例えば1年後に世界が滅亡することが確定していたら、あなたはやりたいことを諦めますか?
どうせ世界は終わるから何をやっても無駄なのかな?

そんなの関係ないよね。

だって誰だって次の瞬間、生きるか死ぬか、どうなるかわからない。

今まで大手マスコミで盛んに垂れ流されていた数々の終末論を思い返してみよう。
予言ってマヤに限らず何でも大抵怖いでしょ?

覚えておこう。

大衆心理を操作するのに最も効果的なのは、人間誰もが持つ恐怖心を利用すること。

ノストラダムスだって、マヤの予言だって、表に出てくる「裏」っぽいものに、ホンモノの「裏」は無い。

以上よ(*´ω`*)❤️
# by yuusfuru | 2017-07-22 22:25 | 考えていること | Comments(0)

お話をすればするほど、似てるなぁと思ったんです。「かさこ塾」と。

「独立した ”個” 同士、繋がって拡げていこう」
という、トップの志(こころざし)が。

今後わたしが拠点を置くこととなった、横浜駅みなみ東口徒歩6分のシェアオフィス(コワーキングスペース)
「ヨコハマホップ」

オーナー・保坂 一成(ほさか かずなり)さんとかさこさんの共通点。
見かけのタイプは全然違うんですけどね。

今日、初参加させていただいたランチビズ(カジュアルな感じの異業種交流会)

e0364817_22124314.jpg


「ヨコハマホップ」は会員制ですが、この交流会は毎月第3木曜日・先着30名、申し込めば誰でも参加することが出来ます。

最初は参加者の中から毎回1名選ばれ、30分のミニセミナーの時間です。

訊けばこのミニセミナー、会に2回以上参加し、かつオーナーの判断基準に合致しさえすれば機会をいただけるとのこと。

おおこれはチャンス❗️
かさこ塾最終回「3分プレゼン」の10倍も喋れるぜ✨✨

その条件で1週間散々足掻き倒し、夜な夜なエキス凝縮しまくり、ついでにパワポにも生まれて初めて挑戦よ!

当日、緊張感で嘔吐卒倒寸前な3分プレゼンをやり切った「かさこ塾卒業生」としては夢のような好条件ではありませんか❗️❗️

ってことで初参加にも関わらず自己紹介後に突撃交渉したワタクシ。
結果、9月の会でミニセミナーやらせていただけることになりました(^-^)/

ひゃっほーー❗️❗️
ありがとうございます(*≧∀≦*)✨

その後は皆でランチを食べながら歓談のひとときを。

ところでオーナーの保坂さん、初めてお目にかかった日に名刺とパンフレットをいただき拝見した瞬間からもうわたしの中で印象繋がったのですよ。

二つ折りの名刺。
e0364817_22124440.jpg

e0364817_22124592.jpg


三つ折りのパンフレット。
ちなみに保坂さん、本業は行政書士でいらっしゃいます。
e0364817_22124504.jpg

e0364817_22124672.jpg


これを見て
「え、かさこ塾行ってました??」
((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
と思う「かさこ塾生」は、きっとわたしだけではないハズ…

そんなかさこ塾、わたしは自宅から最寄りの会場、横浜鶴見で今年2月受講・卒業しました。

かさこ塾のいいところのひとつは、再受講は全国どこでも何度でも無料で、卒業後も塾生同士が繋がる機会がたくさんあること。

今月から鶴見で始まった第2期・2回目の講義。わたしの必須条件 ”平日昼間近場” が初めて揃ってわーいわーい🎵
明日、初の再受講に行ってきまーす❗️

現役塾生さん向けの三段階告知と企画を只今、絶賛練りこみ中でーす(*^ω^*)

それにしても当初は、
いち専業主婦の普段の生活では絶対に接点の無い、面白い人々と交流するのが「かさこ塾」に入った目的。

もともと起業するつもりではなかったのに。
いつの間にかこんな流れでここまで辿り着き、これからさらに予想外な展開だろうなぁ。こういうのメッチャ好き💕

まあ当然プレッシャーハンパないよ?
でもそれでもやっぱり
人生ってつくづく面白いと思う今日この頃です(*´ω`*)❤️

e0364817_22124734.jpg

以前、在籍されていた ”氣” がわかる占い師さんも、「ここは氣がいい」と仰っていたそうですよ。
”氣”は今の所まったくわからないワタクシにすらハッキリわかるほどに、なんだかホッとできる癒しの空間で〜す(*´ω`*)
e0364817_22124860.jpg


