無料は全ていい加減というわけではなく。お金払えば確実とはもちろん一概に言えないけど。

例えばパソコン。
好きな人は独学で覚えられる。
無理な人は対価を払い、習いに行く。

例えば「食」。
わたしは昔から関心があり好きだったので、自然とアンテナ鋭くなり情報が集まり、自分向けにカスタムしアップデートする事が何の苦も無く出来る。

で、
た・と・え・ば・さ。

食のことになると
なぜ大多数は無料の情報だけで済まそうとするのかな〜〜???
って、今日の昼頃、急に浮かんできた。

うん。わかるよー。
お金払ってまで習得する必要性を感じていないからだよね。
知ってるんだからこんな時こそみんなのために発信してくれてもいいじゃんなんて感じの人もいるのかな?
したい人はすればいい。そう言えるのは食だけじゃないよね。

無料の情報や素人の情報が
不確実だったり自己流だったりすることがおおいのは、そう言えばどの分野も同じだったんだわ。
数年来のモヤモヤがスッキリしたわ。

食の知識も色んな段階があってね。
それぞれの段階で教えてくれる人って居るのよ。パソコンインストラクターみたいに。

で、初歩的な知識を知った、もしくは教えられた段階でたぶん大多数が通る道が

「情報の奴隷」

無料の情報の中には
その段階で神経質になり過ぎてドツボにハマってるのも、かなりの割合含まれている。

でも当たり前だよね。無料なんだもの。
それに加えて食の分野にも御用ライター的なのは結構いるしさ。

「そんなに知ってるなら周りに伝えていけばいいのに」と言われたこともあるけど、わたしが伝えたいのはその先の段階。

いくら情報や知識をかき集めても、いつまで経っても不安が消えないのは何故?

思考の根底から
「思い込み=常識=権威のお墨付き(裏には利権がびっしり張り付いている)」
に汚染されている人が多いからだとわたしは考えている。

これは本人の軸がグラついている限り、いくら物知りさんになっても決して解消されない。事実、リアルにたくさん観てきた。

わたしは、思い込みを自力で外すお手伝いの方をやりたいと思っている。
その為に有効と思われる方法論で、自分が今から習得出来るもの。

現実的な選択肢のひとつが、ブライトセッションだと思った。
常識という思い込みを外せば、自分の頭で考え自分の責任で選ぶことが増えると思うから。経験上。
そーいうことでーす。

って話でした。

# by yuusfuru | 2017-08-23 22:45 | | Comments(0)

「命術(めいじゅつ)」とは、生年月日(ものによっては出生時刻も必要)により内容が決まる占術のこと。
マヤ暦はもちろん、四柱推命・西洋占星術・数秘術など。

占術は他に
朴術(ぼくじゅつ)→偶然に現れたしるしを読み解くもの(タロットなどのカード類)。
相術(そうじゅつ)→手相、顔相など、後から変わる可能性もあるものを読み解くもの。
が、あります。

今回は、かさこ塾繋がりのほうげつあきよしさんに、娘の四柱推命鑑定をお願いしました。
ほうげつさんのブログはこちら
http://happycome-hogetsu.hateblo.jp/

以前、わたしが自分の方向性に迷っていた時に鑑定していただきました。

その時は、占術には上記の3種類あることすら知らずマヤ暦の鑑定をやっていました。
根源なんか知らなくてもあの手この手で成立してしまうケースもある「占い師」「スピリチュアル」という職業の怖さを感じました。

それでお金をいただいていながら、わたしのは占いじゃないとかわたしはスピじゃないとかのアピールがいかに傲慢で無知なことであったか。何名かの「プロ」に鑑定を受ける立場になってみて、わかりました。

自分が使っているマヤ暦とリンクする部分が多くて興味深かったので、娘でも検証したくなりました。

わたしの時の感想記事はこちら。
内容的にクソ重い自分語りがわたしの必殺技なので念のため閲覧注意です。
http://yuusfuru.exblog.jp/25771578/

