by yuusfuru | 2017-11-17 22:09 | | Comments(0)

「この卵」がコチラ。
ちなみにわたしは味の違いがわからなかったのがちょっとくやしい。スペックだけで選びました。
e0364817_18524980.jpg

何というかさ、「生命の源流に近い」味を知っている人は生命力が強いなぁと、わたしは思う。

自然に囲まれ、田舎ならではの、昔ながらの「自然な」コミュニティで揉まれて真っ直ぐ育った人間は、パッと見どんなに頼りなく弱そうでも、実は健全で強い。
そしてそれは、わたしが持っていない要素。わたしとは違う種類の強さ。

夫が持っていない要素は、わたしが持っている。
互いの欠けてる所を合わせてみたら、隙間なくピタッと合わさったような感じ。

だから、自分や他人の欠けてることを認めることは大切なことだと思うの。結婚して、色々経て、年数相応に落ち着いた今だからわかること。

夫の実家では、夫が小学生の頃までは鶏を飼っており、毎朝産みたての卵を食べていたとのこと。
兼業農家なので、米・野菜もほぼ自給だったそうだ。

4年前、一般的なスーパーに売ってる卵から切り替えた初日に言われたわ。「この卵、旨いね」って。

替えた理由は、NON-GM飼料・ワクチン以外の薬剤(飼料に混ぜる抗生剤等)不使用・産卵日記載あり・国産鶏種。
なのにコスパ抜群だから。一般に比べ、10個につき+100円程でこの品質が手に入るなんて!

今、徐々に生産者も増えて市場も拡大しつつある無肥料・無農薬系の農業と違って、田舎は昔も今も化学肥料・農薬が当たり前。
だけど、それはそれ。

添加物なんか何も知らない気にしない
酒もタバコもやりたい放題
我が家での通称「毒酎」(人工甘味料入り缶チューハイ)が大好き

でも幼い頃に味わった産みたての卵は、忘れていなかったのね。

お義父さんがまだ元気だった頃、丹精込めて作ったお米を毎年送ってくれていた。
今まで食べたお米の中で一番おいしかった。色々知った今でもそれは変わらない。

汗水垂らして農作業をしたことが無いまま(現場を知らず)「安心・安全」を知ったわたしには持ち得ない、逞しさ。生命力。

だからなんか。
わたしの言いなりに酒もタバコも午前様もおとなしくやめてくれる夫じゃなくて、かえってよかったかなぁなんて思う。
自然派にこだわり過ぎる不自然さに気づくことが出来たから。

夫の実家にあった、アルコールで発酵を止めた、保存料入りの味噌(もはや味噌じゃない❗️❗️)で作った味噌汁を
しみじみ「旨いなぁ」と言われた時はムカついたけどねψ(`Д´)ψ

だって❗️昆布と鰹節と本物の味噌で作ったワタシの味噌汁のほうが旨いって言ってほしいんだぴょーーんだ。
言ってくれないけど。ちっ💢

でもま、

味の素とほんだしで育ったが、本物の出汁の旨味がわかるようになったわたし。

マックや砂糖菓子の味は覚えたが、出汁を取った後の鰹節が大好きで醤油かけてモリモリ食べる娘。

卵の味だけでなく、実家近くの野草や花などの名前を訊いたら全部答えられる、毒キノコの見分け方なんかも熟知している、元・自然児な、現・超絶メタボ夫。

人間の生命力って凄〜い。つくづく凄〜い。

知識を自ら得て選んで、可能な限り実践することが大切なのは大前提だけど。
肝心の動機が「恐怖」からか「快」からか。って結構ポイントなんだよ。

まあ「快」にフォーカスしたほうが断然楽しいよね。
単純にそう思うわ〜。

by yuusfuru | 2017-10-24 18:51 | | Comments(0)

キッカケは、3日前に聴いた発酵甘酒の講座。
かさこ塾同期の美香さん主催の、めっちゃおいしい野菜寿司で有名な奥秋さんのお話をたっぷり聴いてきた。
FB記事↓
https://www.facebook.com/yuusfuru/posts/1928776830715077?pnref=story
e0364817_00301204.jpg
e0364817_00305017.jpg
フルーツ入りの甘酒。
市販の、酒粕を砂糖水で溶かし酒精で発酵を止めた缶入り甘酒が不味くて飲めないわたしでもこれはおいしく飲める。てか全くの別物。

