マヤ暦とは ② 「占い」が ”当たって” いない場合

同じ日に生まれた人同士でも、それが表面的にどのような出かたをするかは人それぞれ、ということを前回お伝えしました。

そこで再びこの表を。

わたしと同じ生年月日なら表の内容は同じです。同じ方向性の性質を持っています。
しかし、そういった人を並べてみたとしても、パッと見は当然、千差万別でしょう。少し上辺を見た位では、おそらくわかりません。

e0364817_21374722.jpg


全部で6種類の数字が並ぶ中、自分が持っている本質は、上の4つ。
わたしの場合、1・15・4・3 です。

マヤ暦には、わかりやすくいえば表と裏があり、
左2つが表。右2つが裏。

表はネットの無料マヤ暦占いですぐに調べられますが、裏は、わたしの知る限り、ネットには載っていません。

顕在意識が上2つ。潜在意識が下2つ。(心理学用語ですが、割と一般的で多くの人に通じると判断したので説明は割愛します)

左上の「1」イーミッシュ・赤い竜 と書かれている部分。

ここには、日常生活で主に他人にみえて・みせている部分の特性があらわれます。
顕在意識・潜在意識の、顕在。外にあらわれやすい部分です。

「1」イーミッシュ・赤い竜
これをネットの無料マヤ暦占いで調べてみると、

キーワード
【母性力・創業力・熱血力・生命を育む、生み出す】

特性
【愛情豊か・プライドが高い・面倒見がいい・集中力がずば抜けている・自信家さん】
と、出てきます。

これだけでは抽象的ですね。占いは、その言葉の定義には一切触れずに、受け手の解釈次第で多くの人に無難に当てはまるように書かれているのがほとんどです。

【占いの批判ではありません。不特定多数を対象とするものではどうしてもそういった書き方にならざるを得ない、という意味合いです】

*************

*愛情豊か・面倒見がいい
→愛情をかける範囲により、見かけの印象がかなり異なる。
仲良しグループで小さくまとまるか、広く浅くの博愛精神か。

*プライドが高い
→そのプライドはどこに向けられている?
外に向けられれば、世間体を保つ方向にいきがち。内に向けられれば、誰にどう思われようが自分の信念を貫き通す方向ですかね。

*集中力がずば抜けている
→やはり、集中力を向ける対象や範囲によって、見かけの印象はかなり異なるでしょう。

*自信家さん
→個々の精神的成熟度によって、かなりの質的なバラつきが見られます。
根拠のない強がりと、経験に裏付けられた思い切りの良さには天と地ほどの開きがあります。

*************

この性質は全部で20種類あり、4つの組み合わせによって260種類 (マヤ暦・心の暦は1年が260日なので) に分類されるわけですが、

そうそう!”当たって” るわ~☆
と思ったかたは、「ご自身の本質に沿った=自然と調和した=事が ”うまく” 運びやすい」生き方が無意識に出来ている可能性が高いです。

この4つの数字のどれかひとつ、あるいは幾つかに、
これが自分の性質とは、自他ともに到底思えない。”当たって” ない~☆と感じる部分。

今まで、または今。
あなたが何かしらの生きづらさを感じている。それは周りの皆に比べて深刻である、自分ではどう解決して良いかわからない、と感じるならば。

その状況を自力で打破する糸口が、その ”当たってない~☆” 部分に潜んでいる可能性が非常に高いのです。

わたしの場合、全部で4つの、自分の性質をあらわす数字のうち、
この「1・イーミッシュ・赤い竜」だけが、どう考えても「らしく」なかったのです。

こういう時こそが「セッション」の出番です。
(セッションの意味については前回記事を参照ください)

次回は「1・イーミッシュ・赤い竜」の読み解き・わたし編 についてお伝えします。
by yuusfuru | 2017-01-03 21:32 | マヤ暦 | Comments(0)