自分の時も娘の時も事前にもちろんマヤ暦で鑑定済です。照らし合わせて再確認。
やっぱりリンクする!
占いの使い手としてはある意味予想通りなんですけどね(^^)
マヤ暦での、娘を例にした解説記事
この中の「年表」青の時代、特に青い手の年が転機や発展を意味します。
娘の場合、14~26歳に最初の「人生で最も目まぐるしい変化の時期」が訪れます。
http://yuusfuru.exblog.jp/25989779/
表に現れやすいとされている、現代マヤの「太陽の紋章」娘の場合
http://yuusfuru.exblog.jp/25963469/
「赤3つ」の娘。赤の紋章の特徴を解説
http://yuusfuru.exblog.jp/25831323/

以下、鑑定表&鑑定結果より抜粋*******

e0364817_02173493.jpg


自我が強い。芯の部分は一生変わらず、「こう」と決めたらトコトン「こう」。
それを抑え込むと反発するし、結局やりたいようにやるので徒労に終わる。

激しい性質だからこそなおさら、
最低限の社会のルールは幼いうちに叩き込むのが大切。タテ社会の集団に入れ、実体験からルールを學ばせるのが有効(武道とか)。

華やかさの要素が強い一方「男勝り」。
勝氣な女性は自分以上の強い男に惹かれがちだが、そうなると「男が二人」状態で何かと波乱。本来は「草食系」が合う。
人生の「ピーク」が早い。いわゆる早熟。
男関係注意。悪い虫に狙われやすい。

浮き沈みの激しい運氣の持ち主。要覚悟。
でもそういう人は平穏無事に押し込められることが逆にストレスになる。

*************

ま〜〜〜やっぱりね❗️❗️❗️
と、大納得の結果でしたよ。

2歳辺りの「イヤイヤ期」以前は、空腹とオムツ以外ほとんど泣かず生後3ヶ月以降には夜間ほとんど起きず朝までぐっすり。癇癪も無く、ホント手のかからない子でしたが…

それ以降〜8歳の今に至るまでドンピシャです。

娘が2歳のある日。初めて感情任せに怒鳴りつけてしまった時のこと。

それまで烈火の如くイヤイヤモードだったのが一転、2歳児とは思えない冷ややかで挑戦的なテンションに豹変Σ(゚д゚lll)
微動だにせず、わたしを凝視する娘。

あの、、ごめん、ご…めん…ね…:(;゙゚'ω゚'):
てか…ってか❗️
申し訳ございませんでした:(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚'):❗️❗️❗️

って位に。
いやーあの時はマジ恐かったわ( ;∀;)

でもまあ
妊娠が分かって役所に母子手帳を貰いに行く時に一緒に渡された小冊子にも書かれていました。

「ママを選んで生まれてきたよ」と。
上記の一件で、ああコレ本当かもな、と思いましたよ。

当時のわたしは結婚・出産という「女の王道コース」を外れる選択ができず流されるままに日々を過ごしていましたが、

正直、怖かったんですね。子どもを育てるのが。
子どもの個性や可能性をわたしが潰してしまうのではないかと。
当時まだ自分の生い立ちに降りかかった試練を乗り越え切っていなかったので。

なので、こんなに氣性の激しい娘であることがわかった時、逆になんだかホッとしたのです。
ああ良かった。この子はわたしごときに潰されるほどヤワじゃない。と。

特に入園以降は、人見知りすることもなく集団にもすんなり馴染み、勝手に逞しく育ってくれています。

わたしに出来ることがあるとするならば、

ただでさえ激しい性質の子が社会のルールに無頓着だったら破滅型の人生になりやすいので、思春期前にそこだけは徹底的に叩き込むこと。

あとは、
遺伝子目当てで結婚して狙い通りの瓜二つなのはめでたいが(←激烈親バカ)
若くて綺麗な女は商品価値が高いし、悪い虫にも狙われやすい。
激しい性質の子なので、一歩間違えば破滅的に人生狂わすリスク特大。

ここで大事なのが自己肯定感。
それを育むのは主に母親なので、わたしの生き様が娘の人生に多大な影響を及ぼすことになります。

娘を出産したのは35歳の時。特に入園前は煮詰まったこともありました。
結婚後「最初のひと山」も到来し、もう駄目だと思ったこともありました。

でも40歳で人生の大転機を迎えて生まれて初めて自己解放を始めた頃から、夫と娘との関係性も劇的に改善。
これからも、わたしが自分自身を生きていくことをしていけば、これはまあ大丈夫でしょう。

