2017年3月17日(金)今日のマヤ暦エネルギー

Kin193・音11・赤い空歩く人(ベン)×青い夜(アクバル)

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
3巡目の 音11
青い夜(アクバル)の13日間・11日目

《赤い空歩く人⇒成長の手助け・教える・奉仕》
『音11⇒不協和音・改革・解放』

人との関わりで不安を感じることがあるなら、思い切って輪に飛び込み、奉仕の精神で周囲を明るく照らすような言動を。

気をつけることは、相手を思うあまり手を出しすぎないように。
相手の自立を奪い依存を生み出すことになりかねない。

相手を助けたい思いに、自分が尊敬されたいとか、自分が思う正しさに固執していたりなどの動機が隠されていないかチェック。
やりすぎ注意。手を出しすぎずに見守ろう。

不協和音は不吉なことではなく、現状を打破したり閉塞状態を突破するために必要なパワー。

変化と浄化が繰り返され、最終的には大事なものだけが残る。

改革は手放すことから始まる。
両手一杯に抱えていては、新しいチャンスはつかめない。

自分の中で、もう古くなった習慣や枠組みを外し、崩壊のプロセスを受け入れることで、新たな受け入れスペースを作っていこう。

【13日間共通】
《青い夜⇒豊かさ・夢見る》
全ての豊かさは、心の豊かさを自力で養うことから始まる。

他人との比較ではなく、自分が本当に好きなことを探そう。
心の底から没頭する姿が周りの人に夢や希望、勇気となって伝わっていたと気付いた時、自分の内面が豊かに成長していることを実感できる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⭐️マヤ暦260日のサイクルとは⭐️

第一の城 Kin1~52 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「起」誕生・種まき
きちんと種まきをしましょう。

第二の城 Kin53~104 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「承」鍛錬・洗練
第一の城でできたものが本物になるために揺すぶられる期間。

第三の城 Kin105~156 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「転」大転換・変容
停滞や形骸化を防ぐためには変化が不可欠です。

第四の城 Kin157~208 (音1〜13 × 4=52)
起承転結の「結」熟成
赤い第一の城の時にまいた種を刈り入れる時期。

第五の城 Kin209~260 (音1〜13 × 4=52)
マトリックス(母体・基盤・原型、の意味)
刈り入れたものを整理し、再スタートに備える。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by yuusfuru | 2017-03-17 07:51 | マヤ暦解説 | Comments(0)