現時点での自分の方向性は、
「やみくもに避けるより、毒を排出できる身体づくりに力を入れたほうが効率がいい」
そのために大切なのが「腸」正確には「腸内細菌」。

知ったばかりの頃より今の方がずっと「身体に悪い」ものをモリモリ食べているが、健康状態は今の方が格段に良好。
平熱はここ1年で35.6℃前後から36.7℃前後へと上がった【体質関係なく、35℃台は低体温と言われ、免疫力低下や病気を招きやすいというのは万人共通】。

それはやっぱり「排出できる身体づくり」が着実にすすんでいるから。でも、みんながわたしのように基礎から全て自力で学ぶ必要は無いとも思った。理由は後半に書いた。

食習慣を変えて、体調の変化や目に見えた効果が現れるのは一定期間かかるもの。
14年前、ある方法で花粉症を治した時も、実感が出てきたのは続けて半年ほど経った時のこと。

今回もそのくらいの期間、自分の身体で「人体実験」してみれば、何も知らなくても、あまりお金をかけなくても免疫力上げられる方法を伝えられるようになるかも!

講座を聴いた直後から数日間寝かせて今日突然湧き上がってきた感覚。
講座の詳細や途中経過については今後少しずつブログに書いていこうと思っている。

ところで。ついでに。
「今までバカにしてて」な理由について。

今までのわたしの、食に関するブログ記事をお読みいただいた方々にはとっくにバレバレだとは思うが、いちおう白状しておく。

食品偽装などが大々的に報じられる度に【その時だけ】大騒ぎして、アッという間にほとぼりが冷め、忘れた頃に品だけ変わって同じことの延々繰り返し。
勝手にやってろばーかばーか。と今まで思ってた。

話になる・ならない、以前の問題。その程度の知識量。中途半端なところで怖じ気づいてそれ以上知ろうとしない。
食べ物という”命”を、安全か危険かだけでしか測れない。
利便性・安価という”光”と対になる、農薬・添加物などの”闇”。
もとから不可能なイイとこ取りをしたがる人間の強欲さ・身勝手さ。その自覚すら皆無な、浅はかな発想。まるで添加物満載のインスタント食品のような思考。

そんな奴らから神経質扱いされるのが、もうたまらなく嫌だった。

だから「その土俵」からは離れ、伝えることも諦め、「人は人、自分は自分。好きにすりゃあいい」という現在の立ち位置を決めた。
もうそんな思いをしたくなかったから。

でも、もしかして違うかもよ?
マクロビ歴22年の講師による、発酵甘酒講座を受けて、急遽そんな考えが湧き上がってきた。

食べ物に対して、これは安全とか危険とか、そういう尺度から論じると必ずアホくさい論争が生まれる。

でもその人は、全く違う尺度を持っていた。誰も何も否定しない。争いにならない。それほど説得力があるのは実体験と経験の積み重ねから導き出した、その人だけの答えだから。考え方自体が「発酵」しているように、わたしには感じられた。

そしてこれは、わたしが提供している「ブライトセッション」にも通じるものがある。

これを考案した方は、とんでもなく複雑で難解で、費用も高額になる手法を学んだ上でそのエッセンスを抽出し、簡単で効果の高い手法を編み出した。
その方が言っていた。
「わたしには必要な学びだったけど、それが誰もが必要なことだとは思わない」

今回の講座がキッカケで、それと同じかもしれないことに気がついた。

色んな段階を経てきた。段階ごとに積み重ねた知識を実践してきた。
花粉症が治ったり、10ヶ月でマイナス13kg、体脂肪率41→31%のダイエットに成功したり。
人体実験で、”自分だけに適用していればいい正解”をたくさん見つけてきた。