# by yuusfuru | 2017-07-20 22:00 | 考えていること | Comments(0)

マヤ暦は、吉凶が無いとされています。

吉凶を決めているのは誰でしょうか?
神様でしょうか。大自然でしょうか。
違いますよね。人間です。

では何をもって「凶」とするのでしょうか?短期的に見て、人間にとって、都合の悪いこと。

自然の流れで見ると、穏やかな晴れの日ばかりでなく何もかも吹き飛ばし洗い流す暴風雨や嵐も必要。

自然界に存在する菌に善玉も悪玉も無く、それぞれに役割がある。
例えば耐性菌などは、人間が間接的に生み出してしまった凶器です。全体を観ず、自分たちに都合の悪い部分だけを排除しようとするから、自然界のシッペ返しを食らうのです。自然は本来のバランスを取り戻そうとする力を働かせます。

単に人間にとって都合の悪いことが「凶」。人間が作った概念です。

満腹の充足感を味わうには空腹の体感が必須。「幸せ」って、比べる対象が無いと実感できないのです。

生まれ持った個性をより発揮するには「逆」の体験と言って、満腹を実感するための空腹体験、みたいなことがあります。

例えば「エツナブ(白い鏡)」
e0364817_09134282.jpg


人に甘えず自立心が強い。約束は徹底して守る。
だから約束を守らなかったり、言ってることとやってることが違ったりをとても嫌います。
20の紋章の中で1、2を争うほど、キレると怖いです。限界ギリギリまで我慢するから。

でもこれだけならネットや本にも載ってるし、知ったからって、ああそうなんだ当たってるぅ。で終わってしまう。まあ、「当て物」としての一時の娯楽ならばこれだけでもいいのかな?

なんでそこまで我慢しちゃうかというと。

キレると怖いのは実はとっても「情」が深くて、ギリギリまでなんとかしたいと相手の身になって思いやることができるということなんですよ。

だから見た目は「優しく」見える人がとても多いんです。

なので「白い鏡」の人が人生思い通りにならず苦しんでいる場合、この我慢しどころやし加減のポイントがあまりにも自分都合になり過ぎていないか見直す。

そこから手を付けたほうが効率的、という目安というか、自分で自分自身を省みる取っ掛かりが見つかるものでもあるのです。




# by yuusfuru | 2017-07-20 09:10 | マヤ暦解説 | Comments(0)

「選ばれる性」としての「女のステージ」に、有無を言わさず引きずり上げられる、あの、クソ忌々しい日々。もう金輪際ごめんこうむりたいわ。33歳で結婚が決まった時はホント腹の底からセイセイしたわ。

このわたしが。まさか「フツウの幸せ」を得られるなんて。
ハタチのあの頃には全く想像も出来なかったから。

だって、あの頃に戻りたいほどの思い出なんて一滴も無いんだもーん。
どこへ行っても誰と居ても心休まる時が無かった。人を好きという感情がわからなかった。

9歳の頃、そんなに嫌ならリコンすればいいのにと思った。こんなキモチワルイものを愛と呼ぶのなら一生要らないと思った。

そんなわたしが、結婚11年目。

2年目、ダンナの親族側からの「本家長男の跡継ぎはまだか圧力」が高まりゆく中、タイミングよく妊娠した。
でも素直に喜べなかった。というか断然怖かった。
子どもの個性や可能性を、わたしが潰してしまうのではないかと。

そんなわたしが、お母さん8年目。

これを奇跡と呼ばずして何と呼ぶ?

2017年7月17日、吉祥寺第一ホテルに。
わたしと同じ年代・立場の主婦パフォーマンス集団のショーを見に行き、そんな思いを巡らせていた。
ド派手なコスプレと自虐、トゥーマッチな芸風が特徴。

e0364817_20121051.jpg


ショーのプログラム

e0364817_20121107.jpg


ステキなキャスト✨

e0364817_20121263.jpg


自虐もあそこまで振り切ると、もはや芸術。逞しさと底知れぬ生命力がひしひしと伝わってくる数十分間だったわ。

自虐ギャグだけじゃないよ。
人生の様々なステージで、女だからこそ味わう不条理の数々。乗り越えてきた世代から、これから乗り越えねばならない若い世代への暖かいエールも。

