最後に願掛けしたのはいつだろう?って位、わたしが神社でお願い事をしない理由。

願いって、叶ってからが正念場だなあって最近特に思うから。
叶っても、自分がそれを受け取るに値する器を育て切れていないと、身にならないと思うの。
いや正確には、受け取るって決めて器を育てる覚悟・それに伴う行動とか、そんなんかな。

結婚したかった人が結婚出来ればそれで幸せなの?
子どもが欲しかった人に子どもが出来れば幸せなの?

確かに幸せっちゃー幸せだけど、それはあくまでスタートライン。

お金が今よりたくさん手に入れば幸せか?ってのもそう。
以前の職場で、若い頃、宝くじで数千万円当たって人生狂った50代男性の話をリアルに聞いたことがある。

願いが叶うってことはある意味、自分が「見えない世界」から試されることでもあるんじゃないか?

あと、昔から神社に関心が無いものだから、いざ行くとなればメジャーどころの神社ばかり。それ以外知らない。
そういう神社は大抵混み合っている。
人混みが嫌いなわたしにはキツい。

しかしここ1年ほど「見えない世界」を解っている人々と知り合う機会が増え、神社に関するSNS投稿をたくさん見かけるようになり、気にはなっていた。

見えないし感じないけど、あるものはあるんだ。
いや、感じないってのも最近あやしくなってきた。

神社に呼ばれるって何だ?ピンときたらそれが合う神社だよ、って?ええぇぇぇーー❓❓❓
謎だらけだった。昨年、神社好きの知人から誘われた時はなんか気が進まず、まあ時期が来たらきっと気が向くこともあるでしょうとそれっきりになっていた。

で、昨日。2018年1月11日。
友達の紹介で知り合った方に連れて行っていただいた、5年以上振りの神社。
わあ❗️人混みが無い❤️
メジャーどころの神社と全く雰囲気が違うのは混んでないせい?いやそれだけじゃない気がするんだよなあ。
神社の他にもお寺とか絶景スポットとか、詳しい人しか知らないような場所をたくさん、初めて見た。
どれも好き。空気が違う。心地好かった。
e0364817_00524221.jpg
願い事は、しなかった。
叶った事を受け取る器の準備が、まだ出来ていないと解っている。昨年、痛感した。
要は、やること目一杯やり切ったとはまだ言えない状態なんだよわたしは。

だから、
参拝させていただきありがとうございます。
と心の中で言ってきた。
また行きたいと思える神社が出来た。
わたしは神社が嫌いなのではなく人混みが嫌いなだけだったのかもな、と思った。

ああよかったなあ。また行こうっと😊❤️

by yuusfuru | 2018-01-12 00:48 | 考えていること | Comments(0)