基礎から徹底的に学んだ人の多くが陥る通過地点
「情報の奴隷・現場を知らない頭でっかち」
「知ろうとしない、自分だけの正解を選べない人々を”情弱”などと内心蔑む」

わたしにはその全てが必要不可欠な学び・経験だった。
でもみんなが知る必要なんて無かったんだ。

何も知らなくても、それほどお金をかけなくても、実践できる方法。
「エネルギー」「オーラ」など何も感じないわたしでも出来る「ブライトセッション」で、わたしはそれを教えてもらった。

昔から大好きで、ある意味莫大な時間と費用と労力をかけ続けてきた【食】。
伝える方法がわからなかったから今まで距離を取ってきた。

「ブライトセッション」
「マヤ暦」
「食」

一見バラバラに見えるかも知れないけど、わたしの中でこの3項目は一貫したテーマで繋がっている。

共通して伝えたいことは
「自分の中の自然を大切にしよう」

ぬか漬けも玄米酵母液も最近サボってたけど、いっちょ気合入れて再開すっかな。
こんなにサボりっぱなしでも体調絶好調だから再開したらそりゃあもースゴいことになるんじゃね?

ってことで【食】新たなステージに突入。
「人体実験」の経過や成果、甘酒活用法いろいろ。
ブログ上で少しずつ伝えながら形にしていきます。半年くらい経ったらリアルでも形にできたらいいな。
そんな風に考えています(*'ω'*)

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

9月21日(木)11:00~、30分ミニセミナーやります。どなたでも参加可能です。(要事前申込)
https://www.facebook.com/events/1542392249161330/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2222%22%2C%22feed_story_type%22%3A%2222%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story

10月14日(土)10:00~18:00「自由が丘癒しのフェスタ」出展します。入場無料。
https://peraichi.com/landing_pages/view/jiyugaoka

by yuusfuru | 2017-09-07 23:37 | | Comments(0)

無料は全ていい加減というわけではなく。お金払えば確実とはもちろん一概に言えないけど。

例えばパソコン。
好きな人は独学で覚えられる。
無理な人は対価を払い、習いに行く。

例えば「食」。
わたしは昔から関心があり好きだったので、自然とアンテナ鋭くなり情報が集まり、自分向けにカスタムしアップデートする事が何の苦も無く出来る。

で、
た・と・え・ば・さ。

食のことになると
なぜ大多数は無料の情報だけで済まそうとするのかな〜〜???
って、今日の昼頃、急に浮かんできた。

うん。わかるよー。
お金払ってまで習得する必要性を感じていないからだよね。
知ってるんだからこんな時こそみんなのために発信してくれてもいいじゃんなんて感じの人もいるのかな?
したい人はすればいい。そう言えるのは食だけじゃないよね。

無料の情報や素人の情報が
不確実だったり自己流だったりすることがおおいのは、そう言えばどの分野も同じだったんだわ。
数年来のモヤモヤがスッキリしたわ。

食の知識も色んな段階があってね。
それぞれの段階で教えてくれる人って居るのよ。パソコンインストラクターみたいに。

で、初歩的な知識を知った、もしくは教えられた段階でたぶん大多数が通る道が

「情報の奴隷」

無料の情報の中には
その段階で神経質になり過ぎてドツボにハマってるのも、かなりの割合含まれている。

でも当たり前だよね。無料なんだもの。
それに加えて食の分野にも御用ライター的なのは結構いるしさ。

「そんなに知ってるなら周りに伝えていけばいいのに」と言われたこともあるけど、わたしが伝えたいのはその先の段階。

いくら情報や知識をかき集めても、いつまで経っても不安が消えないのは何故?

思考の根底から
「思い込み=常識=権威のお墨付き(裏には利権がびっしり張り付いている)」
に汚染されている人が多いからだとわたしは考えている。

これは本人の軸がグラついている限り、いくら物知りさんになっても決して解消されない。事実、リアルにたくさん観てきた。

わたしは、思い込みを自力で外すお手伝いの方をやりたいと思っている。
その為に有効と思われる方法論で、自分が今から習得出来るもの。

現実的な選択肢のひとつが、ブライトセッションだと思った。
常識という思い込みを外せば、自分の頭で考え自分の責任で選ぶことが増えると思うから。経験上。
そーいうことでーす。