あのね。
若くて綺麗な女の子で自己肯定感が低いって、本当に本当に危険❗️

実際に身近に居たので、これはもう断言できる。
大好きな先輩に嫌われるのが怖くて断りきれずに妊娠→堕胎→自殺未遂とか。

芸能人でも居ますよね。
だめんず・クスリ・暴力などなどで風俗業界に堕ちるとか。

これほぼ全て最大要因は自己肯定感の低さ。
しかも、激しい子は道はずれないようにレールに乗せて守ろうとすると激しく反発して、かえってややこしいことになる。

何でもかんでも守ってあげればいいってもんじゃあないんです。
タイプは違いますがわたしも氣性は相当激しいので、抑えつけても意味が無い。と実感込めて断言できます。
その点においてはわたしと娘、いいコンビだと我ながら思います。

激しい性質は、なかなか理解されず淋しい思いをすることも多いけど、だからと言って皆に合わせて無難に振る舞ってもまず満たされることは無いんですよね〜。

だったら思い切り振り切った方がまだ心地よいんですよ。
その辺に関してはわたし自身もまだ迷いがあるけど、迷いが全く無いってのも逆に数段怖い状況かな。

あと数年で娘は思春期を迎えるでしょう。
さぁーいよいよ覚悟の時。ちょっとドキドキ。おーほほほ:(;゙゚'ω゚'):✨

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

# by yuusfuru | 2017-08-22 23:47 | セッション・鑑定 | Comments(0)

ブライトセッションのコースを近々新設します。
当初は20分2000円一本でいくつもりでした。タイトル通りの、悩みを訊かない方法で。

今月初め頃、かさこ塾再受講後の交流会で、そのモニター様を、塾卒業生の椎葉愛さんにお受けいただきました。ご本人に了承いただき、セッションの流れを公開いたします(^^)

【全く知らない方向けにも解りやすくしたいので説明が多く、ちょいと長文です】

☆かさこ塾とは
☆ブライトセッション理論の解説
☆セッションの流れ

で構成されます。
それぞれの「知りたい度」に合わせた読み方でどうぞ(^^)

【かさこ塾とは】
「好きを仕事に」がキャッチコピー。
世にありがちなキラキラとかギラギラではない「疲れない、自然体のブランディング」を目指す「大人塾」。
好きを追求したい人のための「起業や売上アップが最終目標ではない」のが特徴。
全国各地で1000名以上の卒業生を輩出し、現在進行形で塾生増加中。ピラミッド階層ではない、フラットな構造のコミュニティ。

【解説】
口に出来る悩みは、案外「本質」では無い場合も多い。
あと、悩みに対する対処法は人それぞれ。
心許した相手にしか打ち明けたくない人や、逆に全然知らない相手のほうが言いやすい人も。

でもどんな人でも、初対面で、しかも20分という短時間では「悩みを聞く」というスタイルでのセッションは、かなり難しいですよね?

他では、施術者がクライアントのブロックを「外す」手法もあるらしいです。利点は「自分が意識できている悩み」に対して即効性が期待できるところ。

例えば頭痛かったら頭痛薬飲んで即効で効くようなもの。再発しないのは本人の免疫力があるから。
このようなタイプには一定の効果があります。単に向き不向きの問題であり、正しい間違いは一概には決めつけられないのです。

しかしこの例で言うと、元来が頭痛持ちの人には、薬のような対症療法ではなく、自発的で根本的な対策(食・生活習慣の見直し)が必要です。

こんな場合はブライトセッションの出番です。
自力で「外す」から。それには自発的な「氣付き」が必要だから。
何を外すか?
「思い込み・思考パターン」です。
なぜ外せるの?
考えて、行動して、結果が出る。土台は「考えて」のところ。結果は、土台次第。思考次第。
思考とは、その繰り返しで回路が出来上がるものだからです。
何回も繰り返し練習したものはよく身に付き、反射的に出来るようになる場合もあるでしょう?