わたしは今でこそ精神世界の発信を好んでするようになったが、元来かなりの現実主義者。

スピスピしい綺麗な格言よりも
例えば愛読書だと田中角栄の名語録とか、現実世界を泥臭く激しく生き切った人々の言葉に惹かれる。
だからコマエンジェルにも惹かれるのかもね。

若い女、特に若くて綺麗な女には商品価値がある。
綺麗であればあるほど、自己評価が低いと人生を破滅的に狂わすことになる。

自分が女の子を授かった時、真っ先に思ったのは、大体こんなこと。
さあどう育てようか。当初は結構悩んだなぁ。

でもあれから紆余曲折、散々足掻きもがき振り切って行き着いたその先の、今。

自分を生きることは、他者を活かすことに繋がる。

他者との軋轢と仲良しグループの馴れ合いの両極しか生まない解放は、過程としては部分的にアリ。留まりたければそれもアリ。
でももう飽きちゃったんだもの。ちょっと淋しいけど、だからこそ新しい出会いを求め出向く原動力にもなるわけで。

自分を解放し始めてまず最初に影響があったのは娘・夫との関係。
それはもう嘘みたいに劇的に改善した。

もう何があっても大丈夫。子ども時代と違って、選択権があるから。
母の波乱の人生を見届け、自分の器以上のことは起こり得ないと知った。

大好きな「田中角栄・名語録」のひとつに
「息子には常々言っている。俺の生き様を見ていろ、と」

娘でも同じだと思うよ。自分だって娘の立場で思ったことあるよ。

大人になって、全ての事情を知った時。

ホントバカな母なんだけど。
わたしが1歳の時、看護学校入学・自分の親を呼び寄せ同居・引越し手配、全て独断で夫にはオール事後報告ですよ⁉️それが最大要因でゆっくりゆっくり壊れていく家庭をずっと観てきた。

でもなんだかんだ言ってやっぱりこの女には敵わないと思うのですよ。尊敬してる。
わたしだったら無理だもん、38歳で夫が自死して12・6・3歳の子を抱えた状況。そこから2年足らずでの奇跡の出会いと再婚。
やり切って生き抜いた母の生き様。

これ見ちゃうともうそんじょそこらのお涙ちょうだいドラマや映画が物凄く嘘くさく見える。おかげで安い心理操作にも引っかからなくなる。

ひとつのショーから、こんなところまで思いを馳せた、そんなお話でした。

☆告知☆
潜在意識と人生のあらすじを読み解く、ブライトセッションとマヤ暦やっています。
横浜駅近、徒歩6分。詳細はこちら。
http://yuusfuru.exblog.jp/25916973/
お問合せ・ご予約お待ちしております(^^)

# by yuusfuru | 2017-07-18 19:49 | 考えていること | Comments(0)

相反するからこそ惹かれるのよね〜。
これぞまさに世界の・人間の神秘よね〜。

だから美しい一方しか見ない類いの情(愛・感謝・絆など)なんてつまんないし勿体ない。その逆も、もちろん。

両極を知らない「中庸・真ん中」は、必ずどこかで破綻する。

怖がらせたいわけじゃない。むしろ逆。破綻は生まれ変わりの幕開け。
その先こそがホントの勝負どころ・醍醐味だとわたしは思うの。経験上。

こんな時いつも、甘い罠は『情』
破綻こそが、せっかくのビッグチャンスなのに。泣き言や毒吐いて、うんうんわかるぅーも時に必要だけど。
あまりに盛り上がって固い結束やら絆やら生じちゃうのもね〜。

誰だっていちばん怖いのは、孤独。
たくさん喜んでくれる人が居るとまた泣き言や毒吐きたくなる。それでバランス崩しているケースが本当に多い。もちろんもれなく無自覚ね。

仲良しと馴れ合いは似てるけど違うよ。
さあコレはどちらかな❓
そう考えられるうちはまだ大丈夫かなぁ、たぶんね。

☆告知☆
潜在意識と人生のあらすじを読み解く、ブライトセッションとマヤ暦やっています。
横浜駅近、徒歩6分。詳細はこちら。
http://yuusfuru.exblog.jp/25916973/
お問合せ・ご予約お待ちしております(^^)

# by yuusfuru | 2017-07-16 12:14 | 考えていること | Comments(0)