って話でした。

by yuusfuru | 2017-08-23 22:45 | | Comments(0)

プラス(身体に良いとされているものを積極的に摂り入れること)よりも
マイナス(身体のバランスを崩すものを極力摂り入れないこと)

市販薬も含め、全ての医薬品の使用をやめて4年ほど経つ。
でもたとえ夫婦でも、ましてや赤の他人様にわたしの流儀をわかってほしかったりとかは無い。今はもう。
わかるもん。人は易きに流れやすい。
なるべくラクしてオイシイ思いしたいもんね。
わたしだって食以外の分野ではそういうとこあるし。
ポイントは違えど誰にでもある、譲れないこと。わたしの場合は食と現代医療もこれに含まれる、ってだけのこと。

とはいえそんなにストイックにやってるわけでもなく、特に最近はお外で暴飲暴食三昧の日々。
昨日一日中、2年振りに高熱にうなされた時に摂取したものは、体液と同じ濃度の天日海塩水とデトックス茶のみ。

まあ究極、それがいいという強烈な信念さえあれば何でも「効く」んだろうけど、一夜明けてスッキリ爽快✨✨

娘に関しても、出来る限りのことはやる。市販の砂糖たっぷり菓子など制限しなくても、他にやれることは山ほどあるのよ。
その成果かは知らないが、現在小3の娘、入学以来、病欠なし。インフルエンザで学年閉鎖になってもピンピンしてる。

夫に関しては、ひととおり言うには言ったが、なんせ
「酒とタバコがなきゃ俺は死んじまう」
「旨いもん食いたいし、男なんか若いうちカッコ良きゃいいんだからダイエットなんか絶対しない」
男気溢れるステキなダーリンでして。

こっちはもう大人なんだし、どうしても譲れないポイントは放置して、氣付かれないところでしっかり対策済み。

でも風邪については譲歩してくれたわ。
【before】
症状出始めから治って1週間以上も市販の風邪薬を飲み続ける。
ポカリはまだわかるが「はちみつきんかんのど飴」が何故か必須アイテム。
当然治りはとても遅く、いつまでもグズついてやがる。

【after】
どうしても休めない仕事などやむを得ない場合を除き、風邪薬なんか飲まないほうがよくってよ。人体恒常性と医薬品との関係、市販薬の薬害の実例などの云々を淡々と説明…

→風邪薬は必要最低限になった🎵

風邪に糖分は治りが遅くなるよ。はちみつきんかんのど飴の銘柄指定とか意味わかんねえんだけど。

→飴ちゃんはやめてくれた🎵
ポカリはやめらないみたいだけど、糖分の絶対摂取量が減ったからまあ良しとする🎵

何よりも風邪を引く頻度が激減した。
言ってみることも必要だけどたとえ夫婦でもあまり踏み込むとコントロールになって関係性おかしくなるからね。
言うこと聞いてくれないのが問題じゃあないんだよ。
自分の出来る範囲でゆる〜くやるのが一番ですなって話でした〜(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-08-11 16:07 | | Comments(0)