「筋反射」
嫌なこと考えたら力が入らず、好きなこと考えたら力の入り具合が全然違う。
これが「潜在意識」の影響力なのです。筋肉を通して潜在意識の声を聴く、ということです。

これをまず実際に体験していただき、あまりの差に驚いてそのままセッションを希望してくださいました。

【セッションの具体的な流れ】
その人にとっての「答え」は、ご自身の潜在意識が知っています。

*最初に「グラウンディングテスト(筋反射)」をします。どの位の力でグラつくかの感覚を覚えておきます。

*わたしとセッションしていいですか?
*カードを選んでいいですか?
*このカードでいいですか?

*30種類のカードから今の自分に最も必要なメッセージを、ご自身の潜在意識が選びます。

*選んだ後、いくつかこちらからお声掛けします。理屈でなく感覚を使って想像するよう促します。

ブライトセッションの特徴は、五感で唯一、本能と直結している嗅覚を活用すること。

*新しく湧き上がった心地よく感じるイメージ(=思い込みの解放)を、アロマオイルの香りと結びつけ、潜在意識への定着率を高めます。

*20種類のアロマの中から今の自分に最も必要な香りを、ご自身の潜在意識が選びます。

*香りにもそれぞれメッセージが付いています。それを読み上げていただいたあと、最初と同じ程度の力で再度「グラウンディングテスト(筋反射)」をします。

以上でセッションは終了です。
この時選んだ香りは、ミニスプレーにしてお土産に差し上げます。毎日香りを嗅ぐことで記憶が蘇り、より定着率が高まります。

今回モニターをお受けいただいた椎葉愛さんとは、先にfacebookを通じて存じ上げてはいたものの当日は初対面。周りにはたくさんの人が居るので、もちろん悩みは訊きません。

それでも「とても思い当たる節がある」と驚いていらっしゃいました。
ちなみにその時、愛さんの潜在意識が選んだカードがこちら。
e0364817_10594660.jpg


選んだ香りは20種類の中の「15番」。
15番のメッセージはこちら。
e0364817_10594703.jpg


最後のグラウンディングテストでは歴然とした安定感。最初より強い力で押しても全くグラつきませんでした。

それにしても…。
もしもわたしが15歳で出産していればね(実際は35歳でしたが)、娘ほどの歳の差がある、まだまだ人生可能性いっぱい夢いっぱいな愛さん。

普段は忘れていますが、自分の年齢思い出すのはこんな時ですね。もうびっくりですよ〜。
きゃあぁぁああ((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))

愛さん
これからも本来の自分自身を見失わずに、大切に大切にしていきましょうね。
心配しなくて大丈夫。
それさえ出来れば、全てがウソみたいに勝手に調和して流れに乗れるものです。
この先、自分自身を生きるための更なる挑戦を、心から応援しています。

この度はモニター様へのご協力、ありがとうございました(^∇^)

☆ここから先は告知☆

自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/

# by yuusfuru | 2017-08-22 10:46 | セッション・鑑定 | Comments(0)

お客様の鑑定表を作成するついでに娘のも作ったので、参考に公開します(^^)
こちらは基本コースです。これに沿ってご説明いたします。
e0364817_23514820.jpg

e0364817_23514967.jpg


オプションの「人生の13年サイクル・0〜80歳」はこちら。
e0364817_23514925.jpg

e0364817_23515021.jpg
その年ごとに過ごし方の指針、人生の転機になりやすい年など、色・音によってそれぞれ意味があります。
今までの人生経験を年表に当てはめて振り返り、氣付きを得たり教訓を見いだし、より良い方向へシフトするための参考資料としてもオススメです(^^)


☆メニュー・ご予約などのご案内☆
自ら制限を掛けている部分に氣付く手助けをするブライトセッション
自然のリズムを知り自分の中の自然を思い出し、人生の流れに乗るマヤ暦
詳細・こんな方にオススメです!
http://yuusfuru.exblog.jp/25953186/


