2017年3月21日(火)今日のマヤ暦エネルギー

Kin197・音2・赤い地球(カバン)×黄色い戦士(キーブ)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
4巡目の 音2
黄色い戦士(キーブ)の13日間・2日目

《赤い地球⇒心の連帯・発展》
『音2⇒二極・選択・突破』

何となく考えていたことが現実に起こった❗️という嬉しい偶然の一致。
これを「シンクロ(シンクロ二シティ)」と呼び、マヤ暦では、自然のリズムに沿った生き方をしているサイン、と捉えられている。

そのために大切なのは、心を開いて生きること。
傷つけられた体験を引きずっていると難しいが、過去は過去。

信頼できる人に、何かひとつでも、小さなことでも、今まで打ち明けなかった本音を伝えてみたり。

それを受け入れられた時の自分の感覚、よーく観察して、覚えておこう。

少しずつの積み重ねが、自然のリズムに乗って自力で人生を発展させていく、一番の近道。

迷いがあれば、今日は思い切って「パッと選ぶ」練習を。
考えすぎず、無理せずできる小さなことから(^^)

【13日間共通】
《黄色い戦士⇒自己との戦い・挑戦》

戦いの相手は他人ではなく、
潜在意識の奥深く潜む「偽りの自己」「エゴ」
新しいことに挑戦し、過去の自分を脱ぎ捨てていこう。

大切なのは、戦いの相手を間違えないこと。

認められたい、褒められたい、いい事やっていい人に見える自分に酔いたい、などなど。

これらはすべて、人からどう見られるかを意識したもの。

誰に何と言われようが思われようが、あなた自身はどうなんですか❓
自分自身に真正面から向き合おう。

結果というのは、表面的にわかりやすい言動ではなく潜在意識にふさわしいものとなるから。

そこをよ〜く意識した上で、目的を定めて挑戦してみよう。
まずはすぐに実行できる、小さなことから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by yuusfuru | 2017-03-21 08:03 | マヤ暦解説 | Comments(0)