体質や好みは人それぞれ違い、万人共通の「正解」など存在しないことに氣付かないから。

ただひとつの答えとテストの点数で決まる教育の弊害かしらね。

自分の子ども時代も含め、現代の学校教育は、とてもよく出来た社畜(てか体制の奴隷)育成システムであると個人的には思うのだけど。

いわゆる健康とか食を大切にしている人というのは、自分なりに調べ考えた結果、流儀を確立している。

どこから情報を拾ったかによって、かなり違う。当然、人の数だけ正解がある。細かいところで相入れなくて、こだわってる同士なだけに不毛な論争に発展しやすい。

肉食と菜食とか。
砂糖もけっこう見解わかれるね。
最近は経皮毒に関しても見かけたなあ。

まあ好き好きなんだからどっちでも構わないけど、これだけは思う。

自分と異なる見解を拒絶・攻撃したり。わたしのこだわりは!な〜んて必要以上に得々と語る人って。

知識面で、もれなく。大したことない。

どっかの権威や組織が与えている正解を鵜呑みにすることを、知ることだと勘違いしている。
食の安全を広めるボランティアに2年間携わってきて得た実感。

【あ、それで講演料もらっている人や理念が必要な組織なんかが言ってることはまた別ね。「大人の事情」が絡んでいる場合も多々あるし。】

それにね、そういう問題って、木に例えるなら幹や根っこじゃなくて枝葉なの。
本質は、そこじゃない。

わたしは、いわゆる自然派ではあるけれど、自然と隔絶された環境の中で必要以上に無添加だの神経質に騒ぎ立てる「不自然さ」も実感としてよくわかる。

でもそのおかげで自分や世の中バランス取れるのよ、実は。
神経質にこだわりアピールする人も、正解があると思ってる人も、いるのが自然だし必要だと思うよ〜。

健康ネタに限らず、理屈のつもりで感情丸出しなのも無自覚で、他者をチクチク皮肉って喜んでいたり便乗している人々は好きじゃないけどね。

嫌なら自分の意識から消せばいいだけの話。それだけのことだと思うの。

「そんなに色々知っているんだから、食のこととか薬の弊害とか、もっともっと伝えていけばいいのに」と言われたことがあるけど。

確かにそういう役目の人も必要。そのおかげで知ることができた。
でもその先、考え選び自分だけの正解を掴み取る過程までは誰も教えてくれない。知ってなるほどで終わりではなくて、その先が重要なんだよ。自分で決めるって簡単に言われているけど、多くの人にとっては実は結構難しいこと。

これは枝葉なの。幹や根っこは、自分で考え選ぶ力が衰えている人がとても多いこと。
自分自身を含め、人間の「根っこ」に働きかける上でとても効率・効果が高い。

それが、わたしがこの道を選んだ理由のひとつ。

☆鑑定メニュー詳細・今後の予定などはこちら☆
http://yuusfuru.exblog.jp/25916973/




by yuusfuru | 2017-07-27 00:26 | | Comments(0)

ネットで見かけた炭酸フルーツの作り方。サクランボがいちばん炭酸感が出たと載っていたので早速試してみた🍒

e0364817_18292824.jpg


保存袋で炭酸水に漬けて冷蔵庫で一晩置くだけ。

食用の重曹(炭酸水素ナトリウム)とクエン酸をコップ一杯の水に各小さじ2分の1位かな?

e0364817_18312072.jpg


普段使わない大さじ小さじが行方不明なのでフツーのスプーンで。
これなら炭酸の強さも自由自在❤️
ちなみに炭酸水は断酒のお供にも最適。呑みたい欲求が収まるらしい。わたしには効かない時もあるけどね…

一晩漬けたさくらんぼは誇張してヒビ入ってるものも!
果肉はしゅわしゅわ✨✨
子どもにも大好評だったよ〜(=゚ω゚)ノ

e0364817_18292962.jpg


by yuusfuru | 2017-07-09 18:12 | | Comments(0)

上田勝彦氏の書籍
『目からウロコの魚料理』

e0364817_21140637.jpg


元漁師、元官僚、現在は会社を立ち上げ、一貫して魚食復興の活動をされているかた。

わたしが生活クラブ生協の委員活動(食の安全を伝えるボランティアみたいなもの)をしていた2014年、生活クラブ主催の上田氏の講演会を聴きに行きました。

委員になる前はスーパーの鮮魚売場で働いており、さばき方を覚えて魚料理が大好きになっていたわたし。

講演会を機に、ご本人にFacebook経由で交渉し、自分の活動する拠点でイベントを開催しました。

その時の動画がこちら
前半
https://www.youtube.com/watch?v=CSySXKMtBtM
後半
https://www.youtube.com/watch?v=diS9WnUmKr4

そのご縁で、のちに上田氏に監修いただき、書籍『ウエカツの目からウロコの魚料理』のダイジェスト版を作成し、今も元拠点の店舗に掲示されているものです。

魚料理はマンネリになりがちだったり、扱い方がわからなかったりしがちですが、コレはレシピではなく【仕組み】で解説されているため、シンプルで応用自在!