# by yuusfuru | 2017-08-18 23:46 | セッション・鑑定 | Comments(0)

この3つの共通点は「うかつに踏み込むと危険」。ある意味「聖域」だとわたしは考えている。

農薬や添加物は危険、大抵入口はそこ。大抵知ったら最初はそうだろうね。
その段階での知識や情報を伝える役割も必要。事実、たくさんいる。

しかしここで問題がある。
これが諸悪の根源と捉える人の多さ。
受け手側にもそう捉える人が多いから、伝える側も善悪二元論的になるのか。卵が先か鶏が先か。どっちもどっちだと思うけど。

そしてここで今一度。
これが本当に諸悪の根源なんだろうか。

こういうの「必要悪」っていうのかな。
安くて美味しくていつでも手に入る。そんな状況を望んだのは誰?なんだかんだ言って、結局それは手放したくない。

人間誰もが持つ「身勝手さ・強欲さ」を先ず自覚し、自分なりの折り合いをつける。

本来なら知れば知るほど安心できる。選択肢が増えるから。でもその選択肢は、だいたいが大手マスコミや権威の「お墨付き」ではない。

「お墨付き」ってね、すごい乱暴な言い方すると「利権が絡む」ってこと。

だから本当は、誰も何処もあなたに「正解」を教えることは出来ない。それらは全て参考資料。

そして人は何に対しても、自分の許容範囲以上のものは絶対に理解出来ない。
それが、「人は自分の信じたいことしか信じない」ってこと。
だからそれは何も「悪い」ことじゃなく、ごく自然なこと。

わたしは最初の入口が医療だったんだけど、これ根っこは全て繋がっている。食も医療も宗教も。

提供する側からすれば。
食は、お客様の要望に応えた結果。

お医者さまや医療従事者は、お国や製薬会社が作ったガイドライン通りに職務を全うしているだけ。

直近では亡母のことで色々あったけど、彼らは職務に忠実なだけ。受けた「教育」がそうなんだもの。
忠実さは、母の最期を病院で迎えた時に身に染みた。心遣いが嬉しく、手際の良さに感服した。
現代の病気は多くが「作られた」ものだというのが個人的な見解だけど。現場の人に向かって医療の闇だなんだ言うつもりには、なれない。

母の再婚を期に中2で初めてキリスト教の教会に行ったが違和感バリバリ。
古株教会員と牧師のイザコザも耳に入り、当時は古今東西・世界各地の「宗教戦争」は本当に宗教が原因だと思っていた。

こういう神様なら、わたしは要らないや。
当時から、そう思っていた。

でも
養父の時も、母の時も、プライベートな時間を割いて頻繁に見舞いに来てくれた牧師。来る度に手書きのメッセージカードを携え、祈りを捧げ。

最初の奥様に病気で先立たれてから教会に通い始めた養父。
最初の夫を死に追いやったのは自分だ、という自責の念に苛まれていた母。イエスを知ってから投げやりになることが減った、弱いわたしを捉えてくれたのは主だ。という母の文章を没後に知った。

わたしは無宗教主義。
ある意味人間が神を「創り」、古来より民衆を支配する格好のツールとして利用され続け、内部では壮絶な権力闘争。
何でも光だけじゃないよね。人間味溢れるとは思うが信仰の対象ではないというのが個人的な見解。

でも
美と醜は表裏一体。サグラダファミリアなどの宗教的な建築物の美しさには惚れ惚れする。

そして何より、
宗教を必要とする人々や、身を粉にして従事する人の心情までは否定したくない。

その「両輪」を知ることが出来て、よかったと思う。
自分と違う思想を攻撃することの無意味さが、実体験からわかったから。

おいしいもの食べたい。
健康でいたい。
信じることは喜び。

誰だって、そこは同じでしょう?
単なる「枝葉」ごときが違うだけで、なんでこんなにつまんない小競り合いが延々繰り広げられるんだろう。

それは、人が「自分に、自分達に理があるっ」と思いたい習性のある生き物だから。

わたしとて例外ではない。

だからこそ、わたしは「降りる」。
わたしが居たいのは、その「土俵」ではないから。
# by yuusfuru | 2017-08-18 00:01 | 考えていること | Comments(0)