Facebookでは何度か上げていますが、ブログにも残しておきます。

一度仕組みを覚えれば一生モノ❗️
簡単で超旨いので、ぜひお試しあれ✨

e0364817_21140799.jpg

e0364817_21140847.jpg

e0364817_21140849.jpg

e0364817_21140984.jpg

e0364817_21141093.jpg

e0364817_21141184.jpg

e0364817_21141115.jpg


by yuusfuru | 2017-06-22 20:50 | | Comments(0)

『アクアパッツァ』
e0364817_22595294.jpg


っていうとなんか敷居が高いというか、うわっ難しい❗️そんなオシャレなお料理❗️って感じだけど。

コレ、元々はイタリアの『漁師メシ』だからね。海の男たちの、豪快で大雑把、でもメッチャ旨いやつ。

『思い込み』って、メンタルブロックって言い方もするね。
心理系のセッションでブロック外すとか何とかあるじゃない?
確かに一時的な効果はあるかもしれない。

でも、ブロックはなにも心理的なものばかりではない。「根っこ」的なものって案外、実生活に根ざした、こんなところなのかもね。

料理に対する『思い込み』を自ら外し、『いつものパターン』から脱却してみる。
他人様にやってもらうのとは違い、こちらは自分でやるから、より『根っこ』の部分に効く、ような氣がするのよね〜。

いちおう作り方も載せておくね。

下処理した魚(切り身でもOK。白身の魚がいいかな)、ニンニク、あさり、トマト・イタリアンパセリ、パプリカ、あとテキトーにナスとかシメジとか。

オリーブオイルでニンニクを炒める
e0364817_22595342.jpg


イタリアンパセリ以外の材料を全部ぶっこんで白ワインをテキトーに回し入れ
e0364817_22595409.jpg


蓋をして10分たったらイタリアンパセリを入れ、火を止め、余熱でしんなりしたら完成。
e0364817_22595437.jpg


丸の魚だから立派そうに見えるけどめちゃくちゃ簡単だから、ぜひお試しあれ(=゚ω゚)ノ
by yuusfuru | 2017-06-12 22:28 | | Comments(0)

昨年4〜9月、月1・全6回 受講したナチュラルハーモニーの講座。
この「業界」にありがちな「単純な善悪二元論」じゃないところが好きだなあと思ったわ(o^^o)

直後の感想、スマホに残ってたー❤️
こんな感じよ(=゚ω゚)ノ

e0364817_00133845.jpg


「品種改良」「菌」
以前、とある所でいくら聴いてもチンプンカンプンだった理由がようやく判明❗️❗️

訳わからん専門用語や曖昧な理由でぼやかさずにはいられない、業界の事情があったのですな。

ほっほっほ。

全6回終わる頃には、とってもスッキリ✨✨
どんな知識や情報よりも大切な「軸」を自分の中に見出すことができました。

e0364817_23591918.jpg


で、1年前のFB投稿を一部転載。

*************

ひとつひとつの方法論より、本質。
植物なら、葉や実より、根っこ。

例えばね
マクロビは本来、玄米菜食するべし!なんて説いてない。
自然栽培は、単に自然に任せる(耕さない、草取りしない)ことではない。

もっとわかりやすく例えれば
○○や**がダイエットに効く!
が、方法論。
試しに「ダイエット 市場規模」でググってみ?2兆円、っていう事実が出てくるから。それが、本質。

長文だと要点がボヤけるし、簡潔にまとめるとこんな感じかな。

2:2:6とか、1:2:7の法則とか?
色んなところで言われているよね。

それで世の中バランスが取れるように出来てる、自然の摂理なんじゃないかな、と思えるようになってきた今日この頃。

多数派は結局何処へ行っても多数派だからね。逆もまた然り。
勢力として強いし、寂しくならないから、憧れて、混ざりたいと切望した時期もあった。でもそれは自分の中の”自然”に反する=お互いにとって望ましくないこと。

*************

ナチュラルハーモニーの特徴は
「自然栽培」と「蔵付きの菌」

いわゆる自然食品業界の「急所」満載でした〜〜( ^ω^ )❤️
by yuusfuru | 2017-04-07 23:42 | | Comments(0)